« トモエソウ | トップページ | カニ・・ »

2008年8月12日 (火)

ノリウツギ

今、春採湖畔で見られる白い花の群生といえば・・
ノリウツギだべさ!”と断言してもいいくらいに特に
ネイチャーセンター前などで見られます。

北海道では、ノリウツギというよりも“サビタ”といった方が、
分かりやすいでしょう。

サビタといえば・・
映画やTVドラマにもなった釧路を舞台にした小説「挽歌」
書いた原田康子先生の「サビタの記憶」が思い浮かびます。

な~んて、言っちゃってますが・・
実は、わたくし、サビタの記憶を読んだことがありませ~ん。

というよりもサビタの記憶という小説があったことも・・
最近、知ったのでありんす。

いや~、これは、釧路人として、お恥ずかしいことでありんした。

ただ、挽歌は、ビデオを借りて観ました。
ストーリーと相まって先代の幣舞橋と昭和30年代の釧路の様子
も見れて面白かったです。

って、サビタの記憶を読んでいないことのいい訳ですが・・
(挽歌も小説を読んでいないから、いい訳にならない!ツゥ
ーの)

ノリウツギ(サビタ)です。
花に見えるのは、ガク片(装飾花)だそうです。
中の小さいのが本物
の花だそうです。
Sabibi

クリスマスの時のポインセチアのように清楚な装飾花が目立って
綺麗ですね。

Sabiii 

|

« トモエソウ | トップページ | カニ・・ »

春採公園の花2008Ⅲ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノリウツギ:

« トモエソウ | トップページ | カニ・・ »