« ネジバナ | トップページ | ヤブマメ »

2008年8月22日 (金)

ナガボノシロワレモコウ

私の花観察の一番の悩みといえば、なかなか花の名前を覚え
られないことです。

もともと物覚えが悪い脳質?なので、少しでも花に詳しい人が
道端などで見かけた花の名前がスイスイと出てくる姿を見ると・・
“あっしは、なんて頭が悪いんで、ござんしょ~う・・”
と劣等感さえ感じてしまいます。

前回のネジバナハッカ、シロネ、ミズタマソウのように知っている
単語だとまだいいのですが、聞いたことのない単語でおまけに長い
名前だともうお手上げです。

今、春採湖畔で風に揺れて咲いている・・
「ナガボノシロワレモコウ(長穂白吾木香)」は、
“なんじゃそりゃ~?!”というくらい長く、単語も馴染みがない!
覚えられない!!

同じ、11文字でも「コウライテンナンショウ(高麗天南星)」なら、
コウライ人参のテンナンそばが、美味しいでショウ
みたいに知っている単語のつながりなので覚えやすいですし、
高麗天南星というロマンチック?な名前も語呂がいいので私にも
覚えられます。
(センスのない覚え方じゃの~・・天の声)

ナガボ(長穂)のシロ(白)までは、イメージで覚えそうですが・・
ワレモコウ(吾木香)という単語までは、あっしの低脳には、
インプットするのは、大変なのでござんす。
(ワレモコウという名前の由来には諸説あるそうです)

ナガボノシロワレモコウです。
黒い雄しべが飛び出していて毛虫と勘違いしそうです。
って、そんな勘違い私だけ・・?
写真の左上の花を見ると分かりますが、先の方から咲いてくる
そうです。

822nagabono

|

« ネジバナ | トップページ | ヤブマメ »

春採公園の花2008Ⅲ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナガボノシロワレモコウ:

« ネジバナ | トップページ | ヤブマメ »