« 腹筋パンチ | トップページ | 平成19年6月28日 鶴ヶ岱公園 »

2007年6月24日 (日)

しらべてみよう春採湖の魚

“しらべてみよう春採湖の魚”観察会に行って来ました。
この観察会は、実際に魚に触れることが出来ることもあり
子供さん連れの参加者が多いのが特徴です。

観察できた魚は、ワカサギ・コイ・ジュズカケハゼ・イトヨ・
ヌマチチブ、それと甲殻類のスジエビ・ヨコエビ・イサザアミ
そして、イトトンボのヤゴです。

生後10日ほどの“ひぶな”の稚魚です。

Hibunatigyo

講師の先生が網ですくったりするのですが投網姿も迫力です。

Toami624

捕獲して観察した魚の一部です、写真は、スジエビと通称ドンコと
言われているヌマチチブ。

Sakanatati624

コイに触れている参加した子供達

Koikoi624

|

« 腹筋パンチ | トップページ | 平成19年6月28日 鶴ヶ岱公園 »

春採公園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しらべてみよう春採湖の魚:

« 腹筋パンチ | トップページ | 平成19年6月28日 鶴ヶ岱公園 »