« 茅沼にて・・ | トップページ | 夕炎・・ »

2010年1月13日 (水)

達古武へ・・

一昨日、茅沼に行った帰り道に達古武湖に寄ってみました。

途中、運転中に道路脇に写真を撮りたくなるような・・

オオワシや立派な角のあるエゾシカを見かけたのですが・・・

冬道は除雪の雪などで少し狭くなっていることもあり・・・・

路上駐車は他の車の迷惑になるので素通りしました。

湿原の三大湖の中でのワカサギ釣り糖路湖が有名ですが・・

シラルトロ湖や達古武湖でも糖路湖ほどではありませんが・・・

釣り人がいるようでした。

達古武といえば・・

キャンプ場から遊歩道があり以前は何度も通いました。

特に福寿草の群生の見られる春と紅葉の輝く秋頃には・・

小鳥の鳴き声の響き渡る遊歩道を歩いていると・・・

本当に癒されました。

目的地の夢ヶ丘展望台の手前は・・

急な登り坂が300mほど続くのですが、そこから見る景色は・・・

疲れも忘れさせてくれるほど素晴らしい風景が広がります。

そして、これからの季節は・・

釧路川と並走するSLの撮れる撮影ポイントの一つにもなります。

達古武湖上です。少なめですが釣り人がいました。
111takori3

釣果を見せてもらいました。
111takori4

足元を見ると足跡の氷ったあとに面白い光景が・
111takori2

冬の足元は面白い光景の宝箱かも?
111takori1 

|

« 茅沼にて・・ | トップページ | 夕炎・・ »

道東の風景」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

達古武、以前家族で遊びに行きました。遊歩道を歩いていると、小鳥や、リスに出遭ったり、何月か忘れましたが水芭蕉の群生がとても綺麗でした。湖を眺めながら対岸まで行くことができたと思うのですが、心地よい風をうけながら歩いた思い出があります。

ワカサギの天ぷらは、とても美味しいのですが、生きたままの調理が苦手で、魚の目が怖いので、必ずシシャモや、ワカサギは、頭をとってから食べる駄目な私です。氷の結晶、色々な模様が、とても面白いですね。私も冬の足もとに目を向けてみようと思います。今日、明士さんの丹頂と鷲の睨み合いの写真を偶然、HPで目にする事ができました。丹頂達の一斉に鷲を睨みつける様子が、緊迫感があり、凄く感動しました。

小さな鉄道博物館さん。今日仕事が休みだったので買い物ついでに釧路駅まで足を運んでみたのですが、よく分かりませんでした。ごめんなさい。

投稿: はたの | 2010年1月13日 (水) 16時03分

はたのさま、ありがとうございます。
達古武、歩かれたことがあるのですか。
そうそう春の水芭蕉の群落も見事でした。
そして何と言っても途中でリスに出合えるのが何よりの楽しみでした。
ただ、湖の対岸の細岡方面に行く遊歩道は現在、無くなってしまったのが残念です。

ワカサギやチカの天ぷらって美味しいですよね~!
でも目が苦手というのは分かるような気も・・

氷の結晶がこんに身近に見れることを最近になって自分も知りました。
お陰で少し冬を楽しめそうです。

いや~、睨み合いの写真ってもしかするとどこかの町のホームページですか?
見つかっちゃいましたか!
結構、研究しながら通って撮った時期の神様からのプレゼントの一枚です。
情熱は通じるものだとこの時に生意気ながら思いました。

投稿: 明士 立 | 2010年1月13日 (水) 16時57分

昨日はレンズのことを詳しく教えていただき
ありがとうございました^^
超音波内蔵のレンズ・・欲しいけど高いですね~
しょうがない。
現行レンズでまた挑戦してみますが今度は連写忘れないで
活用しようと思います^^;

達古武は私も春先が好きです。
やちぼうずもみごとですよね。夏は虫が多くて嫌だなあ^^;
夢ヶ丘展望台、初秋に一度登ったことがありますが
緑が生い茂っていて見晴らしは良くありませんでした。
冬は見晴らしが良いのかもしれませんね。

投稿: mamitan | 2010年1月13日 (水) 17時08分

明士さん、みなさま、こんばんは。今日は少し早い時間の書き込みです。

達古武湖。初めて聞いた湖です。そこで早速最近恒例になった、明士さんの日記に出てくる地名・位置の検索をしてみました。
現在、それらの結果を集めて、「MY釧路裏観光マップ」(笑)という題名で、ブックマークをしています。きっと地元の方々しか知らない素敵な場所の観光マップが出来上がる予定です本当にこれで観光したいと思っています

昨日のタンチョウ・今日の雪の結晶の写真、すごく素敵です。
私は夏にしか釧路にうかがったことがないので、これらの写真を見て冬の釧路に憧れます
が、しかし。釧路の毎日の最低気温を見るだけで、クラクラしています(笑)
日本は細長いんだなぁと感じる毎日です

