« 空の高さ・・ | トップページ | 冬の使者・・? »

2008年10月20日 (月)

地の利・・

昨日のTV番組で知床羅臼の海で豪快に泳ぐクジラ
紹介されていました。

羅臼の海で地球上の生物で一番頭の大きいといわれる
マッコウクジラが見られるとは驚きました。

その番組で、ほかにも羅臼のアマチュアカメラマンさんが
撮影した貴重な映像が流れていたのですが、どれも、
美しく素晴らしいものばかりでした。

やはり、“地の利”というか、あのような映像が撮れる所に
住んでいることを羨ましく思いました。

でも、他の地域の人からすると私の住んでいるところは、
“湿原などの自然が直ぐ見れるところにいて、羨ましいね~”
といわれます。

まぁ~、隣の畑は・・・というところですね?!

私の“地の利”・・といえば・・・釧路湿原??
いや釧路湿原を地の利とするためには、経済力(ガソリン代など)
が必要です。

てぇーと、あっしには無理無理・・・

やはり・・
歩いても行ける春採公園ということで昨日も寄ってみました。

ここの夕日の見頃は、もう少し先のようです。
昨日は、曇っていましたが静かな湖面・・
この静寂もいいものです。周りにカラスさえいなければ・・・

1019haruki

|

« 空の高さ・・ | トップページ | 冬の使者・・? »

春採湖」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。 私の方へコメント有難うございました。
最近は毎日更新するネタも無くて・・・
カメラの修理代に取って置いたヘソクリは PCの増設メモリー購入費に化けてしまいました。
暫らくはオートで撮影なので 画像補正が大変です。
地の利って簡単に言われても困りますよね。
近いようで遠いし 朝早くから撮影するのも疲れますよ。
経費は掛かるし それなりの覚悟は必要ですね。
羅臼の方も大変な思いをしてると思います。
単なるアマチュアとハイエンド・アマチュアの違いかも?
私は一生 ただのアマチュアです。

投稿: 蝦夷之輔 | 2008年10月20日 (月) 20時53分

蝦夷之輔さま、いつもありがとうございます。
カメラの修理代って結構、かかりますよね。
私も以前、フィルムのですけれども中古で一眼レフカメラを買ったことがあるのですが、修理代がカメラと同じくらいかかりました。(苦笑)

地の利を生かすためには、蝦夷之輔さんが言うとおりに覚悟が必要だと私も思うのですが・・・
地の利を生かしているカメラマンさんたちは、定年を迎えて写真が生きがいになっている人が多いようで、“好きなことだから出かけることや待つことも大変だとは、思っていない”という人が多いようで・・・
いつも先輩カメラマンさんたちの行動力には、脱帽しています。

そういう方々にとっては、地の利は大事なラッキーアイテムかもしれません。
いつも思うのですが、年配者のカメラマンさんたちのパワーには、恐れ入ります。
でも、ちょっと、マナーなどで暴走する人も見かけちゃいますが・・・(笑)

投稿: 明士 立 | 2008年10月21日 (火) 09時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地の利・・:

« 空の高さ・・ | トップページ | 冬の使者・・? »