« ツボ・・ | トップページ | 半年・・ »

2009年11月16日 (月)

揺らぎ・・

昨日、『地球物語』という番組で・・

“海”についての興味深い話の特集が放送されていました。

“海は、なぜ青いのか?”や“海はどうやって誕生したのか?”・・

などの基本的な話も面白かったですが・・・

“海に行くとなぜ心地よくなるのか?”・・・・

という話に興味をひかれました。

海を見ていると波の音などが生体リズムと共鳴して・・

心地よさを感じるのだそうですが・・・

人は予測できるようで予測できない震動が・・・・

微妙に混ざり合った刺激を身体に受けると・・・・

ウトウトするような心地よさを感じるのだそうです。

こういう振動を「1/f揺らぎ」というのだとか!

“ヘエー!”と美しい映像と共に感心しながら観ていると・・

海洋深層水の話になりました。

海洋深層水と表層の海水が混じり合うと・・

植物プランクトンと動物プランクトンが増殖して・・・

豊かな海域作るそうですが・・・・

その海洋深層水をいろいろな方面に応用することが・・・・・

研究されているという話の中の映像で・・・・・・

“ウオー!”・・・・・・・ラッコが出てきたじゃあ~りませんか!

それも黒いラッコ君(チャンかも?)

無意識に“ク~ちゃん!”と心の中で叫んだのは・・・

もっちのろん言うまでもござんせん!!

ということになりますと当然のごとく??・・

今回は、クーちゃんの写真を使いました。

カニを食べていた4月17日からです。
一番下の写真の水の中の様子が面白いかも?!

417tereku

417tereku3

417tereku1

417tereku4

417tereku5

|

« ツボ・・ | トップページ | 半年・・ »

ラッコのクーちゃん回想記」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

海と川に出現した海王の使いと言えばラッコのクーちゃんしかいません。明士さんの写真は波紋の形の他にクーちゃんのすっとぼけた表情が溜まりませんね。我が家のラブも時たま何を考えているか分からない表情をして楽しませてくれています。(笑)週末の連休撮影計画に備えて準備をしながら昨日は休養していました。

鉄道撮影小話その4
海と列車が撮影出来るポイントと言えば音別の海岸線。本当に昨年の夏までは早朝走る寝台特急「まりも」を狙いに毎週通いましたがご存知の様にここは海霧が発生する場所。小高い丘に上がり朝日を期待しながら音別駅を発車するのをひたすら待つ間、聞こえてくる海からのささやき。この音を聞いているだけで心が安らぎました。やはり海は全ての生き物の母なる子守唄なのではないでしょうか。通過5分前。釧路方面の雲の中から待望の朝日が昇り全ての苦労が報われました。手ごたえを感じながら太陽さんと海に「今日もありがとう」と声を掛けながら(笑)釧路に向かう私でした。

投稿: 小さな鉄道博物館 | 2009年11月16日 (月) 12時32分

小さな鉄道博物館さま、ありがとうございます。
海王クーちゃん、本当に時々、面白い表情や仕種をしていたのがたまらなかったですね!
4枚目の写真は、今回、初めて気が付いて笑ってツボを刺激してしまいました。
クーちゃん写真は生命力を高めるかもしれません。
やはりラブちゃんの仕種もそうですか・・
そこが動物を飼うことの魅力でしょうかね~?!

知る人ぞ知る有名な音別ポイントですね・・
行ったことはありませんが晩秋だったかの霧と朝日の組み合わせが面白いと聞いたことがあります。
海からのささやきで心を洗い清め、太陽さんと海の神様に感謝の言葉をかけるとは素晴らしいですね!
天がいつも見方をしてくれる訳がまた一つ分かりました。

来週の連休の撮影計画もまた新たな伝説を作ることになるのでしょうね~!