ではまたうかがいます。放射冷却で寒いようですので、温かくしてお過ごしくださいね。
おやすみなさい。

投稿: 東京のクーちゃんファンです | 2010年1月13日 (水) 23時25分

こんばんは。何度もスミマセン

明士さんの丹頂と鷲の睨み合いの写真、ぜひとも拝見したいです。
もしお差支えがなければ、アドレス等を教えてください。
よろしくお願いします。おやすみなさい。

投稿: 東京のクーちゃんファンです | 2010年1月14日 (木) 01時33分

おはようございます。

昨日は新得方面の挨拶廻りでしたが今年はどこも雪が多く、先日の広尾は背丈以上の積雪でほとんど向こうが見えない状態でした。
この辺りは撮影ポイントが多く三角点や二本松からの俯瞰が人気が有りますが近年は木々が生長し撮影地が狭まれてしまったのが残念ですが人気の高さは変わりません。私も運行初年度から通いワカサギ釣りテントが良いアクセントになっています。

今朝のH新聞朝刊の十勝版にSL冬の湿原号パネル展の様子と私のコメントが出ていました。見ていただいた方々が釧路に訪問してくれれば最高ですね。でも釧路でのPRの少なさが残念です。(クーちゃんの時もそうでしたが)

>はたのさんへ。
早速釧路駅に行っていただきありがとうございます。昨日釧路支社に確認した所、駅前タクシー乗り場前のウインドーに写真が飾られているとの事でした。お手数をかけてすみませんでした。もっとコンコースを利用してほしいですね。(せっかく10周年なのになぜかPRがたりないです)

投稿: 小さな鉄道博物館 | 2010年1月14日 (木) 06時37分

mamitanさま、ありがとうございます。
オジロVSタンチョウは、撮影というよりもスポーツ感覚だと思います。
予想もつかないような早い動きが多いので連写をして“数打ちゃ当たる”じゃないですが運任せが一番かと・・
でも、今シーズン末には、いつの間にか300mmF4SDMを使って傑作をたくさん撮っているかも知れませんね!(笑)

達古武遊歩道は、自分も夏付近は吸血虫やスズメバチがいますし草も高いので苦手です。
初春と晩秋がお勧めポイントかと思います。
ただ、鉄道写真を撮る場所は展望テラスではなく、もう少し先になります。
ここは邪魔ものもなく本当に見晴らしが良いところなのでお勧めです!

投稿: 明士 立 | 2010年1月14日 (木) 08時54分

東京のクーちゃんファンさま、日付を挟んでのコメントありがとうございます。
達古武も探していただいたのですか・・それは嬉しいで~す!
「MY釧路裏観光マップ」とは面白いですね。
逆に地元の人よりも素晴らしいマップが出来そうに思います。

冬の釧路は寒いですけど観光には最高の季節だと思います。
でもでも、明日辺りから最低気温が-15℃前後の日が続きそうなので、ちょっと憂鬱で~す。

東京の方も雪が降ったりして大変なことと思います。
“足元に充分お気を付けください!”
って言うのも変ですね!(笑)

例の写真ですか・・
実は、東京のクーちゃんファンさまもよく見ていたと思いますが「クーちゃん観察日記」のトップページに出ているあるところを開くと直ぐに見ることができます。
ただ、あまり期待しないようにお願いします。

投稿: 明士 立 | 2010年1月14日 (木) 09時13分

小さな鉄道博物館さま、ありがとうございます。
新得方面でのお仕事お疲れ様です。
昼食は、もちろん??愛妻弁当+新得ソバでしょうか?(笑)
大雪の時に襟裳だったかで車が突然何台も雪に埋まりドライバーさん達が避難したというニュースがありましたが近隣の広尾も凄かったのですね。

二本松といえば雪の降った後の日に人気があると聞いたことがあります。
夏にしか行ったことは無いのですが確かに木が邪魔かも?と思いました。
確か・・撮影のために無断で伐採があったというニュースを何年も前に聞いたような・・?
三角点、良いポイントですが狭いので競争率が激しいので運行終了間際に2~3度ですが行ったことがありました。
雪が融けてあまり綺麗な景色ではなかったですがおっしゃる通りにワカサギ釣りのテントがアクセントになりました。
途中、鹿のフンが難敵ですが・・(笑)
その下に出来たサルルン展望台では角度的に今一つに思いますが、どうなのでしょうか?

今朝のH新聞に掲載ですか・・
もちろん、小さな鉄道博物館さまのオーラパワーで十勝の人の心に響いて乗りたくなった人が増えたと思います。
でも、本当に釧路でのPR少ないですよね~。
新聞などでも今のところあまり見ないので“今年も走るの?”って思っている市民も少なくないと思います。
一つの区切りの10周年ですからもっともっと力を入れてほしいと自分も思います。

投稿: 明士 立 | 2010年1月14日 (木) 09時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 達古武へ・・:

« 茅沼にて・・ | トップページ | 夕炎・・ »