« 生々流転・・ | トップページ | 釧路厳島神社例大祭から・・ »

2009年7月10日 (金)

ラッコのクーちゃん釧想記

久しぶりに「クーちゃん回想記」で~す!

クーちゃんが釧路の住民になってから5ヵ月・・

そして、釧路を留守にしてから2ヵ月になりました。

今では、あの寒い中、震えながらクーちゃんの登場を待って
いたのが嘘のように思えるほど・・

自分の中では、遠い過去の出来ごとになりつつあります。

クーちゃんの写真を大きくプリントして飾ろうとの思いも・・

写真が決まらないまま今日に至ってしまいました。

クーちゃんが釧路を留守にしてから・・

一度も幣舞橋を渡っていないないどころか・・・

岸壁付近にも行っていないのです。

これは、クーちゃんが居なくなった釧路川を見るのが寂しいから
ではなく、ごく普通のことなのです。

今まで幣舞橋を渡ることなど年に数回のことでした。

それがクーちゃんが来たことによって・・

釧路のシンボルである幣舞橋を何度も渡り、釧路川をジックリと
見る機会に恵まれたことは・・・

今まで以上に、釧路という町に住んでいるということを実感する
ことができました。

クーちゃんは、今、納沙布で元気な姿を見せているそうで・・

根室でも有志の方々が写真展を開催するとの新聞の記事が
紹介されていました。

ラッコは、増えているといいます・・

またラッコが釧路川に来たり、クーちゃんが戻って来る可能性
は充分に考えられのかも知れません?!

でも・・ヤンチャなクー坊が来ることは、2度とありません。

そのクー坊を毎日のように見ることが出来たことは凄く幸せ
だったと思います。

クーちゃんは、今、考えても・・

やはり、神様の使いにしか思えないような気がします!

そんな、クーちゃんが、どこの海であれ・・

たくさんの人を幸せにした分、幸せが訪れ、いつまでも・・・

元気で泳ぎまわっていることを心からお祈りしたいです。

今回は、クーちゃんというよりもクー坊という感じの2月の写真を
使いました。

自分のつまらないこだわりで・・できるだけ・・・
一度、ブログに使った全く同じ写真は、使わない様にしているので
あまり、いい写真がなくて(元々ないですが)スイマセ~ン!

2月12日、自分の初クーちゃんの日の写真です。
クーちゃんが釧路の住民になった翌日になります。
顔の写っていない写真しか残っていないのでした・・・

212kaiso1

212kaiso2

212kaiso3

2月19日です。
この時は、“1週間もいるなんて・・?!”と思っていました。
岸壁上りを覚えたのが長居につながった1つの原因だったのかも
知れませんね?!

219kaiso8

219kaiso9

219kaiso10

219kaiso11

219kaiso12

2月24日です。
急激にウエイトアップしていた時期のようですが・・
まだまだ顔にあどけなさが残っています。

224kaiso4

224kaiso5

224kaiso6

224kaiso7

|

« 生々流転・・ | トップページ | 釧路厳島神社例大祭から・・ »

ラッコのクーちゃん回想記」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

やっぱり11日は「クーちゃん」記念日ですね。(笑)クー坊は海王ポセイドン?が釧路の地域活性化を計るため神々の壮大?な計画の下に送られて来た使者である事は間違いありません。(笑)ものの見事に計画は実行され多くのラッコ信者?が幣舞橋に集結し、いまだその情熱は消える事はないと私は考えています。

やはりポリシーは大事です。(笑)12日の写真は顔とか関係なく素晴らしい記録写真として永遠に残る作品ですよ。改めて見るといかに明士さんとニアミスしていたか良く分かります。3月途中からは幣舞橋上で撮影中は隣にいる方のどれかが明士さんではないかとキョロキョロ?していた事が懐かしいですね。(笑)あの吹きさらしの幣舞橋に何時間も粘っていた事自体信じられません。

