« キキョウ | トップページ | ミミコウモリ »

2008年8月29日 (金)

龍馬くん

このところ毎日、雨ですね~・・
春採公園に寄って花の写真が撮れなくて残念です。

ほんとーは、雨の日の方がいい写真撮れるのですが・・
根性なしなもので・・・
(だから、お前は駄目なんだっちゅーの!・・天の声)

そこで今回は、インドア?のお話、それも昨日の続きです。

昨日、坂本龍馬と釧路の関係の話を書きましたが・・
確か昨年の冬に港文館にて、それに関する家系図展のような催し
があったのを思い出しました。

その時に簡単なパンフレットをもらって来たような気がしたので、
先ほど捜してみたらみつかりました。

題名が「十勝の画家 坂本直行の釧路背景展」でした。

そのパンフレットに主催した女性のプロフィールが出ているの
ですが、それに気になることが書いてありました。

その女性の息子さんが土佐旅行で坂本龍馬記念館に行った時に
“龍馬のピストル、釧路の大火(大正2年)で紛失”
と書かれていたのを見て・・

“そのことについて、お母さんに調べてほしいんだけど・・”
と息子さんから要請がきたのが坂本直行先生を調べる切っ掛けに
なったそうなのです。

只、この主催者の女性が何者か?までは、書いてませんでした。
(問い合わせ先が知りたいような・・・?!)

坂本直行先生は、明治39年生まれの坂本家の8代目だそうです。
となると大正2年の出来事ならば7代目のお父さんの弥太郎さんが
持っていたのでしょうか・・?
(龍馬の長兄の直方が4代目、北海道に来た甥の直寛が5代目、
6代目が直寛の長男の直道、直行のお父さんの7代目の弥太郎は
直寛の娘婿・・違ってたらスイマセン)

っていうか、坂本家の家宝になっていたのかも知れませんね。

それにしても龍馬のピストルって、あの伏見寺田屋で襲撃された
時に打って使ったという奴ですかね~?

もし、そうだとすると、それが釧路でなくなったというのは・・
歴史的にも貴重なもの・・・・・気になりますな~。

今度、この主催者さんに会って、その後、どこまで調べたのかを
聞いてみたいと思いました!

さて、今回の写真は、ネタがないので「龍馬くん」人形にモデルに
なってもらいました。

23~24年位前になると思いますが、当時の同僚で、私が
「竜馬がゆく」を勧めたら、私以上のファンになった人から人形が
発売されるという情報をもらい、2人で買いに行きました。
2人とも2個買ったので、店員さんが驚いた顔をしていました。

そうそう、刀の部分を引くと・・
“心は、いつも太平洋ぜよ!”
“小さなことに、こだわってちゃー、いかんぜよ!”
“でっーかい夢をもたなー、いかんぜよ!”
“くよくよしてちゃー、いかんぜよ!”

の龍馬らしい4種類の言葉が聞けるのです。

龍馬の豪胆さなどは天性のもので憧れても誰もが持てるものでは
ないと思いますが・・

颯爽としている姿は、真似てみたいものでごぜーます!
(お前には、無理じゃーよ~だ・・また天の厳しい声が・・・)


幣舞橋をバックに颯爽と立つ龍馬くん!・・な~んちゃって829ryoma

|

« キキョウ | トップページ | ミミコウモリ »

龍馬と釧路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 龍馬くん:

« キキョウ | トップページ | ミミコウモリ »