« 夕日の練習・・ | トップページ | 氷情2・・ »

2009年12月25日 (金)

氷情・・

以前、千代ノ浦海岸の奥の崖で、偶然・・

湧水が氷って出来たものと思われる氷柱を見かけました。

ちょうど夕日が氷に当たって綺麗な氷情(表情)だったこともあり・・

何度か写真を撮りに通いました。

先日、そのことを思い出して久しぶりに千代ノ浦に行きました。

氷柱は、あったのですが以前のようにスムーズに撮れません。

その原因は、以前のような写真と被写体に対する・・

情熱や感動が無いからだと直ぐに思いつきました。

そこで昨日、リベンジに行ってきました。

情熱は今一つですが、夕日などの条件がベリーグッド!

満足感に浸って撮った写真を確認してみたら・・

画質を上げないでメモ代わりの画質で撮っていたのです。

相変わらずの自分のドジで間抜けぶりには・・

自分自身で凄ーーーく腹が立ちましたが・・・

これは、神様の“もう一度撮りに行け”という啓示だと・・・

自分を無理やりに納得させたのであります。

千代ノ浦海岸の奥の方の崖で見られます。
ひ弱で不精な自分はコンパクトデジカメを持って行きました。

1224yuuhyo1

離れた所から見るとあまり大きくは感じませんが・・
近くに行くと結構、迫力を感じます。

1224yuuhyo2

一番、大きな氷柱を正面から見てみましょう。
1224yuuhyo3

足元を見ると氷が思ったより厚く感じました。
1224yuuhyo4

さ~て、夕日と氷柱の共演です。
1224yuuhyou5

夕日が氷柱を鮮やかに染めながら沈んで行きました。
1224yuuhyo6

氷をアップで見てみましょう。
夕日の落ちる位置、また風や波があると危険な場所でもあるので・・
天気のいい日の今時期限定の夕日スポットだと思います。

1225yuuhyo7

日没後の港です。左奥の崖に氷柱が見えます。
1224yuuhyo8 

|

« 夕日の練習・・ | トップページ | 氷情2・・ »

夕陽」カテゴリの記事

氷の世界」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

これは素晴らしい氷の芸術ですね。こんな隠れ?スポットがあるのかと何度も見入ってしまいました。しかも夕日との絡みで氷の中に命があふれ出てくる様に見えてしまいます。やはり明士さんは氷にまで命を吹き込む魔術師かもしれません。

無事に大掃除のメドが立ちのんびりとしていますがこれから始まる自宅博物館大掃除が最大の難関でもあり楽しみでもありますね。(笑)いらない紙が出たらウサに食べて貰おうかな。

投稿: 小さな鉄道博物館 | 2009年12月25日 (金) 13時15分

小さな鉄道博物館さま、いつもありがとうございます。
体調の方は如何でしょうか?
以前、流氷がこの港に入って来た時に・・
この氷柱のある崖の真上から流氷と石炭列車と阿寒岳の組み合わせで撮ろうと思って行ったことがあるのですが、流氷が出て行ったあとでした。
氷の中に命があふれ出るという表現は素晴らしいですね!
フォト五七五ネーム“氷里”としては、その表現が凄く気にいっちゃいました。

小さな博物館内の大掃除ですか・・
確かに大変そうですがお宝を発見したりして中々、はかどらないようにも感じます。(笑)
エッ!紙を食べるのですか?!

投稿: 明士 立 | 2009年12月25日 (金) 13時38分

おはようございます。

中学の頃に行った記憶があります。暖かい時に行ったので湧き水が流れていたのを憶えています。バスケ部だったので、この砂浜で走ったり、ウサギ跳びなどさせられました。背も低く、センスの無い私は、駄目な部員でしたが今では良い思いでです。

氷柱が、夕日に染められて私も命が中からあふれ出る感じがします。潮の香りと波の音を聴きながら、美しい海に沈む夕日に感動です。ありがとうございました。

小さな鉄道博物館さん、体調の方は、如何ですか。蒸気機関車の様なあなたは、風邪など吹き飛ばしてください。ラブちゃん、紙食べちゃうのですか?

投稿: はたの | 2009年12月26日 (土) 06時17分

はたのさま、いつもありがとうございます。
バスケ部ですか・・中学生のころ学年でも女子を合わせて1位2位を争う背の小さかった自分には無縁の憧れのスポーツでした。
この砂浜を走ったということは今は統合された丘の上の中学校でしょうか?
子供のころ千代ノ浦はほとんど砂浜だったように思いますがずいぶん変っちゃいましたね~!

写真への温かいお言葉いつもありがとうございます。
写真からその場の情景を感じていただいて凄く嬉しいです!

投稿: 明士 立 | 2009年12月26日 (土) 12時01分

おはようございます。

お蔭様で風邪も大分良くなりました。博物館大掃除も楽しみながら順調に進んでいてお宝発見もあって実に面白いです。(笑)

さてウサの紙を食べる話ですが事務所のウサと同じく紙が大好きです。(笑)コピー用紙や特に新聞紙、ときには私の鉄道雑誌などを喜んで食べてしまいます。思わずヤギの生まれ変わりかと錯覚するほどで、やはり草食系なのですね。(笑)そばにキャベツがあっても口直し?にパリパリ食べるラブでした。

投稿: 小さな鉄道博物館 | 2009年12月28日 (月) 07時46分

小さな鉄道博物館さま、ありがとうございます。
年末年始にかけて体調復活おめでとうございます!
やはり大掃除でお宝を発見してしまいましたか・・(笑)

ウサちゃん、紙を食べるのですか?!
おまけに鉄道雑誌まで食べるとは元気に動き回るはずです。
でっきり、ウサという名前のヤギも飼っているのかと思いました。(笑)
でも、紙も元々は植物ですから納得できるような気もしました。

投稿: 明士 立 | 2009年12月28日 (月) 08時33分

こんな光景が見られる場所があったとは
外国みたいです
素晴らしい夕景をありがとうございました。
しかも気をつけながらも近くまで行ける
んですね

投稿: mamitan | 2009年12月28日 (月) 09時18分

mamitanさま、ありがとうございます。
意外と離れた所から見ると大したことはないように感じてしまいますが近づいて見ると少し感動すると思いま~す。
釧路の冬の風景として是非!
でも、近くまで行くのであれば滑らない長靴のようなものがお勧めです。
あとは頭上からの小さな落石に注意が必要と思います。

投稿: 明士 立 | 2009年12月28日 (月) 09時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 氷情・・:

« 夕日の練習・・ | トップページ | 氷情2・・ »