« 雌阿寒岳と石炭列車 | トップページ | 15万人記念号・・その2 »

2008年3月13日 (木)

千代ノ浦の残氷

昨日、石炭列車を撮った後に別の場所に移動して残氷を
真上から見てみました。
紫雲台の下のちょうど崖が始まるところと防波堤の間の狭い
海岸に入り込んでいるようでした。

そうそう、実はこの場所から東と西で海岸線が極端に変わる
場所でもあります。
ここから東側の根室までの海岸は崖が多く、逆に西側は、
広尾の方まで砂浜が中心になります。

真上から。
流氷が重なるように迷い込んだ?のが分かります。
ここから石炭列車を撮った方が良かったかな~と思いました。
312tiyokoori

下に降りて目の前で見てきました。
思ったより重なっていました。しばらくは、残るかも・・?
多くの人が見に来たのか?写真、手前の氷に足跡が沢山
ついていました。
312tiyokoori5

釧路町や知人の海岸では、昆布の被害が出ていると報道
されていましたが実際に間近で見ると本当に深刻な状況で
あることが分かりました。
312toyokoori4

|

« 雌阿寒岳と石炭列車 | トップページ | 15万人記念号・・その2 »

釧路の海」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/410782/11270824

この記事へのトラックバック一覧です: 千代ノ浦の残氷:

« 雌阿寒岳と石炭列車 | トップページ | 15万人記念号・・その2 »