« 石炭列車~夏2 | トップページ | キンミズヒキ »

2008年8月 6日 (水)

アオサギ・・だけ?

昨日、石炭列車を撮影しに行った時に春採湖面を確認した
のですが、湖に足を入れている?野鳥は、アオサギのみ
でした。

以前は、マガモは、もちろんのことオオバンカイツブリなどが
たくさん見られる水鳥の楽園といわれていたのが信じられない
現状です。

ウチダザリガニの影響で水草が食べつくされているのが原因
といわれています。

あくまでも素人考えですが・・
湖での鳥や鯉などの餌やりが禁止になりました。
確かに専門的に長い目で見ると湖を守るためには当然のことと
思いますが、マガモまで来なくなったということは、人間の餌やり
もある程度今は、必要かも?と思ってしまいます。

アオサギの姿が見えますが、湖上に水鳥の姿はありませんでした。
85aosad

|

« 石炭列車~夏2 | トップページ | キンミズヒキ »

春採公園の野鳥」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
結構楽しみに毎回読ませて頂いてます。
私も釧路人なので春採公園は良く散策に訪れています。
鯉の餌やりについてですが 実際に目撃した上での推測ですが 盛大に餌をばら撒くと鯉だけではなく ヒナを連れた親ガモまでが一目散に餌を目がけて行きます。
その時ヒナは無防備となり(置いて行かれる) カモメやカラスの格好の獲物になってしまうのではないでしょうか?
実際 今年繁殖したマガモのヒナは成長した数が少ないようでした。
空中からヒナを襲うカラスも目撃していますが この時は親ガモが追い払っていました。
沈んだ餌がザリガニを増やすとは考えられませんか?
私も素人なので推測のみですが。

最後に 鳥や野草の名前を詳しく記載されているので凄く勉強になります。今後とも宜しくおねがいします。

投稿: 蝦夷之輔 | 2008年8月 7日 (木) 23時30分

蝦夷之輔さま。はじめまして!
毎回のように見ていただきましてありがとうございます。
熱心に見てくれている人は、いないだろうと思っていましたのでコメント、本当にありがとうございます。
餌の件ですが、なるほどです。
特に餌が沈んでザリガニを増やすというのは、全く気が付きませんでした。
ありがとうございます。
また、何か気がついたことがありましたら、これからもよろしくお願いします。

投稿: 明士 立 | 2008年8月 8日 (金) 09時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アオサギ・・だけ?:

« 石炭列車~夏2 | トップページ | キンミズヒキ »