« 癒し・・ | トップページ | タイプ・・ »

2009年10月13日 (火)

切り抜き・・

以前から新聞の気になる記事を・・

時々、切り抜きをしているのですが・・・

切りっぱなしで全く整理をしていませんでした。

昨日・・“そんなに数はないだろうし整理でもするか!”・・

と始めたのは、いいのですが・・・少ないとはいえ数年分。

塵も積もればじゃないですが・・思ったよりも数が・・・

結局、大雑把にまとめてやめました。

でも・・今年の切り抜きの数が・・・

まだ10月なのに他の年よりも多いような??・・・・

しかし、理由が直ぐにわかりました。

クーちゃん関連の切り抜きだったのです。

全部で70点ほどありました!

1つの新聞だけでこれだけの数ですから・・

複数の新聞をとっているクーちゃんマニアさんは・・

“スクラップブックが一冊、できそう?!”・・・

な~んて、ことを考えながら整理した・・・

体育の日とは無縁な一日なのでありました。

おまけに今回の写真も文と関係ないのでありま~す!

昨日の自宅から撮った夕景でーす。
1012yuk2

1012yuk1

|

« 癒し・・ | トップページ | タイプ・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

私も鉄道関係の切り抜きは膨大なので整理には苦労しています。やはり切り抜いた段階で考えなければなりませんね。やはりクーちゃんの切り抜きがナンバー1ですね。もしかすると私も出ているかも知れません。(笑)でも何年たっても見るだけで、その日の思い出が蘇り見入ってしまうのが切り抜きかもなのかも。

連休は10日に富良野へ。駅近くの撮影地では小樽時代15年以上前の友人夫婦と出会いお互いに驚き2人は列車で来られたので私の車に同乗しましたが当時の思い出に話が咲きました。

北の峰近くにある国道と線路のオーバークロスに行き昼一本でけ撮影可能なポイントに行くと背景の大雪山頂上は綺麗に雪化粧。なんと美しい事でしょう。しかし列車が通過するまで大変な事が。(笑)普段はこの歩道には人がいないのに脚立上から撮影している私を見て横を走る国道の車が停車しギャラリーがどんどん増えてくるではありあせんか。(笑)どうやら一般の人々は蒸気機関車でも走ってくると思った様で貨物列車が来る事を説明すると珍しさも有り、皆さんで待つことになりました。続きはまた明日・・・・・。いったいどうなる事やら驚きの結末が。(大笑)

投稿: 小さな鉄道博物館 | 2009年10月13日 (火) 12時39分

小さな鉄道博物館さま、本業お疲れさまでした。
新聞の記事、鉄道関係が以外と多いので切り抜きが大変なことと思います。
ただ、硬券切りでハサミ類には慣れているのかと・・(笑)
もちろん、城山の写真展の記事もありました。

富良野での久しぶりの再会は楽しかったことと思います。
長い時間の移動の友を得てしまうとは流石ですね~!

大雪山の雪化粧きれいでしょうね~・・
阿寒の山でさえ雪を被っているのでさぞや綺麗なことだと思います。
そして、またまた、やっちまいましたね!(笑)
また、人を惹きつけて集めてしまったのですか?!
そして、またまた、集まった人たちが泣いて喜ぶような風景を見せてしまったことが容易に想像できまーす!

投稿: 明士 立 | 2009年10月13日 (火) 13時17分

こんばんは。

私もクーちゃんが載っている新聞記事を切り抜いたスクラップファイルが2冊になりました。こんなに夢中になったのは久々でして、主人は、「クーちゃんに心を奪われた。」と私の事を友達に話していたぐらいです。そろそろ釧路に帰って来る準備を少しづつクーちゃんはしているかもしれないと想像したいのですがどうでしょうね?

夕焼け、綺麗ですね。毎回違う色を空のキャンパスに描く神様は、本当に凄いと思います。見ていると心が安らぎます。

小さな鉄道博物館さんは、流石です。沢山の人を集めてしまうオーラが満ち溢れていますよね。読んでいてワクワクいます。

投稿: はたの | 2009年10月13日 (火) 17時24分

おはようございます。

人を引き付けるオーラではなく多分物珍しいのではないでしょうか。(笑)他の鉄ちゃんは三脚にカメラをセットして待ちますが私は脚立の上で何分も列車が来るのを待っています。

富良野編続き
いかんせん国道オーバークロス上ですから車が停車すると渋滞になってしまいます。来る列車が貨物と説明して皆さん移動したのでホッとしましたが何と下にある駐車スペースに車を止め上まで歩いてくるではありませんか。親子連れ、大学留学生の韓国男女3人組の鉄ちゃん、そして一番驚いたのは札幌から富良野に観光に来たうら若き?女性2人。突然記念撮影をはじめ貨物列車を見送った後、私がいつも持ち歩いている鉄道写真集を見せて上げると真剣な眼差し?で鉄道写真を楽しんでいました。するとSL冬の湿原号での丹頂鶴と釧路川鉄橋を夕日を帯びてはしる写真をほしいとの事なので記念に差し上げましたが、思わず心の中で「ウッソー。本当に鉄道ブームが来て鉄道が好きな女性が増えているんだな。」と叫んでしまいました。(笑)次回は翌日の釧路編に続きます。

投稿: 小さな鉄道博物館 | 2009年10月14日 (水) 07時50分

はたのさま、ありがとうございます。
クーちゃんスクラップブックが2冊ですか・・
恐れ入りました!
でも、一枚一枚、見やすいように整理したらそうなりますよね!
もう時期、寒くなりますし、サンマ漁が終わって岸壁の船が少なくなったら頭の良いクーちゃんのこと、そろそろ、また来るかも知れませんね!

夕焼け、毎回、微妙に色が違うようにも感じますが、神様は何色の絵具を持っているのでしょうか?!

投稿: 明士 立 | 2009年10月14日 (水) 08時27分

小さな鉄道博物館さま、楽しみにしていた続き、ありがとうございます。
いえいえ、車を止めて歩いてまで来るということは、オーラに違いありません!
海外の人に加えて“鉄子”まで惹きつけるとは、オーラ、更なるパワーアップですね!

夕日やタンチョウと湿原号のコラボの写真をもらった鉄子さんたち・・
凄く喜んで旅の思い出として帰ったら仲間の鉄子さんたちに写真を見せながら自慢するのでしょうね~・・・!
また、小さな鉄道博物館ワールドを広げちゃいましたね!!

投稿: 明士 立 | 2009年10月14日 (水) 08時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 切り抜き・・:

« 癒し・・ | トップページ | タイプ・・ »