« 交換・・ | トップページ | ツボ・・ »

2009年11月12日 (木)

炭鉱(ヤマ)の見学会・・

8日の日曜日に釧路市立博物館主催の・・

バス見学会「炭鉱(ヤマ)のくらしをたずねて」・・・

というのに参加しました。

定員40人のところに70人ほどの応募があったらしく・・

自分は当初、落選して補欠でしたが・・・

前日にキャンセルがあったようで参加することができました。

さすが、釧路は炭鉱関連の講座は人気があるようですな~!

コースは、太平洋炭鉱(春採炭田)の発祥の地からはじまり・・

太平洋炭鉱関連由来の地、更に釧路町の旧深山炭鉱を巡り・・・

最後は同じく釧路町の別保坑を探索するものでした。

春採炭田発祥の地などは・・

普段、よく通るところの直ぐ近くで驚きました。

そして釧路近郊にもたくさんの坑道があり・・

いろいろなところで採掘されていたことにも更に驚きました。

今回、講師をされていたのは太平洋炭鉱のOBの方々でした。

釧路地方の炭鉱の跡が段々と分からなくなっていくこともあり・・

歴史の証人、財産として・・・

これからも探索を続けて記録に残していきたいのだそうです。

皆さん、ご高齢?なのにそのエネルギッシュな姿と情熱には・・

頭がさがり感動させていただき有意義な一日になりました。

旧太平洋炭鉱(現 釧路コールマイン)にて・・
ここから海底の採炭場に行くそうです。

1108tannko4

別保坑の選炭工場跡らしいです。
1108tannko3

この小川の先に坑道入口があるそうです。
小川は、ちょっと癖のある?臭いがしていました。

1108tannko2

熱心な参加者の皆さん。
1108tannko1

|

« 交換・・ | トップページ | ツボ・・ »

道東の歴史」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

いつも地元のイベントや見学会に積極的に参加する明士さんにはいつも頭の下がる思いです。やはり地元に何があるかを体験する事は本やネットで調べるより遥かに身に付く物が多いと思います。特に一枚目の構内にあるヘロヘロレール?と木製電柱は溜まりませんね。すでに四半世紀に渡り見ていますが未だに配線が複雑すぎて分かりません。(笑)

昨夜、修学旅行に行っていた娘が無事に帰ってきました。(これで安心して眠れます・笑)私のお土産は新幹線500系のチョロQでした。でも購入してくれたのが本人ではなく担任の先生。先生も大の鉄道ファンなので新幹線乗車時は生徒より鉄道写真を撮影していたとか。(気持ち良く分かります・笑)チョロQは先日、私が撮影した車内限定に飾られたポスターを差し上げたお礼との事で、早速先日いただいた鉄道グッズと一緒に飾りました。

鉄道撮影小話その2
決して私は皆さんの言うような特別な人間?ではありませんが、思い当たるフシがあります。(笑)釧路の冬と言えば全国的に有名なSL冬の湿原号。今年もクーちゃん出現前までは精力的に撮影していました。ところが何故か私の青い車が止まっていると後から人が集まるのです。(笑)来た人に話を聞くと都市伝説?ではありませんが私の立つ場所では爆煙と晴れの期待が高まるとの事でした。(笑)「ほんまかいな」と思いながらこの日は更に前日降った雪のおかげでSLによるラッセル状態。撮影後、皆さんで手ごたえ有りの大笑いしてしまいました。さて来年はいかに。

投稿: 小さな鉄道博物館 | 2009年11月12日 (木) 12時35分

小さな鉄道博物館さま、ありがとうございます。
積極的などとは・・お恥ずかしいです。
たまたまがほどんどでして・・・
でも、おっしゃる通りに、やはり実際に聞くお話は違うな~!と思いました。
やはり一番上の写真が気になっていただけましたか?!(笑)

