« 波紋芸術・・?! | トップページ | 水々しく・・ »

2009年6月15日 (月)

水滴・・

“やはり!”・・というのも寂しいですが・・・

昨日の日曜日も雨でした。

本当に今年は、どうなっちゃってるんでしょうかね~・・・・?!

でも・・この時期は、毎年、霧や雨の日が多いですね!

今が、一番、日の長い季節なのに・・

その日の長さを本当に実感したころには・・・

すでに少しづつ日の短くなっている頃・・・・

これじゃ~、一年も短く感じるハズですな~・・・・・?!

札幌では、昨日まで“よさこいソーラン祭り”で賑わっていた
ようですが・・

同じ北海道でも・・・釧路では、別の国のお話のような・・・・?

それにしても・・踊り子さんたちの踊りも見事ですが・・・

衣装も凝ってますなー・・・・皆、美しくカッコよく見えました!

その美しいということで・・

昨日は、折角??雨が降ってくれたので庭の花を美しく???
撮ってみました。

晴れた日も、もちろん花を見たり写したりするには楽しいですが・・

写真を撮るなら雨の日の方が情緒的に撮れるような・・・?!

水玉を見ると何故か癒されます。
生物は水中がルーツだからでしょうか?
水玉模様が昔から定番なのが分かるような気がします。

614ameni12

マイヅルソウです。
アップで見ると本当に不思議な形だと思います。

614ameni5

614ameni6

クリンソウです。
車輪のように花が咲くのが面白いです。

614ameni4_2

614ameni3

クロユリです。
魅惑的な花だと思うのですが、ちょっと??匂い
(臭い?)ます。
アップで撮る時は、少し辛いかも?!

614ameni2

614ameni

エゾクサイチゴ?だと思うのですが自信は、ありません。
この手の花の見分けは、自分には難しいでーす。

614ameni7

後ろの葉の水玉が気になったので、花をボカしてみました。
614ameni10

ワスレナグサ?だと思うのですが、これも自信は、ありませ~ん!
よく見かけますが小さいので雑草のように見過ごしてしまいます。
近づいてアップで見ると可愛い花でした。

614ameni8

勿忘草忘れな草と書くそうですがロマンチックな名前ですね!

昔、ドイツの騎士が恋人に送るためにドナウ川の岸辺で、
この花を摘もうとして誤って川に飲まれてしまいました。

彼は最後の力を尽くして岸にこの花を投げながら・・
“僕を忘れないで!”と最後の言葉を残したそうです。

その恋人が彼のお墓にその花を添えて、その最後の言葉を
花の名前にしたらしいです。

名前の由来を知ると違った目で花を見てしまうから不思議です。
って・・自分だけかもしれませ~ん・・・が・・・・

614ameni9

|

« 波紋芸術・・?! | トップページ | 水々しく・・ »

庭の花」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

週末は予測していた通りの雨でしたね。(にが笑)本来なら一年で一番日照時間の長い6月。早朝から出かけて一日を二日分楽しめるところですが残念ながら叶いません。月末まで我慢の連続ですね。

さていつも芸術的な写真を撮影される明士さん。今回は水滴を利用した事により野草がまた一段と鮮やかに見えボカシも味のある物に仕上がっていますね。草の上でカタツムリが遊んでいる姿が画面を通して見えてきます。(笑)

もう釧路に一ヶ月以上いっていません。(泣き)そろそろスパカツが食べたくなりましたが昨日、小樽在住の友人が日帰りで釧路まで乗り鉄として往復した際に教えてあった泉〇さんのスパカツを食べて来たとの話を聞いてお腹が空きました。(笑)またレジのそばに私のクーちゃんのパネル写真が飾ってあったとの事で、もし明士さんも行く機会があれば見ていただければ幸いです。最近は十勝のトンカツ屋さんにこだわっています。(昨日の昼も目を付けていた店を制覇する事が出来ました。やはり十勝は豚肉がピカイチです)

