« 降雪・・ | トップページ | 達古武へ・・ »

2010年1月12日 (火)

茅沼にて・・

昨日、久しぶりに御神渡りを拝もうと思い・・

糖路湖に向かいました。car

しかし、残念ながら予想した風景では無かったので・・

茅沼駅タンチョウを見に行くことにしました。eye

生タンチョウを間近で見るのは2年ぶり以上になります。catface

茅沼駅は“タンチョウが来る駅”ということで有名ですが・・

他の冬の給餌場と違ってタンチョウの数が少ないのが・・・

逆に情緒を感じるように思いました。confident

もう時期、SL冬の湿原号」が運行しますが・・

SLとタンチョウが同時に見られるのが楽しみです。delicious

昨日は、7羽のタンチョウが駅前の広場にいました。
111kayatan2

間近で丹頂の丹色をハッキリと見ることができました。
111kayata6

仕草を見ているだけでも面白いです。
111kayata8

影の形が面白かったので・・
111kayata9

番でしょうか?タンチョウの鳴き声もいいですね~!
111kayata7

10分後に列車が来そうだったので待って撮りました。
もう直ぐSLが走るのが楽しみです。

111kayata5

川湯温泉に向かって軽快に走って行きました。
鏡にタンチョウが写っているのですが小さすぎました。happy02

111kayatan4

列車が通過した後に線路の上で遊び始めました。
111kayata10

“早くSLが来ないかな~!”と・・
線路の向こうを見ながら思っているのでしょうか?think

111kayata11

線路を渡るのに安全確認しただけだったのかも?!bleah
111kayata12

|

« 降雪・・ | トップページ | 達古武へ・・ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

明士さんも丹頂撮られたんですね~
もうすぐSLが楽しみです。
御神渡りは雪が積もってしまったので
今年は残念でしたね。
明士さんのHPの丹頂とオジロの写真を
見てツルセンターに行ってきましたが
皆のレンズに圧倒されて端っこで撮ってました^^;
明士さんは丹頂を撮るときどのような
レンズを用いるんですか?
よかったらお聞かせください。

投稿: mamitan | 2010年1月12日 (火) 13時15分

mamitanさま、ありがとうございます。
久しぶりにタンチョウを見ました。delicious
やはり、綺麗ですね!shine

ツルセンターに行くと端っこに行きたくなる気持ち凄く分かります。(笑)
オジロVSタンチョウは随分、研究しました。
当初、マニュアルフォーカスで撮っていたのですが、あの予想のつかない動きでは自分の腕では無理なのでオートフォーカスで撮ることにしました。catface

当時、キャノンのEOS10Dというオートフォーカスもまだ頼りない時代のカメラだったのですが・・
組み合わせるレンズによっては、動態予測機能(AIサーボ)が凄く役に立つことが分かりました。good
当時、シグマの100~300mmF4というレンズを持っていたのですが300mmの割には大きかったので普段使っていませんでした。
ところがこのレンズが凄かったのです。
実は、このレンズは超音波モーター?のHSMが入っていて(キャノンで言うUSM)開放F値が少し明るいことと相まってピントを追い続けてくれました。confident

今は全て手放してしまったので動きもののタンチョウ撮影から足を洗いました。happy02

ということもありまして・・
正直、タンチョウ撮影は機材が一番、運が二番、三番目が腕だと思いました。coldsweats01

でも、mamitanさまのカメラは動きものに使わないともったいないくらいに連写性能や動態予測オートフォーカスも優れていると思いますので組み合わせるレンズ次第では素晴らしいシーンが撮れると思います。happy01

でもでも、超音波内蔵のレンズって高いのがチョット・・ですよね~・・・wobblysweat01

投稿: 明士 立 | 2010年1月12日 (火) 14時10分

こんにちは。

丹頂鶴は、何時見ても綺麗ですね。間近で紅い頭を見たことがないですし、列車と丹頂、線路で遊ぶ丹頂、線路の向こうを見つめる丹頂、私には、とても珍しい光景です。SLと丹頂に今後期待します。鉄道といえば、小さな鉄道博物館さんですよね。小さな鉄道博物館さんのコメントを読むうちに列車が、鉄の乗り物ではなく、人や物を安全に運んでくれる誇り高き戦士の様に思え、好きになってきました。不思議です。

