« 顔寄せて・・ | トップページ | おさかなセミナー・・ »

2009年8月28日 (金)

露草の・・

釧路の夕日は、世界三大夕日といわれています。

特に幣舞橋周辺から見る秋の夕日は・・・

その称号に相応しいことが実感できるほど美しい夕日を
見ることができます。

しかし・・

釧路の夕日のビューポイントは、他にもたくさんあるようです。

このたび・・“道東@ペンタ&GX100便り”というブログで・・・

道東地方の景色をいつも素晴らしい写真で紹介している
mamitanさんが・・・・

「くしろの夕日は幣舞橋だけじゃないぞ~プロジェクト」という
ページを開設しました。

もちろん「くしろの夕日プロジェクト」に対抗している訳ではなく・・

純粋に釧路地方の有名無名、隠れた夕日のビューポイントを
探して紹介していこうという面白そうなページです。

是非、寄って見てくださーい!

と前置きは、赤い夕日の話でしたが・・

今日の一句は、青い花のツユクサからで~す!

“露草の 碧を深める 雨の音”
 つゆくさの いろをふかめる あめのおと
                      ―氷里―

828tuyu2

828tuyui1

|

« 顔寄せて・・ | トップページ | おさかなセミナー・・ »

写真俳句」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

クーちゃんで釧路訪問により釧路の夕日が世界3大夕日である事を再確認しましたが函館の夜景を含める北海道とは凄い場所だと痛感しています。この夕日プロジエクトが成功し全国に知れ渡ればいいですね。

さて「梅里」。やはりあれでしたか。(笑)明士さんとは同じ世代(まさかあれかい・笑)なのでピンと来ましたが印籠とは違い書状を書き風車のやひち親分が殿様やご家老に届け、梅里の名前にピンと来て慌てて現場に駆けつけるシーンがたまりません?でした。次回写真の裏に「氷里」を見つけたら明士さんの下に駆けつけます。(笑)

投稿: 小さな鉄道博物館 | 2009年8月28日 (金) 12時26分

小さな鉄道博物館さま、ありがとうございます。
釧路の夕日の美しさも含めて、北海道の凄さは来道者の人たちの方が実感しているようで逆に教えてもらったりすることが多いような気もします。
そういう意味でも景気も美しくなってほしいものです。

水戸黄門世代には、おっしゃるとおりに・・
“弥七、これを〇〇殿に頼む!”と寝ている枕元に持っていって・・
“何者じゃ?!”といいながら書状を読み最後の“梅里”で気がつくシーンは、たまらなかったですね~!(笑)
いや、枕もとのシーンは・・
“水戸の御老公の使いの者です!”と名のっちゃうんでしたか?(笑)

もし、写真の裏に「氷里」を見つけたら逆に叩き切ってください!(笑)

投稿: 明士 立 | 2009年8月28日 (金) 13時31分

明士さん、紹介していただきありがとうございます
明士さんの春採公園の夕日の素晴らしさを
ぜひ広めたいのでよろしければ掲示板に
いらしていただければ嬉しいです♪

投稿: mamitan | 2009年8月29日 (土) 00時35分

mamitanさま、いつもありがとうございます。
素敵なページを作りましたね!
大変だったと思います。
今度、投稿できそうな写真を探してみます。

投稿: 明士 立 | 2009年8月29日 (土) 11時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 露草の・・:

« 顔寄せて・・ | トップページ | おさかなセミナー・・ »