« 突然の花火 | トップページ | ホザキシモツケ »

2008年7月23日 (水)

好きこそ物の・・

時々、自然観察会などに行くのですが、参加している人たち
(年配の人たちが多いです)の記憶力には、いつも驚かされます。

私は、元々、記憶力が悪いせいもあり、何回聞いても覚えられず、
特に木類の名前は、全くと言っていいほど覚えられないのです。

そんな中、書店で「北海道樹木図鑑」という¥2,800の本を見つけ
たので、ほしいと思っていた時に、なんと¥3,000分の図書カード
が手に入りました。

早速、そのカードを片手に書店に行ったのですが・・・
以前から気になっていた、韓流ドラマの「太王四神記」の公式ドラマ
ガイドブックの前・後篇¥1,400×2が先に目に入っちゃいました。
ふと気がつくとその2冊の本と図書カードを持ってレジに・・・・

そこで自己弁護を考えました。
“人間、年齢と共に記憶力は落ちるもの・・
それだったら興味のあるものを勉強した方が残りが少なくなっていく
人生の時間を有効に使えるのではないか?!”

結局、ある程度の年齢から勉強しても詳しい人は、好きなことだから
というのが大きいのだと思います。
“好きこそ物の上手なれ”こそ年齢を超えた諺だと思います。
もちろん、もともと頭のいい人も沢山いると思いますが・・

ってことは、私は、あまり自然のことには興味がないのかも?!
というよりも、これも頭が悪いことへの自己弁護でした。

庭のシャクナゲです。水滴がついて輝いて見えました。
723nisyaku

|

« 突然の花火 | トップページ | ホザキシモツケ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 好きこそ物の・・:

« 突然の花火 | トップページ | ホザキシモツケ »