« 道を歩くのも・・ | トップページ | コムクドリ・・ »

2009年5月27日 (水)

散り様・・

先月から今月にかけて・・25年ぶりに・・・

「竜馬がゆく」の文庫本全8巻をゆっくりと読みました。

以前、読んだ時は、今以上に歴史のことを知らなかったこともあり
只、主人公の坂本竜馬の活躍だけに心トキメキました。

しかし、今回読んでみて、竜馬の活躍もさることながら・・

それ以上に、有名無名を問わず、自分の信じる信念のために
命を落とした数多くの若き人々の思いの上に事が成り立って
行くことに心奪われました。

そして、この時代の小説を読んでいると・・
何故?日本人が散り際の潔(いさぎよ)い桜が好きなのかが
分かるような気がしました。

昨日、今年初めて鶴ヶ岱公園に行ってみました。

いつもは、もっと早い時期から時々、訪れるのですが、
今年は、クーちゃんのお陰ですっかり忘れていました。

あのあまりにも有名な・・??
花よりラッコ!”
という諺に心が支配されたようです。

釧路八重桜です。
526turuya2

気が付かないうちにエゾヤマザクラよりも遅く咲く釧路八重桜の
シーズンも、もう時期、終わりそうでした。

本当に今年は、自分の季節感覚が・・かなり・・・
クーるって
(狂って)いるようです。
526turuya3

自分は、咲いている桜よりも散って地面に落ちている花の方に
目が行ってしまいます。

これは心に根付く“日本魂のため!”といいたいところですが・・
自分は、単にトボトボと下を向いて歩く癖があるからなのでした。

それ以上に落ちこぼれに慣れている自分は・・
そこに自分自信の姿と心を観ているのかも知れません!
526turuya1

|

« 道を歩くのも・・ | トップページ | コムクドリ・・ »

鶴ヶ岱公園」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

「竜馬がゆく」明士さんは文学青年でもあったのですね。信念のために生きそして死す。日本人昔からの男の美学ですが現在は残念ながら尊敬に値する方がいなくなってしまった感じがします。
政治家・大企業の社長さんと事件が起こる度に言い訳の繰り返し。そして逮捕されると自供のパターンが非常に多く「いさぎ良さ」は死語になりつつあります。そんな社会を見ている子供達が可哀想ですね。

でも昨日の「挨拶」実は今朝仕事で現場に行くと通学途中の子供達に挨拶されました。ある意味いやな世の中でもありますが私の心の中に爽やかな風が吹き仕事の疲れも吹き飛びました。(もちろん私も挨拶しましたよ・笑)まさか昨日の今日で自分が同じ立場になるとは夢にも思いませんでした。

昨夜は自宅に設置した旧型客車の座席に座りながら釧路に出現したショッカーの怪人に対して、もし私なら思わず大きく手を上げ廻しながら「ライダー変身」と叫んでいたかもと空想していました。(笑)でもなぜか「クーちゃん変身」に変わる自分にまだまだ忘れる事の出来ない存在ですね。
また私からもクーちゃん名場面集ぜひお願いします。多分自分から見てボツ写真でも他から見ると素晴らしい作品が眠っている場合が経験上多いです。

投稿: 小さな鉄道博物館 | 2009年5月27日 (水) 12時41分

小さな鉄道博物館さま、いつもありがとうございます。
文学青年などとは、お恥ずかしい・・(冷汗)
青年というよりも紺年というところでしょうか・・?(笑)
実のところは、文学書などは、滅多に読まないのですが、たまたま珍しく読んだので(読み切った)ので自慢げに書いてしまいました。(苦笑)
“男の美学”ですか・・久しぶりにいい響きの言葉に触れました。
小さな鉄道博物館さまの好きな??変身ものも、そうですが・・以前は、そういう美学的な映画などがたくさんあって知らないうちに影響を受けていたようにも思います。

それにしても相変わらずの引きつけパワーの持ち主で驚きです!
昨日の話を自分の世界で引き起こすなど普通の人の力では考えられません!(笑)
でも見ず知らずの子供さんから挨拶されると何であんなに爽やかなんでしょうか・・?
きっとこの風が増えると明るい社会につながるんだろうなー?!と小さな鉄道博物館さまの昨日のエピソードを読んで思いました。

旧型客車の座席ですか・・
流石に自宅まで改造されているのですね!
まさにラッコパンチ使いの改造人間クーちゃんですね!(笑)

クーちゃんの名場面ですか・・
あまり名場面は、ないように思うのですが・・・
只、名場面ではないですが、「ラッコのクーちゃん釧笑記・後編」をまだ書いていないので、あと一回だけは、下手なクーちゃん写真集に我慢してお付き合いくださいませませ!(笑)

投稿: 明士 立 | 2009年5月27日 (水) 13時27分

釧路八重は先週柳町公園に見に行きましたけど
本当は先週の休みの日に天気が良ければ
尾岱沼にくーちゃん見に行きたかったんですよ(^_^;)
鶴ヶ岱公園はまだ行ってないんですけど
そろそろ桜の見頃も終わりですねえ。

小さな鉄道博物館さんのコメントで思い出したんですけど
仮面ライダーならぬ「仮面ノリダー」で
「怪人ラッコ男」がノリダーと戦ってたらしいです(笑)

投稿: Hide | 2009年5月28日 (木) 21時47分

おはようございます。

釧路には柳町公園があるのですね。私は音更の柳町に住んでいます。(笑)ますます釧路に親近感が沸きました。

残念ながら「仮面ノリダー」は一回も見た事がありませんが、ぜひ「怪人ラッコ男」(笑)見てみたいですね。それでは皆で「大変身?」で対抗しましょう。

投稿: 小さな鉄道博物館 | 2009年5月29日 (金) 07時38分

Hideさま、ありがとうございます。
柳町公園の釧路八重、新聞で見ただけなので、一度、実際に行って見てみたかったです。
鶴ヶ岱公園の釧路八重も日曜日(31日)のチューリップフェアくらいまでが限界に感じました。

尾岱沼にクーちゃんを見に行けなかったのは残念ですね・・・
しばらく納沙布にいるのでしょうか?
自分としては、納沙布より尾岱沼の方が見に行きやすく感じます。
釧路に帰って来てくれるのが一番なのですが・・・

仮面ノリダー・・とは、後の電車男さんがチビノリダー??だったかをやっていた番組でしょうか???
「怪人ラッコ男」どんな攻撃をするのか興味深いです。(笑)

投稿: 明士 立 | 2009年5月29日 (金) 09時12分

小さな鉄道博物館さま、ありがとうございます。
音更にも柳町というところがあるのですか・・
十勝方面って、爽やかな大地をイメージして、あまり、お化けをイメージする柳という文字が浮かばないのですが・・・(笑)

改造人間ターちゃん+クーちゃん兄弟に強敵出現情報ですね!
是非、怪人ラッコ男の正体をあばいて成敗してください!(笑)

投稿: 明士 立 | 2009年5月29日 (金) 09時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 散り様・・:

« 道を歩くのも・・ | トップページ | コムクドリ・・ »