« 判断・・? | トップページ | ラッコのクーちゃん釧想記 »

2009年7月 9日 (木)

生々流転・・

昨日、「笑ってこらえて」という番組で・・知る人ぞ知る?!・・・

津別町にある、流木アートギャラリーが紹介されていました。

流木とは、あまり関係のない話なのですが・・

自分は、“流水”など・・・

この“流れる”という字に思い入れのようなものがあります。

特に「浮浪雲(はぐれぐも)」という漫画が好きな自分は・・

“流雲”という言葉に特別の思いがあります。

主人公の浮浪雲が物語の中で空を見上げながらいう・・

“小事を気にせず流れる雲の如し”という言葉は・・・

20代のころに突然襲ってきた心(精神?)の病いに
悩み苦しんでいた時に・・・・

何度も助けられたように思います。

昨日、“流”木という言葉を聞いて、夜が来て朝が来ることが
恐ろしく苦しかった日々のことを思い出しました。

よくぞ、それに耐えてここまで生きてこれたな~?!

と今になって思うのですが・・

時間って奴が解決してくれたんですね~!

これも・・

“時の流れ”という、“偉大な流れ”のお陰なのでしょうな~!!

全ては流れている!!!

昔からいわれている“水に流す”という言葉を思い出しましたが・・

素晴らしい表現のように思えてきました。

流木じゃないですけど、流されて新しく生まれ変わるものって・・

たくさんあるのかも知れませんね?!

ということで・・「生々流転」・・・全ては生まれ変わる!

未来に向けて散り行くということで・・

今回は、ワスレナグサの落ち花の写真にしてみました。

この姿は、終わりではなく始まりなのかも知れません?!

72otiha5

72otiha1

72otiha2

72otiha3

72otiha7

|

« 判断・・? | トップページ | ラッコのクーちゃん釧想記 »

庭の花」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

いつもためになるありがたい話を聞かせてくれてありがとうございます。明士さんと世代が同じ私も「浮浪雲」の漫画は良く読んで一時はかなりハマっていました。(笑)人生はのんびりそしてゆっくりと過ごそうと考えていた当時を思い出しました。やはりこのブログから過去を改めて見直す機会が多い事に「いつもありがとう」です。

さて「池田町」(笑)私もやはり、2006年4月「ふるさと銀河線」廃止まで何度も通った町なので特別な思いがあります。まだオープン前なので、お店の名前は公表できませんが鉄道路線の名前が入っている鉄道ファンにはたまらない名前なんです。(笑・オープン近くなったら教えます)実は私も自宅と独立した博物館?を持ちたいと常々思っていますので、お店展示はひとつの夢です。すでに第一号として帯広市内ホビー店一角に博物館別館を昨年つくり話題性を高めましたがお店も常連客が付き軌道に乗り始めた様なのでそこを移設?しようかと考えています。これからの展開に続く・・・・・笑。

投稿: 小さな鉄道博物館 | 2009年7月 9日 (木) 12時28分

小さな鉄道博物館さま、いつもありがとうございます。
ためになる話などとは・・とんでもございませ~ん。(汗)
好きなことを自己満足に書いているだけでして・・・(笑)
「浮浪雲」読んでらっしゃいましたか・・
それは、素晴らしい~!!
雲さんは、自分の目指す??人生の達人でした。(笑)
自分もバックナンバーのコミック?をそろえるくらいにはまりました。(笑)

池田町のお店の名前ですか・・?
あまり詳しくない自分は、高〇鉄道とか池〇線くらいしか思い浮かびませんが・・きっと夢のある名前がつくのでしょうね~・・(笑)

自宅と独立した新たな博物館ですか・・?
私設博物館を作っただけでも既に凄いのに夢がありますね~・・
やはり小さな鉄道博物館さまは、凄いパワーの持ち主なのですね。
大きな鉄道博物館と名前が改称されるのも遠い未来ではなさそうに思います!

投稿: 明士 立 | 2009年7月 9日 (木) 13時13分

こんにちは。

神の使いなどとんでもない煩悩だらけの人間です。変な事を書いてすみません。

私の息子も同じ病気で、今、自分と戦っています。本人が一番辛いとおもいますが、私も心がえぐられるように痛いです。だいぶ元気になってきたので、本当によかったとおもいます。これからも、寄り添って歩んでいきます。

明士さん、生きていてくれて、ありがとう。このように素敵なブログを作ってくれてありがとうございます。

ワスレナグサの落ち花、終わりではなく、始まりだと私も思います。水が淀まぬように常に流していきたいです。

投稿: はたの | 2009年7月 9日 (木) 17時17分

津別町のシゲチャンランドかな。
見逃しちゃって残念です。
お気に入りの場所だったんで。
私は突然襲ってきたわけではありませんが
やっぱり20歳前後が一番辛かったかもです。
今でも苦しいですが明士さんの言葉は頭で
は理解できます。
素敵な言葉をありがとう。


投稿: mamitan | 2009年7月10日 (金) 00時35分

はたのさま、いつもありがとうございます。
スイマセン!こちらこそ、悩んでいた病に対して安易に書いてしまって大反省です。(汗)
息子さんも同じ病気ですか・・
かなり例えが悪くて失礼な表現だと思うのですが・・・
スポーツ番組で聞いたことを思い出しました。
“シングルスとダブルスでの戦い、どちらも信頼できるコーチやペアがいることによって長い戦いを勝ち抜いていくことが出来る”・・
はたのさまのコメントを読んで失礼だと思いますが、スポーツに縁のない自分ですが、そんなことを思い出しました。

いや~・・生きていてくれて、ありがとう!などと言われたのは初めてで大変、恐縮します。
今まで生きてきて良かったです!
こちらこそ、最高のお言葉ありがとうございます!!

水が淀まぬように・・
本当に“流れる水は腐らない”じゃないですけど、そう思いました。
重ね重ねありがとうございます!

投稿: 明士 立 | 2009年7月10日 (金) 08時27分

mamitanさま、いつもありがとうございます。
ピンポ~ン!正解でーす。
シゲチャンランドでした。
“mamitanさまのブログで見たところだー!”と思いながら見ていました。
北海道の空から見た不思議な色の建物というようなことで出ていました。
館長?さんは、元々、坂本龍一さんとか有名人のレコードジャケットなどをデザインしていた凄いアーティストさんだったんですね!
奥さまもユニークなキャラクターの人のようで行ってみたくなりました。

mamitanさまも辛い時期があったのですね・・
自分も、今でも、後遺症のような症状が出ることがありますが、そのお陰で得たことも多かったように思います。
mamitanさまのコメントを読んでふとそう思いました。
ありがとうございました!

投稿: 明士 立 | 2009年7月10日 (金) 08時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生々流転・・:

« 判断・・? | トップページ | ラッコのクーちゃん釧想記 »