投稿: 小さな鉄道博物館 | 2009年6月15日 (月) 12時31分

明士さんのお宅の庭にはこんなに野草が
咲いているんですか!
ワスレナグサは霧多布まで撮りに
出かけましたよ^^;
探しに出かけるから良いのでしょうけど
咲く目安がわかっていいですね^^

水玉も結構難しいですが楽しいですよね。
でも風邪を引かないように気をつけて
くださいね。

投稿: mamitan | 2009年6月15日 (月) 13時16分

小さな鉄道博物館さま、いつもありがとうございます。
一日を二日分楽しめる・・
確かに日照時間が長い季節は、そうですね。
いや~、言われてみると単純なことですが言葉として気がつきませんでした。
何か凄く良いことを聞いたような気がします!

カタツムリの遊んでいる姿を見ていただきましたか・・
それは、何よりの褒め言葉でございます。(笑)
ありがとうございます!

ウオ~・・泉〇さんにも小さな鉄道博物館さまのクーちゃんの写真があるのですか?!
それも・・パネルとは凄い!
泉〇さんといえば釧路の人が思い浮かべるご当地店のナンバー1といっても過言ではないでしょう!
そこにそれもクーちゃんのパネル写真を飾ってあるなんて流石ですね~!
まだ見たことのないお客さんもクーちゃんを思い出したいお客さんも大喜びですね!!

十勝のトンカツ屋さんですか・・
これも気がつきませんでしたが、十勝は豚丼の町ですからトンカツが美味しいのは当たり前ですよね!
これは、カツ丼好きの自分には勉強になりました。
参考にさせていただきま~す!!

投稿: 明士 立 | 2009年6月15日 (月) 13時22分

mamitanさま、いつもありがとうございます。
庭の花なのですが、クロユリは何年か前に株?を買ってきて植えたら増えたようです。
あとの花は、どこから来たのか?・・いつの間にか庭で咲くようになりました。
鳥が運んできたのか?土を入れた時についてきたのか?不思議です。
でも確かに咲く目安には、なります。

あの花は、ワスレナグサでいいのですか?
以前から春採公園でたくさん見かけて気になっていたのですが自宅にも咲いていました。
あの小さな花が、あの有名な“ワスレナグサかも?”と知った時は、驚きました。(笑)

最近、本当に寒いですから風邪をひきそうですよね!
ありがとうございます!

投稿: 明士 立 | 2009年6月15日 (月) 13時35分

こんにちは。

雨の日も、こうした楽しみ方があるのですね。
可憐な花々をさらに水滴が美しく輝かせていますね。家の庭にも勿忘草が咲いていますが、
名前の由来をお聞きしてから、悲しく、ロマンチックな思いを秘めた花を愛おしく観ています。

私事ですが、昨日6月14日は父の13回忌でした。70歳で千の風になって、何時も私達の
傍に居る様な気がします。漁労長だった父は、雄雄しく、荒々しさと優しさを持ち合わせた海のようの人でした。釧路が漁業最盛期だったので、末広界隈でとても有名だったようです。
母の苦労は、計り知れないものがありました。現在77歳の母は、私よりも元気でパワフルです。

投稿: はたの | 2009年6月15日 (月) 14時43分

はたのさま、いつもありがとうございます。
花を写すなら雨の日の方が良いと思うのですが、体もカメラも濡れてしまうので躊躇してしまいます。
昨日は、小降りになった瞬間に一気に撮りました。(笑)
ロマンチックな花の名前がたくさんありますが由来を調べてみると花に愛着が湧いたりするから不思議ですね~・・(笑)

お父様は、釧路が最も漁業で賑わっていたころの漁労長さんですか・・
それは、よく聞く、漁師さんが末広の町に溢れていた頃でしょうから、正に末広の顔役だったのですね!
釧路の凄い時代を生きた凄味のある大人物を想像してしまいます。
戦前生まれの女性のパワーは、確かに凄いと思います。
自分などとても、その溢れ出るパワーには全く敵いません!(汗)

投稿: 明士 立 | 2009年6月15日 (月) 17時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水滴・・:

« 波紋芸術・・?! | トップページ | 水々しく・・ »