« 吹雪 | トップページ | 村田公園へ »

2008年4月 8日 (火)

米町の石碑

昨日の夕方、晴れてはいましたが、地平線の辺りに霧が
掛っていたので輝くような夕日ではなく、赤く太陽の形が
見える静かな夕日になると思いカメラを持って米町方面に
撮影に出かけました。

予想通りに、まだ太陽が高い位置からオレンジ色の丸い
形に見えましたが霧の動きも早く、いい色の写真を撮る
には間に合いませんでした。

それにしても4月だというのに手袋なしでは、無理な気温でした。

米町展望台からです。
海上の霧の流れが分かりました。

47yone3

米町公園で思い浮かぶ石碑といえば・・・
“しらしらと 氷りかがやき 千鳥なく 釧路の海の 冬の月かな”
の啄木歌碑でしょう。

この石碑が建立されたのは昭和9年12月26日、啄木生誕50周年
を記念して建てられました。
釧路では初の啄木歌碑ですが全国でも4番目だそうです。

この碑で思い出すのが、高校生の時だったでしょうか?
「“千鳥”は間違いだ。
        この季節に釧路に千鳥がいるはずがない!」
と熱く語っていた国語の先生の話を思いだします。

実際に釧路地方にチドリが来るのは、4~5月。
啄木のいた冬には、まだ、来ていないはずなので・・
「カモメと見間違えたのでは?」
との説もありますが、釧路の歌人が同じ時期にチドリを歌に
詠んでいるので実際にいたのかも?との説もあるようです。

まぁ~、私は、どちらでもいいのですが・・・(叱られますね)
47yone2

釧路港修築碑です。
啄木歌碑の横にあるのですが、知名度は歌碑に比べると
かなり?低いようです。

この石碑は、古くて明治42年5月に建立されました。
実は、最初に建てられた場所は、ここではないのです。
春採湖のチャランケチャシに建てられたそうですが昭和27年
の十勝沖地震のときに倒れてしまったそうです。
しばらくは草むらに放置されていたとか・・
その後、昭和39年の釧路港開港65周年記念の記念行事の
一つとして現在の米町公園の場所に移転したようです。

石碑の表と裏にたくさんの文字が刻まれています。
47yone1

帰りに駐車場から米町展望台をパチリンコ・・
47yone5

|

« 吹雪 | トップページ | 村田公園へ »

米町・啄木・港文館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/410782/20002163

この記事へのトラックバック一覧です: 米町の石碑:

« 吹雪 | トップページ | 村田公園へ »