« 雨の別海・・そして・・・ | トップページ | 散り様・・ »

2009年5月26日 (火)

道を歩くのも・・

昨日の午後、歩道を歩いていた時のことです。

“こんにちは!”と声が聞こえました。

少し間があってから、学校帰りの3人の小学生の女の子と
すれ違った時に・・
その子たちが私に挨拶をしてくれたことに気がつきました。

しかし、気がついて挨拶を返そうとした時は、すでに遅し・・
すっかり間を失っていたのです。

私の中では、すれ違った見ず知らずの人が歩道で挨拶を
してくれるという先入観がなかったですし・・
ましていつものことですが、ボケっと歩いていました。

おまけに逆光でしかめっ面で歩いていたので、子供たちには・・
“あんな大人には、なりたくない!”
と放課後の学習になっちゃったことでしょう・・・

そこで今度は・・
“こんなことじゃ、いかん!歩くときも集中力が必要だ!”

と思って気合いを入れて歩いていると、向こう側から、
一見、ちょっといっちゃてるような若者が歩いてきました。

“これは、まずい!”と思い左側によると・・
なんと彼も自分と正面の方向に寄るでは、あ~りませんか・・・

そして、2人の間合いが5mを切ろうとした瞬間、直ぐに逃げれる
ように私は右側に移動したのであります。

しかし・・その刹那・・・彼は、腕を大振りのパンチを打つように
振り回しました。

“出たな、ショッカー!”と逃げる準備をしたら・・

そのショッカー、いや、彼は・・・
な・なんと・・・・自分の腕時計を見たのであります。

ホッ・・・・・!

ボケっと歩いては、挨拶に気が付かないし・・
かといって気合いを入れて歩いていると過敏に反応するし・・・

道を歩くのって以外と難しいものなのですね・・・・・!

今日、庭の開いているチューリップを覗いてみると中の色も
それぞれ個性的で違うことに気がつきました。
色々と勉強になる今日この頃でござんす!!

526besi1_2

526besi2

525besi1

|

« 雨の別海・・そして・・・ | トップページ | 散り様・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

「挨拶」。これは自然と出る物なのであまり集中力を込めると疲れますのでもっと肩の力?を抜いて気軽にしてください。
私の場合は撮影地でのモットーのひとつとして「挨拶に始まり挨拶に終わる」を心がけています。たとえ線路端で一時でも同じ行動をとるわけですから、その一声で何十年も付き合っている友人も多いです。春採湖散歩コースでも歩く人とすれ違う場合も挨拶しています。

でもその声を掛けてくれた子供達のご両親や学校での道徳?教育の素晴らしさが目に浮かびますね。現在は世の中が狂いはじめ人との繋がりが少なくなり物騒な時代にもかかわらず、とても爽やかな光景です。(明士さんも今回の事を気にせず次回はこちらから挨拶ですね・笑)

「出たな、ショッカー」正しく危機一髪かと思いましたが私は「出たな、クーちゃん」かと思いました。(笑)まだまだ明士さんは立ち直れない様子が分かります。お互いに気軽にそして楽しく生活して行きましょう。

投稿: 小さな鉄道博物館 | 2009年5月26日 (火) 12時32分

小さな鉄道博物館さま、ありがとうございます。
「挨拶」は、本当に大事ですよね!
自然と出る物・・のお言葉は勉強になります。

自分も春採公園や湿原などの遊歩道では、自分から挨拶をするようにしているのですが、一般歩道?では気が緩んでいました。(笑)

それにしても驚いたのが・・小学生の女の子が自分というか通りがかりの人に挨拶をしてくれたことです。
驚いたというよりも嬉しかったです。

小さな鉄道博物館さまのおっしゃるとおりに学校や家庭での躾の素晴らしさを感じました。
このまま成長していただければと思います。

その対比で次に出会った青年が必要以上にショッカーに見えたのかも知れません。(笑)

しかし・・流石、小さな鉄道博物館さま、まだまだ立ち直れないのを見破られましたか!
これは、ショッカーより恐るべし!!(笑)

投稿: 明士 立 | 2009年5月26日 (火) 14時14分

明士さん、こんばんは。またおじゃまします。

挨拶。。大切ですよね。私も会社勤めをしていますが、年齢にかかわらず挨拶がきちんとできる方、できない方がはっきりしています。挨拶はコミュニケーションの一つなので、他の方はどう見てくださっているかはわかりませんが、私はその点だけはきちんとしているつもりです(笑)

他の生き物の世界にも挨拶ってあるんでしょうかね。でもクーちゃんが旅立つ時に、going-kyoさまに手をあげてご挨拶したり、ヨットの上にいたノリノリさんにもご挨拶に行く。とてもお行儀の良いラッコ君でしたね(笑)

