« キジバト・・ | トップページ | 夏至・・ »

2009年6月19日 (金)

スクージュール・・?

先日の新聞に・・毎年、釧路川の幣舞橋上流で行われている・・・

「釧路港舟漕ぎ大会」の今年の日程が掲載されていました。

8月8日の予定だそうですが・・な・なんと・・・

クーちゃんが、8月3日までに釧路川に戻ってきたら・・・・

開催場所を千代ノ浦漁港に変更するとか・・・・・

更に・・4日以降に戻ってきた場合は・・・

開催日を釧路大漁どんぱく期間中の9月5日に延期とか・・・・

皆さん、クーちゃんが戻ってくるのを信じているのですね~!

今年は、第5回の節目の大会なので優勝賞金もアップとのこと・・

クーちゃん賞とかも、出るんでしょうかね~・・・・?!

それにしても、やっぱり、クーちゃんって凄いな~・・・・・!!

一昨年(2007年)の大会の様子です。
応援している幼稚園の子供さんたちの浴衣の色どりが、
大会に花を添えていました。

Funakoh1

天気が良かったので応援している人にも自然に熱気が・・・?!
Funakoh2

ゴール目指して接戦です!
Funakoh3 

昨年(2008年)の様子です。
雨のレースで選手の皆さんは大変そうでした。

Funakoh6

ときより強く降ってきました。
Funakoh4_2 

選手の皆さんは、もちろん大変ですが・・
見ている人も皆、ビチョ濡れで大変でした!

Funakoh5_2

今年のレースの時に・・クーちゃんが、こっそり帰ってきて・・・
気を使って邪魔にならない様にレース観戦に来るような気がします。
その姿を想像してみました。

お弁当を食べながらレースを見守るクーちゃん??!
Funakoh8

いつものクーちゃん席からレースを観戦するクーちゃん??!
Funakoh7

|

« キジバト・・ | トップページ | 夏至・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今日の明士さんの記事を拝見して。。。
なんだか涙が出そうになってしまいました。
そんなに釧路の皆さんがくぅ〜ちゃんのことを
思ってるなんて。。。

「住民票」が交付されたように、
くぅ〜ちゃんは本当に釧路市民なんですね。

それにしても、
「釧路港舟漕ぎ大会」って、、、
そのまんまというか
分かりやすいネーミングで
ちょっと笑ってしまいした。(笑)
申し訳ありません!!!

福岡市も海に隣接してるんだから、
そんな大会があってもいいのに。
あったら楽しいのに。
って、思ってしまいました。
釧路がうらやましいです。

投稿: furucogarasu | 2009年6月19日 (金) 10時26分

furucogarasuさま、ありがとうございます。
自分も新聞の記事を見て、イベントの主催者の人たちまでが、クーちゃんが帰って来ると信じているようで驚いたというか嬉しくもなりました。
クーちゃんが戻って来ると信じている人が多いというか・・当然、そのうちに戻ってくるだろう!と思っている人が自分も含めて多いようです。
いつも自分の撮ったクーちゃんの写真を見るたびに今度は、どう撮ろうか?と考えています。(笑)

「釧路港舟漕ぎ大会」でネーミングが合っているかどうか?自信ありませ~ん・・(笑)
確か、こんなような名前だったような・・??
でも分かりやすいから正解に近いと思います。(笑)

福岡には、ないのですか・・
同じ九州の長崎?の本格的なレースのニュースはテレビでよく観ますが・・・

釧路の大会は舟漕ぎの素人がほとんどなので別の意味で見ていて楽しいです。
でも、クーちゃんが隠密に見に来ていて、クーちゃんサプライズで表彰式の時に姿を現してくれると釧路の短い夏も盛り上がるのですが・・・
クーちゃんなら考えられそうですね!

投稿: 明士 立 | 2009年6月19日 (金) 11時10分

こんにちは。

ブログを読ませてもらい最初に感じた事は釧路市民の熱きクーちゃんへの思いでした。やはりクーちゃんは釧路の地名を日本中いや世界中に広めてくれた後見人?(私はラッコの姿をした海からの使者と思っています・笑)ですね。

船漕ぎ大会では特別審査員をやられるのですね。(笑)最後の写真を見ているとクーちゃんは「ボクも我慢出来ない?ので船と一緒に競争するよ」と言いながら川に飛び込むシーンが見えてきました。更にクーちゃんの形をした市民特製船に乗り込み子供達とオールを一生懸命漕ぐクーちゃんがとても可愛く感じてしまいます。(また空想タイム・笑)

