« 15万人記念号・・その2 | トップページ | 石炭列車を・・ »

2008年3月18日 (火)

米町散歩

今日は、朝から霧笛が鳴り響いていました。
そういえば、釧路の霧笛がなくなるとか・・?

これは、音を録音しなくては・・と思いたちました。
どこに行けばいいのだろう?・・・調べてみると・・
東港南副防波堤灯台に設置されている発音器で鳴って
いるとか・・

とりあえず米町公園に行けば間違いなく、いい音がとれる
だろうと思い、録音用にビデオカメラを持って行ってみました。

問題は、車にガソリンがあまり入っていない!こと(苦笑)
ガソリンは高いし、これは日ごろの運動不足も兼ねて少し?
歩こうと思い春採公園に車を止めてそこから米町公園まで
歩くことにしました。
(万歩計では、2時間で10285歩。いい運動になりました。)

自宅付近では、霧が掛っていないのに何故?霧笛が・・
と思ったのですが、日進小学校の辺りから浦見町と奥?に
入っていくと段々と深い霧・・

そ・そ・そして米町につくと、そこは・・まさに霧の世界でした。
さすが、釧路だでや!と感心??しました。

米町公園です。
駐車場から見える展望台が、あの近さで霧のために
霞んでいました。
318yone1

米町展望台から。
天気がいいと阿寒の山や日高山脈まで見えるのですが・・
釧路の霧といえば夏にかかる海霧(移流霧)が思いつきますが
時期的に季節の変わり目にかかる前線霧だと思います。
318yone2

近くにある厳島神社に寄ってみました。
赤い祠は、境内にある
幣舞稲荷神社です。
商売の神様なのだそうです。
318yone3

神社の前で合格祈願の絵馬が霧風に揺れていました。
318yone4

昨日は、高校の合格発表だったようですが・・
願いは届いた・・・?!かな・・・・・
318yone5

目を惹く絵馬があったのでアップで撮らせてもらいました。
318yone6

ついでに少し足を伸ばして知人埼に行きました。
普段は、真下に石炭の貯炭場
や港、水平線が楽しめるのですが・・
318yone7

帰りに舟見坂にある啄木石碑に立ち寄りました。
石碑の句は・・

「波もなき二月の湾に 白塗の 外国船が低く浮かべり」
現在は、下に建物がたくさん建っていますが啄木が来た頃は、
埋め立て前で海が近くまであり、この場所からの景色は、今と
大きく違っていたでしょう。
318yone8

|

« 15万人記念号・・その2 | トップページ | 石炭列車を・・ »

米町・啄木・港文館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/410782/11494262

この記事へのトラックバック一覧です: 米町散歩:

« 15万人記念号・・その2 | トップページ | 石炭列車を・・ »