« ゴボウ | トップページ | 龍馬くん »

2008年8月28日 (木)

キキョウ

私が以前、東京で働いていたころに一番、驚いたのが建物の高さ
というよりも人の多さでした。
そして駅周辺での勧誘やアンケートの多さにも驚き閉口しました。

小柄で貧弱だった(今はメタボ予備軍ですが)私は、彼ら彼女らの
恰好の上得意様と言ってもいい存在だったでしょう。

歩いていると必ずつかまりました。
お陰で危険?を察知して早足で逃げる能力が身についていたと
思います。

そんな、勧誘マンさんたちにつかまらなくなっていたある日のこと・・

池袋駅東口をいつものように足早に歩いていると後ろから声を
かけられました。
“またか!”
と思って無視して行こうと思ったのですが・・
その声をかけた彼の姿を見て、自分より貧弱そうだったので
優越感?からアンケートに答えて上げることにしました。
(当時から心の狭い奴じゃの~・・天の声)

そして、彼の発した次の言葉で、彼は私の心を捕えたのです。

“何か武道をやっているのですか?”
確かに当時、武道を少し習っていましたが、そんなことを言われた
ことがありませんでしたので・・
“エッ!どうして分かるんですか?”
と驚きながら聞き返すと彼は・・
“前腕が逞しいからです!”
と答えたのです。

この言葉に・・
“女の子みたいな貧弱で細い腕だな~!”
と普段言われていた貧弱コンプレックスだった私が、彼に好感を
持ったのは言うまでもありません。

そして・・・

“尊敬している人は誰ですか?”
との質問に私が答えに窮していると彼は・・
“僕は、坂本龍馬を尊敬しています!”
と目を輝かせながら毅然とした態度で言ったのです。

私は、“負・け・た・!!”と思いました。

私も坂本龍馬は人気があったので以前から気にはなっていました。

彼の言葉を聞いて感銘を受けた私は、直ぐに書店に行き
司馬遼太郎先生の「竜馬がゆく」の文庫本、全8巻を購入し、
通勤時のお供になったのでした。

確かに読んでみると若い人が憧れる訳が分かりました。

その当時から、“坂本龍馬は、土佐の高知の人なので釧路には
関わりは、ないだろうな~?!”と当然の如く思っていました。

10年ほど前だったでしょうか?
十勝の中札内美術村に行った時にホワイトチョコレートの包装紙
の原画を描いた人の作品が見れるとのことで「坂本直行記念館」
に入ってみました。

坂本直行先生の経歴を見ると“釧路生まれ”とのこと・・

そして、そしてです。
直行先生は、坂本龍馬の甥で北見の開拓に貢献した坂本直寛の孫
とゆーでは、あ~りませんか!

釧路にも龍馬とのつながりがあったということを知り感動しました。

って、凄んごーーーく、前置きが長くなって、ここまで読んでくださった
方々様、スイマセン、本当にありがとうございます。

ということで、今回の花は、庭に咲いている桔梗です。
坂本龍馬の家紋が桔梗ということで話をつなげてしまいました。

828niwakiky

|

« ゴボウ | トップページ | 龍馬くん »

龍馬と釧路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キキョウ:

« ゴボウ | トップページ | 龍馬くん »