先日の「大阪万博」。決して華族ではありません。(笑)当時所属していたカブスカウト(ボーイスカウトのひとつ前)が十勝の代表で富士山の下に広がるジャンボリー大会に参加する関係で万博まで足を延ばした訳です。たしかその日は根室発朝8時函館行(到着は23時30分)急行ニセコに帯広から乗車。途中小樽駅で当時流行していたCMで駅ホームで女性が売り子のおじさんに「おじさんネクター頂戴」というワンシーンがあって私もやってみました。(笑)そしたら売り子さんが本当にやって来て話かけられ楽しい会話をすると別れ際に何とタダでジュースをいただきました。この時の味は39年たった今でも忘れる事がありません。続きはまた次回・・・・・。

投稿: 小さな鉄道博物館 | 2009年6月19日 (金) 12時33分

小さな鉄道博物館さま、ありがとうございます。
クーちゃんへの冷えることのない熱き思い・・!
クーちゃんビームを浴びてしまった人たちの心は、まだまだ燃えていそうです。
恐るべし・・海からの使者パワー・・!

な~るほど・・さすが・・・小さな鉄道博物館さま・・・・
クーちゃん型をした舟で子供のレースがあったら面白いかも知れませんね!
もちろん、クーちゃんはグラサンを掛けてビール片手に審査員席でレース見学・・!
おぉっと・・危ない・・・つられて空想の世界に引きこまれそうになりました。(笑)

ボーイスカウト関係には、当時は貴族の御子息しか入会出来なかったような記憶がありますが・・(笑)
それにしても他の人には長旅に感じても・・
鉄道ファンの小さな鉄道博物館さまには堪らない旅だったように感じてしまいました。
ネクターのCM、何となく記憶にあります。
ネクターとは、どんな飲み物だったでしょうか?
ローヤルクラウン?RCのようなパステル調の飲み物だったでしょうか・・・?

そうですよね~・・子供のころの思い出って忘れないものなのですよね~・・・
特に味まで覚えているとは・・分かるような気がします!
100年経っても忘れないと思います!(笑)

投稿: 明士 立 | 2009年6月19日 (金) 13時29分

こんにちわ。

クーちゃんが帰って来ることを想定してスケジュールを組んでいるなんて、凄いですね。クーちゃんビームを浴びてしまった私は、夢にまでクーちゃんが出演します。流木の様に漂ってる釧路川に帰ってきたクーちゃんでした。小さな鉄道博物館さんがおしゃる様に海からの使者だと私も思います。
明士さんのクーちゃん写真とコメントが心に沁みて泣きそうです。

お母様の大切なワンちゃん、かけがえのない家族ですよね。一日でも長く元気で優しいお母様と過せることをお祈りします。

投稿: | 2009年6月19日 (金) 14時55分

さま、ありがとうございます。
本当にクーちゃんが帰ってくることを想定してのスケジュールを組むなんて凄いと思いました。
クーちゃんがいるうちから夏の花火のことも気にしていましたから、すっかり住民として溶けこんでいたのですね・・・
早く、新たな海からの使者として活躍してほしいです!

犬のこと本当にありがとうございます。
大変、嬉しいお言葉です!
日に日に衰えていくようですが一日でも長く一緒に時を過ごしてほしいです!

投稿: 明士 立 | 2009年6月19日 (金) 16時48分

おはようございます。

明士さん、ごめんなさい名前の記入忘れました。アナログ人間の私はこのようにブログにメールをするなんて今年の5月まで考えられませんでした。これもクーちゃん効果なのです。
つたない私のメールに優しく答えていただきありがとうございます。

渡せ舟や舟漕ぎ大会を主催しているメンバーに父の仲間もいる事を法事の時に知りました。海の男は、ずっと海が恋しいのですね。

投稿: はたの | 2009年6月20日 (土) 09時04分

はたのさま、わざわざありがとうございます。
99%はたのさまだと確信があったのですが、世の中に完全なものは無いと何処かで聞いたような気がするので“上さま”にしてしまいました。
スイマセ~ン!(笑)
でも、クーちゃん効果っていろいろとあるものですね・・
本当に凄いラッコ君だとあらためて思いました。

舟漕ぎ大会に元海の男?のチームも毎年、出ているようですが年齢と反比例して一番、若々しく見えたような気がします。(笑)

投稿: 明士 立 | 2009年6月20日 (土) 10時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スクージュール・・?:

« キジバト・・ | トップページ | 夏至・・ »