娘さん無事でなによりでした!
お土産が新幹線のチョロQでそれも担任の先生からのお礼というのも、もちろん良い意味で常識を超えていますね!(笑)
娘さんの担任の先生まで選んでしまうとは・・
やはり我々常人とは使う駅と列車が違うようです。(笑)

いえいえ、やはり特別の人間(人間じゃないのかも・笑)です。
やはり、姿を見かけると皆さん、な~んか良いことが起こりそうな予感がして惹きつけられてしまうのだと思います。
来年のSL撮影の一番の成功の近道は青い車を発見することだと分かりました。
というか鉄っちゃん界の間では、知る人ぞ知る伝説になっているのですね!
きっと来年も釧網本線のどこかで大きな笑い声が響いている日が多いことでしょう!

投稿: 明士 立 | 2009年11月12日 (木) 13時20分

明士さん、みなさまこんばんは。

まずは。。明士さん、さすがです。「名士」に気がつかれるとは。。
「明士」さんを単語登録していたのですが、なぜかWINDOWS updateされたあと、お名前が変換されなくなってしまったんです。
そこで、一番最初に変換された単語の「名士」をこっそり使用してみました(笑)

以前私が東京の「くー」ちゃんファンですと書いて送信してしまった時も(その時は「クー」ちゃんではないことに、まったく気が付きませんでした)明士さんはお返事に東京の「くー」ちゃんファンさんと書いてくださいました。
よく見ていただいているんですね^^

でも「名士」さんでも良いではないですか。私の中では「明士さん」は「名士さん」ですよ

炭鉱見学会、勉強にもなるし、楽しそうですね。
小さな鉄道博物館さんもおっしゃるとおり、明士さんはいろいろな行事に参加なさって積極的だと思います。
これからも知り得た情報を私たちにも教えてくださいね。

ではまたうかがいます。おやすみなさい。

投稿: 東京のクーちゃんファンです | 2009年11月13日 (金) 00時12分

おはようございます。

炭鉱見学会参加されて、お疲れさまでした
。小さな鉄道博物館さんや東京のクーちゃんファンさんと同じく、積極的に色々な事に参加されて、その場の雰囲気や、臭いなどブログを通じて伝えていただきありがとうございます。太平洋炭鉱が最盛期の時は、人も町も活気がありましたよね。あの頃が懐かしいです。

明士さん、とうとうあの「おねだりヒヨドリ」とおもわれるヒヨドリくんが今朝庭に来ていました。賑やか声と共にすぐ飛び去っていきましたけど、餌が少なくなった頃にまたおねだりするかもしれません。

投稿: はたの | 2009年11月13日 (金) 06時31分

東京のクーちゃんファンさま、ありがとうございます。
「名士」・・こっそりでしたか・・・
自分とは全く無縁の単語を見たので他の人へのコメントと間違えたのではないかと直ぐに思いました。(笑)
「くー」ちゃん気がつきましたか?!
それは大変嬉しいで~す!

いろいろな行事といっても人の役に立つようなことは何も参加していないので今度、クーちゃん関連の行事のときにはできるだけ参加しなくっちゃ!と反省しています。

お疲れの中、ありがとうございました!!

投稿: 明士 立 | 2009年11月13日 (金) 08時35分

はたのさま、ありがとうございます。
いや~、行事といいましても自分が興味のあるものばかりに参加していますので・・
はたのさまや小さな鉄道博物館さまのようにクーちゃんボランティアなどでお手伝いに参加している方々に比べるとお恥ずかしい限りです。

本当に太平洋炭鉱が全盛期のころは活気がありましたよね~!
その雰囲気を思い出していただいて凄く嬉しく思います!

とうとう、おねだりヒヨドリ君、来ちゃいましたか!
一度、来たということは、これからの季節は徐々に来宅数が増えて賑やかな鳴き声が響く日が多くなっていきそうですね!!

投稿: 明士 立 | 2009年11月13日 (金) 08時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 炭鉱(ヤマ)の見学会・・:

« 交換・・ | トップページ | ツボ・・ »