« 気分は・・ライカ? | トップページ | 懐かしの?・・天使 »

2008年11月14日 (金)

小春日和

小春というのは、旧暦の10月で、今の11~12月頃のこと
だそうですが・・・

昨日は、その小春日和という言葉が似合う日中の暖かさでした。

小春日和というと、どうしても、さだまさし先生「秋桜」の歌詞が
脳に洗脳されているようで思い浮かんでしまいます。

先月だったかのH新聞に、この秋桜の歌詞のことにふれたコラムが
ありましたが・・
薄紅の秋桜が秋の日の”と書いてありました。

私も勘違いしていましたが・・
淡紅の秋桜が秋の日の”が正解なのです。

確かに“淡紅”“うすべに”は当て字のように思いますが・・
薄紅淡紅では、同じように歌ってもイメージの違いを感じます。

花嫁さんには、薄紅というよりも淡紅の方が・・
初々しさというか、無垢なものを感じます。

そこで今回は、昨日のモノクロームの世界と打って変わって、
春採湖面の淡い・色の世界の写真です。

日没直後の夕照の当たっていない所の湖面です。
光の反射がなくなり、
淡いブルーに見えました。
カモが水中に潜ってできた波紋が面白かったです。

1112komenn1

上の写真から数分後、月が反射している部分の湖面です。
水平線の
淡い紫色が湖面に反射しています。
1112komenn2

夕照を反射している湖面です。
これは、淡い色・にならない・・ですよね~??
柔らかい綺麗なオレンジ色だったのでお許しを・・・
1113komenn

|

« 気分は・・ライカ? | トップページ | 懐かしの?・・天使 »

春採湖」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小春日和:

« 気分は・・ライカ? | トップページ | 懐かしの?・・天使 »