クーちゃん、いよいよ旅立ったみたいですね。シャチ等の情報は気になりますが、賢いクーちゃんは無事に仲間の元に帰れると確信しています。みんなで見守りましょうね。

ではでは、またおじゃまさせていただきます。おやすみなさい。

追伸:リクエストをさせていただいても良ろしいでしょうか?明土さんのクーちゃんベストショット写真集を掲載していただけるとうれしいです。
ブログにアップしていただいている写真はどれもこれも素晴らしいものばかりですが、明土さんの「自己満足写真集」でもかまいません(笑)もっともっとクーちゃんの画像が見たいです。勝手なお願いでスミマセン。。。

投稿: 東京のくーちゃんファンです | 2009年5月26日 (火) 23時55分

東京のくーちゃんファンさま、ありがとうございます。
挨拶へのお話ありがとうございます。
東京のくーちゃんファンさまの丁寧な文章を読ませていただきますと自分ごときがいうのも大変失礼ですが・・挨拶や人への心配りなどの配慮の行き届いている方に違いないと実感しております。

その挨拶といえば本当に東京のくーちゃんファンさまがおっしゃるとおりにクーちゃんの心配りには教えられました。

クーちゃんといえば、すでに知っていることと思いますが納沙布岬に戻ったそうですね。
きっと人懐っこいクーちゃんのことですから人間の近くが一番安全なことを知っているので、これからも、あの辺りをウロウロするように思います。

クーちゃんベストショット写真集ですか・・・そう言っていただけると嬉しいです。
只、自分の中の小さなこだわりなのですが、一度ブログに使った写真は使わないようにしています。
といっても同じような写真を使っているのでこだわりにはなりませんが・・(汗)
ということで大変ありがたいリクエストなのですが、そろそろネタ切れでして・・(苦笑)

でも、また、クーちゃんは釧路に戻ってくると思いますので、その時は、たくさん撮って写真をアップしたいと思いますので、また、懲りづに見てやってくださると嬉しいです!

投稿: 明士 立 | 2009年5月27日 (水) 08時40分

クーちゃんって、スゴイですねぇ~
「羅臼方面にだけは行かないで」と念じてました。

「クーちゃん新聞に出ているよ!」
クーちゃん疲れでもないんですが、頭具合悪くて寝てましたら、カミサンに叩き起こされました。
私も「ク」とか「ラ」に異常反応起こすんですよねぇ~^^;
納沙布で見かけたとの記事に目頭熱くなりました。。。
「これを待ってたんだよ!」と奇声とともに、新聞がコーヒーこぼしました。
いえ、私がこぼしたんじゃないんですよ、新聞がこぼしたんですからね。。。^^;;;

尾岱沼でサイナラ!したんだけど、もう一度「アンタはえらい!」「釧路で待ってるどぉ~!」言いに行こうかなぁ~^^;

「あいさつ」
私の地区の小学生・中学生は「おはようございます」「こんにちは」「こんばんわ」を全員で言ってくれます。
学校の規則と言うより、今じゃ伝統なんですねぇ~
なので、こっちも当たり前のように彼等と同じ目線で返します。
言われるの分かってますから、先にこっちから挨拶することもあります。
気分良く一日過ごせますからね。

そんな彼等を応援したくて、冬はイルミネーション玄関横に飾って、下校の疲れを癒してます。
「夢に向かって、ガンバレ〇中生!」と短冊もぶら下げて。。。

投稿: going-kyo | 2009年5月27日 (水) 18時22分

going-kyoさま、ありがとうございます。
自分も今朝の新聞を見て驚きました。
流石に北海道沿岸では、それ以上の北上は危険ですし、もう行くところがないだろうと思っていたら戻っちゃうとは、驚きました!

これって・・”釧路まで戻るから待っていてね!”というクーちゃん得意の出没メッセージだと思いたいです。
明日か明後日は、浜中に出没でしょうか・・??
新聞にまでコーヒーをこぼさせるほどのサプライズクーちゃんは本当に凄いと思います。(笑)

やはり、子供さんたちの「挨拶」は、普通だったのですね!
自分が常識がないだけで反省です。(汗)
でも、地区に寄って違うようにも感じます。
きっと、going-kyoさまのように素晴らしい大人の人が住んでいる地区は、子供さんたちにも影響を与えるのですね!
自分もgoing-kyoさまを見習って自分から挨拶しなくっちゃ!
でもでも、デジカメ持った挙動不審の自分は、勘違いされそうです。(苦笑)

オォ~!冬は、高額な電気代の掛るイルミネーションを子供さんたちのために装飾されているのですか・・
それは、非行に走ろうとする心の子供さんがいたとしても癒されそうです。
短冊つきとは、まさに心の灯っていうやつですね!!
感動です!!!

投稿: 明士 立 | 2009年5月27日 (水) 19時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 道を歩くのも・・:

« 雨の別海・・そして・・・ | トップページ | 散り様・・ »