さて「焼肉店」。流石は明士さん。おめでとうございます。ものの見事店名大当たりです。(笑)これは何か当選プレゼントをしなければなりませんね。次回は「ボン〇レー」ホーロー看板や煙草取り扱い看板も引っ張り出して飾ろうかと思案中です。次は何が飛び出すかこうご期待ください。(笑)

投稿: 小さな鉄道博物館 | 2009年7月10日 (金) 12時32分

小さな鉄道博物館さま、いつもありがとうございます。
いくら普段、クーちゃんのことを忘れても、毎月、この日(11日)が近づいて来ると自然に思い出してしまうようです。
クー坊は、海王ポセイドンの使者ですか・・
なるほど、クーちゃんが来た理由が分かりました。(笑)
やはり、クーちゃんがからむと小さな鉄道博物館さまの空想力は、更にパワーアップしますね!(笑)

永遠に残る作品とは、ありがとうございます。
でも、恐らく何度もニアミスしていたと思います。
当初から小さな鉄道博物館さまは、クーちゃんカメラマンさんの中でも一際、目立った、いえ(汗・笑)、オーラが輝いていたので存在自体は知っていました。
自分たち烏合の衆??にとっては、遠い存在でした。(笑)

エッ?!焼き肉店の名前、当たっていたのですか!
自分の超能力からいえば当然です!
って、ことは全くありませ~ん。(笑)
ただ、たまたま知っていた名前を書いてみただけでして・・(汗)
今度は、あの有名な、メーカーの人自らが看板を張って歩いたという伝説があり、釧路にも縁がある「ボン〇レー」の看板ですか・・
やはり、小さな鉄道博物館内には、タイムトンネルがあるようですね!(笑)

投稿: 明士 立 | 2009年7月10日 (金) 13時26分

私も小さな鉄道博物館さんのおっしゃるところの
「ラッコ信者」のひとりだと勝手に思ってます(^^ゞ
けど明士さんや小さな鉄道博物館さんに比べると
思い入れがまだまだ足りないかもしれないですね(^_^;)
クーちゃんと言う名の天使が釧路に舞い降りたことに感謝!
たくさんの人に喜びや幸せを運んでくれましたし
今も納沙布で現役バリバリで大活躍してるのもうれしいですよね。

投稿: Hide | 2009年7月10日 (金) 23時06分

おはようございます。

クーちゃん、やはり神の使いなのでしょうね。あるお茶屋さんに「福の神」と書いてある写真が「クーちゃんコーヒー」の所に飾っています。飲むと幸せになれるような気がします。
楽しかったクーちゃんとの日々は、素敵な出会いと、人生を深く考える機会を与えてくれました。タヌーさんの「クーちゃんは、釧路を選んで来たのよ。」との言葉がいまでも心に響いています。

投稿: はたの | 2009年7月11日 (土) 06時59分

Hideさま、ありがとうございます。
「ラッコ信者」ですか・・?
やはり、クーちゃんは、幸せを布教にきた神の使いだったのですね!(笑)
思い入れの方は、自分は、小さな鉄道博物館さまやHideさまのように写真を寄贈してたくさんの人の目を楽しませている、御2人さまに比べたら修行不足です。(汗)
クーちゃんが運んでくれた幸せを御2人さまの写真が引き継いでいってくれると思います!

クーちゃん、そろそろ納沙布で釧路のことを思い出しているかもしれませんね!(笑)

投稿: 明士 立 | 2009年7月13日 (月) 08時12分

はたのさま、ありがとうございます。
クーちゃんコーヒーですか・・?
そして、いつの間にか、クーちゃんが「福の神」ですか・・・?!
う~ん、確かに飲むと幸せになれそうですね!(笑)

クーちゃんは、釧路を選んできた・・
というのは確かにその通りだと思います。
釧路って、日本一のものや日本唯一のものが結構、あるようですが・・
市民が知らないだけで何かを惹きつける凄い土地なのかも知れませんよ!

投稿: 明士 立 | 2009年7月13日 (月) 08時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラッコのクーちゃん釧想記:

« 生々流転・・ | トップページ | 釧路厳島神社例大祭から・・ »