« 念を・・ | トップページ | 呼び込み力・・ »

2009年11月27日 (金)

ちょっと違う?・・

昨日、ある本を借りようと図書館に行ったのですが・・

館内で超熱心なクーちゃんウオッチャーさんを見かけました。

声を掛けるのが常識人ですが・・

非常識人の自分は、急いでいたこともあり・・・

見なかったことにして通り過ぎようとすると・・・・アチャー・・・・・

その邪悪な気を感じたようで見つかって?しまいました。

しかし、その方の第一声が、なんと・・

“ガイドステーションで本を見たよ”とのありがたいお言葉でした。

実は、幣舞ガイドステーションに「滞在記」を届けに行った時に・・

MOOに寄ったのですが、その時に、その方と会ったので・・・

“作った本を置いてもらったので今度見てください”・・・・

と話のついでにしていたのです。

そのお言葉に急いではいましたが、ついつい嬉しくなり・・

短い時間でしたがクーちゃん談義などをしてしまいました。

そのお話の中で、滞在記にあるクーちゃんが来た翌日の・・

2月12日の写真のことで面白い?ご意見を伺いました。

2月12日の午前中に港の方に泳いで行って消えたので・・

誰もが海に帰ったと思った時がありました。

その海の方に行った時の写真を載せているのですが・・

その方がおっしゃるには・・・

“あの場面を見た人は、ちょっと違うんだよね~”とのこと・・・・

ほとんど毎日観察されていた方なので・・・・・

その中でも貴重な場面の一つだったのでしょう。

ですから、その時にあの場にいた人たちは・・

他のファンさんたちよりも更にラッキーだったので・・・

そこにいて良かったね!ということなのだと思います。

でも、“ちょっと違う”といわれると・・な~んか、自分も・・・

別格?なラッキーファンだったと思えてくるから不思議です。

それにしてもクーちゃん縁って奴も本当に不思議ですね~!

ということで今回は、その2月12日の写真を使いました。

この日は透き通った釧路川が凄く綺麗でした。

ただ、動きものに慣れていなかったのでほとんどの写真が・・

ピントが甘いのが残念です。

って、結局、最後まで慣れませんでしたが・・・

212tuiku2

212tuiku3

212tuiku4

212tuiku1

212tuiku5

|

« 念を・・ | トップページ | 呼び込み力・・ »

ラッコのクーちゃん回想記」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

超熱心なクーちゃんウォッチャーさんは、クーちゃんの事をよく知ってらっしゃいましたよね。クーちゃんが嫌な思いをしたこと。何を食べているのか。どこを寝ぐらにしているのか。手を振ってバイバイしていたから、そろそろ帰るみたいだ。などなど教えてもらいました。特別な日にタイミングよくクーちゃんに会えて、明士さんは、その時から何かクーちゃんをとうして使命を与えられたと思います。

透き通った釧路川にクーちゃん、懐かしいですね。何故釧路に来たのでしょうね。タヌーさんがおっしゃるように「クーちゃんが釧路を選んで来た。」のなら何を伝えたかったのでしょうね。小さな冒険家クーちゃんは、今頃釧路に帰って来る計画をしているかもしれませんね。

投稿: はたの | 2009年11月27日 (金) 13時24分

素晴らしいショットですね。
2月の釧路川、「キレイだ!」と改めて感じました。

私は昨日、鶴居の「く~~ちゃん」撮りに出かけました。^^;
それから、エゾフクロウの「ふ~ちゃん」にも逢いました。

投稿: going-kyo | 2009年11月27日 (金) 14時30分

はたのさま、ありがとうございます。
本当に熱心なクーちゃんウオッチャーの皆さんの情報には感心したり参考にさせてもらたっりしてありがたかったですね~。
そういえば、姿を消す時は、伸びあがって周りを見てから潜るとかバイバイすると言う話を聞いていました。 

特別な日ですか・・
確かに2月12日は今考えるとおっしゃる通りに特別な日と言っても過言ではないように思えてきました。

透き通った釧路川の綺麗なこの日に写真を撮っておいて良かったと後になるほど思ってきました。
クーちゃんもなんとなく表情があどけなくも感じますし・・
やはり、クーちゃんが釧路川に来たのは、いろいろな幣舞橋周辺の節目の年だから盛り上げてあげようとのラッコカムイのお導きだと確信しています。
当然、来年の市民登録一周年にはサプライズを考えていることでしょう!

投稿: 明士 立 | 2009年11月27日 (金) 16時30分

going-kyoさま、ありがとうございます。
going-kyoさまに誉めていただけるとは大変恐縮です。
でも、2月の釧路川がこんなに綺麗だなんてクーちゃんのお陰で初めて知りました。

鶴居の「く~~ちゃん」といえば、サンクチュアリですか?
黄金の吐息が綺麗に輝き舞い上がる季節ですね~!
久しぶりに行ってみたいな~・・
でも、「く~~ちゃん」撮影隊の大砲が並ぶところでは自分のカメラでは恥ずかしいというよりも追い出されてしまいますし・・(笑)
「ふ~ちゃん」ですか・・いいですね~・・・
自分は一度しか見たことがありませんです。
それにしても「く~~ちゃん」に「ふ~ちゃん」・・やっぱり釧路地方は素晴らしいですね!

投稿: 明士 立 | 2009年11月27日 (金) 16時45分

おはようございます。

昨日も広尾に仕事で行きまた楽古橋を渡ってしまいました。(笑)そして帰ると明士さんのブログにクーちゃんの姿が見えとても嬉しかったです。

クーちゃんが11日に現れてすぐに釧路に行けませんでしたが、とても綺麗な釧路川だったのですね。きっとクーちゃんは川と釧路市民を見て、ここに決めようとのんびりと考えてる、あどけなさがたまりませんんね。先日の現像が上がりましたので今日はレポート運休です。(笑)

投稿: 小さな鉄道博物館 | 2009年11月28日 (土) 07時09分

小さな鉄道博物館さま、ありがとうございます。
いつものように、楽古橋に呼ばれたのですか?!(笑)
クーちゃんの写真を突然使いたくなったのは小さな鉄道博物館さまの恐るべきパワーに影響を受けていたからでしたか・・
納得しました!

クーちゃんが長くいたのは来た時の川が綺麗で好印象を持ったのも一つの原因だったかも?と自分も思いました。

現像の上がりですかー!
それは写真家にとっては一番の楽しみのときですね!!
きっと傑作がたくさんあって更に充実感が増したことでしょう!

投稿: 明士 立 | 2009年11月28日 (土) 14時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと違う?・・:

« 念を・・ | トップページ | 呼び込み力・・ »