投稿: 明士 立 | 2009年11月16日 (月) 13時23分

こんにちは。

海に行くと、心地良くなりますよね。昔、海にいた記憶が残っていて懐かしさを感じるのでしょうか。揺らぎのリズムは、子供を寝かしつける時に無意識に行っていたことを思い出しました。人は、自然界の一部だとつくづく感じます。

4枚目のクーちゃん、短い手と表情がとても可愛く、笑えちゃいます。5枚目のクーちゃんですが、水中の足元に見えるのは、カニでしょうか?手も足も器用に使っていたのですね。どのクーちゃんにも癒されますね。野生のラッコなのに、無防備で愛嬌があって、人の顔を認識して遊んでもらったりするクーちゃんは、多くの人に大切なものを残してくれたと、再認識しました。

投稿: はたの | 2009年11月16日 (月) 14時50分

はたのさま、ありがとうございます。
海にいた記憶ですか・・
ロマンチックな素敵な表現の記憶ですね!
子供を寝かしつける時といえば・・
胎内にいるときは海洋深層水と同じような水の中に同じようなリズムでいるといっていましたので本当に自然界の一部であることを感じます。

4枚目の頭を掻いて?いるクーちゃんの写真は見つけた時は笑ってしまいました。
5枚目の水中で手に持っているのは大きな貝を半分食べたものだと思います。
何気にカメラ目線のようにも見えます。
よく見るとカメラ目線の写真が多いので毎日のように会っていたので気を使ってくれていたのかも知れません!
ということにしておいてやってくださ~い!

投稿: 明士 立 | 2009年11月16日 (月) 16時25分

明士さん、みなさま、こんばんは。お疲れさまです。
週末は携帯の電波も届かないくらいの田舎に行ってのんびりしてきました。書き込みできなくてごめんなさい。

クーちゃん、やはりかわいいですね
水族館にいるラッコたちならわかる気もしますが、野生のラッコであれだけ私たち人間に近付いてきてくれたというのは、やはり明士さん、小さな鉄道博物館さん、はたのさんほかクーちゃんに会いに行かれた皆さんが、愛情を持って接した結果なのでしょうね。
そうでなければ、あれだけ長く釧路にはいなかったことでしょうね。
そして今でもこれだけ多くのみなさんがクーちゃんを応援している事って、素晴らしいですよね。
私も東京から応援したいと思っています。

ところで明士さん、クーちゃん写真の隠し玉、まだまだお持ちのようですね
これからも楽しみにしています。

ではまたうかがいます。おやすみなさい。

投稿: 東京のクーちゃんファンです | 2009年11月16日 (月) 23時08分

東京のクーちゃんファンさま、ありがとうございます。
電波の届かない田舎でリフレッシュとは素敵な休日ですね。
書き込みのことありがとうございます。
時々、書いて頂けるだけでも大変嬉しいのでお気づかい恐縮です。

やはり、というか、ついついクーちゃんの写真を見てしまいます。
見るたびに今だに可愛さを感じてしまうから本当に不思議な魅力があったのですね~!
自分は別としても、他の常連の方々の顔は間違いなく覚えていたように思いました。
おっしゃるように皆さまの愛情が伝わって長くいたのだと思います!

写真、時々、確認して見ると自分の知らない写真が出てきたりするので我ながら“熱心だったなー!”と苦笑してしまいます。

投稿: 明士 立 | 2009年11月17日 (火) 08時24分

おはようございます。

明士さんの写真、カメラ目線が多いのは、明士さんの静かなクーちゃんに寄せる優しい想いを日々感じていたからだと思います。きっとクーちゃんは、明士さんが会いに来てくれる事を待ちわびていたので、お顔を確認して、「来てくれてありがとう」と目線を送っていたのですね。心が通じているからだと思いました。


東京のクーちゃんファンさん、田舎で素敵
な時間を過されて、心も身体もリフレッシュされたのがコメントから伝わってきて、私も元気を貰いました。今日は、私の母の用事を頼まれたのでこれから実家に行ってきます。

投稿: はたの | 2009年11月17日 (火) 09時21分

はたのさま、おはようございます。
いや~、お誉めのありがたいお言葉ありがとうございます。
そう言っていただけると凄ご~く嬉しいの一言です。
もうまるっきり勘違いの自慢ですが・・
3日連続で行った瞬間に目の前に出没してくれた時がありました。

投稿: 明士 立 | 2009年11月17日 (火) 09時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 揺らぎ・・:

« ツボ・・ | トップページ | 半年・・ »