明士さん、運転に気をつけて、素敵な写真、またよろしくお願いします。

投稿: はたの | 2010年1月12日 (火) 15時45分

はたのさま、ありがとうございます。
久しぶりにタンチョウを見て“アッ!タンチョウ!!”と思わず言ってしまいました。coldsweats01
道外から来た人が見て感動するのが分かります。confident
でも、何故か?人に見えてしまうから不思議です。catface

ここ茅沼は小さな鉄道博物館さまのホームグランドでもあるので流石に何か?オーラのようなパワーを感じました。wink
“誇り高き戦士”という言葉を呼んで小さな鉄道博物館さまも喜ばれることと思います。happy01

運転のご心配ありがとうございます。shine
危なさそうな日は出かけないようにしていますが撮影に出かける時はお言葉を心に置いて運転しようと思います。delicious

投稿: 明士 立 | 2010年1月12日 (火) 16時46分

こんばんは。

先ほど挨拶廻りの広尾から帰宅しブログを拝見したところ、すぐに茅沼が目に飛び込み鉄道魂に火が付いてしまいました。(笑)丁度10年前SL冬の湿原号運転が開始され最初に構想?を立てたのがこの茅沼でした。日本で唯一丹頂鶴が飛来する駅とは知っていましたが正直冬に撮影するのは初めてで現場に立って困ってしまいました。(笑)いったい丹頂鶴がどの様な動きをするか分からず、抜き足差し足でまるで泥棒さんの様に近づきカメラを向けたのが今でも思い出し笑ってしまいました。すぐに虜になってしまい、地元としては誰にも負けたくない写真を撮影したいと思い生態を研究しながら10年間で100回、茅沼に通いました。(笑)おかげで信じられない光景に何度も出会う事が出来ました。また今年も挑戦したいと考えています。

先日から帯広駅コンコースでSL冬の湿原号運転開始10周年記念パネル展が開始され15枚の内6枚が私の写真が使われていますが、その内の一枚がサイドから湿原号発車と同時に飛び立つ丹頂鶴3羽の写真が採用されています。今日北海〇新聞社から電話取材を受けましたので地元掲載面に近じか出る予定です。またもしかすると釧路駅でも行われているみたいなので、もしお時間があれば釧路駅も見ていただければ幸いです。

>はたのさんへ。
コメントありがとうございます。「誇り高き戦士」素晴らしい表現で、とても気に入りました。それに恥じない鉄道写真をこれからも撮影して行きたいと思います。23日からの湿原号運転がとても楽しみです。

投稿: 小さな鉄道博物館 | 2010年1月12日 (火) 19時33分

小さな鉄道博物館さま、広尾まわりでお疲れの中ありがとうございます。
やはり、茅沼は小さな鉄道博物館さまにとって聖地の一つでしたか!confident
それにしても100回も十勝から通われて研究されたとは凄いですね。年間10回以上のペースですから驚きです。coldsweats01
その熱意を神様が見過ごすわけがありません。shine
信じられない光景に出合った訳が凄くよく分かりました。delicious

帯広駅での写真展ですか・・
それは、もう小さな鉄道博物館さまの写真が使われるのは当然だと思います。
更にH新聞の取材とは、「SL冬の湿原号=小さな鉄道博物館さま」という宇宙の法則が出来上がっているのだと思います。
happy01
素晴らしいですね!delicious

釧路駅ですか・・
今度、北大通方面に行ったときに足を延ばして宇宙の法則を堪能してきます!smile

投稿: 明士 立 | 2010年1月13日 (水) 08時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/410782/32955829

この記事へのトラックバック一覧です: 茅沼にて・・:

« 降雪・・ | トップページ | 達古武へ・・ »