« 夕柱・・ | トップページ | 馬&SL・・ »

2010年1月22日 (金)

雪あかり・・

昨日、明治41年1月21日に石川啄木が来釧したのを・・ 

記念したイベント「啄木・雪あかりの町・くしろ」が・・・

港文館前と啄木ゆめ公園にて開催されました。flair

その啄木、クーちゃんより短い76日間の釧路滞在中の素行は・・

借金にスキャンダルなど悪行三昧の印象が強いとか?!bearing

しかし、最近、話題の坂本龍馬もそうですが・・

若くして亡くなり後世に名を残すような人たちの業績は・・・

死ぬ間際の数年間に凝縮されています。gawk

おそらく、そのような人たちは天から世の中に影響力のある・・

仕事を任された人たちで普通の人たちとは時間の流れが・・・

全く違うのだと思います。think

啄木の釧路での悪行?の数々は・・

普通の人たちが一生で行う悪行が釧路にいた時に・・・

凝縮して出たものだとも考えられます。think

う~ん、啄木にとっての釧路の地は・・

魂を浄化するために必然的に来た地だったのかも・・・

知れませんな~?!thinkshine

釧路って、タンチョウが大正時代まで唯一残っていたり・・

野生のラッコが来て人前で平然と泳いでいたりと・・・

魂や心を浄化するような秘められたパワーのある・・・

土地なのかも知れませんね?!happy01

港文館前に作られた雪あかりの小道です。
121yuki106

自分が行った時は、人が少なめでした。
121yuki107

前日の暖かさで氷のキャンドルが全滅してしまったので・・
急遽、雪のキャンドルを作ったそうです。
“雪あかり”ですから光が柔らかく見えて雰囲気があって・・
これはこれで凄く良かったと思いました。
写真は、雪のキャンドルの灯りでは無いかも?

121yuki10

港文館前の啄木像がライトアップされていました。
暗い中で啄木像に当たるライトが強いので写真を撮るのが難しく・・
昨年は像が白く飛んで失敗してしまいました。
今年は背景が暗くなるのを覚悟して大胆に露出補正しました。

121yuki103

ここでの記念撮影用に啄木のかけているようなマントを用意して・・
観光客さんなどに貸し出してみたら記念になって喜ぶのでは?・・・
と思いました。

121yuki105

港文館の裏側にも行ってみました。
右側の灯塔は津波スクリーンの“クータン”のものです。

121yuki1011

写真で見るとおりに道路がツルツルで歩くのが大変なので・・
少し離れたところにある啄木ゆめ公園に行くのはやめました。happy02

121yuki109

|

« 夕柱・・ | トップページ | 馬&SL・・ »

米町・啄木・港文館」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

本当に釧路は不思議な魅力ある街ですね。音更から車で2時間で行ける距離なのに環境・食べ物・鉄道(笑)と異国の土地に感じます。それで1985年から四半世紀通い続けるとは夢にも思いませんでした。

やはり釧路駅前に展示されていた夕日フォトコン写真は明士さんでしたのですね。(名前と年齢でピンときました)ショーウンドゥに立った瞬間。稲妻が走りました。(笑)正しくこれこそが釧路の世界3大夕日となる作品でした。「幣舞橋サンセット」の様な明士オーラが出ていて、しばし自分の湿原号写真を忘れてしまうほどの作品で、この様な形でコラボになるとは本当に嬉しいの一言です。3月7日までの展示予定なので、ぜひ皆さんに見てもらいたいですね。明日からいよいよ泊り込みで釧路にうかがいますので、またよろしくお願いします。

投稿: 小さな鉄道博物館 | 2010年1月22日 (金) 12時14分

小さな鉄道博物館さま、ありがとうございます。
釧路地方と十勝地方は隣り同士なのに自分も異国というか別な県のように感じます。catface
開拓時代からの文化や産業の違いは分かりますが鉄道の違いまで感じるとは流石です。(笑)
今年は通勤?四半世紀記念でもあり素晴らしいロケーションのサプライズがたくさんあると思います。happy01shine

夕日の写真に多大のありがたいお褒めのお言葉恐縮です。coldsweats01
空港の手荷物検査ターミナルにポスターになって貼ってあるのは新聞で見て知っていましたが釧路駅に自分の作品も展示してあるのは知りませんでした。happy02
それも小さな鉄道博物館さまの名作の数々と同じところに展示してあるのですから光栄の一言です!delicious
これは早く見に行って記念にSLの名作と共に写真を撮らなければ!です。wink

明日から泊まり込みでの撮影ですか・・素晴らしい情熱で自分もやる気が出てきました!confident
もし、どこかで会うことがありましたらよろしくお願いいたします!!smile

投稿: 明士 立 | 2010年1月22日 (金) 15時13分

そうそう、昨年は啄木さんの照明が明るすぎてどう頑張っても白飛びしちゃったんです。
今年は大丈夫だったみたいですが、明士さんは丁寧に撮られていますね。
最後の氷の路面と窓の明かりが好きです。
特に窓の明かりは想像がかき立てられて好きです。
私は啄木&小奴を探してみたのですがとうとう遭遇せず終わってしまいました。
回ったついでに大町のなつかし館蔵に寄って大正昭和にタイムスリップしてきました。
うっかりしたのが前々回の記事に書いていらっしゃる灯台のレンズは蔵で保存しているんですよね。
探すの忘れちゃいました^^;

投稿: mamitan | 2010年1月22日 (金) 15時46分

mamitanさま、ありがとうございます。
実は、照明の白飛びのことすっかり忘れていて撮った写真をモニターで見て思い出しました。happy02sweat01
今年は人が少なくて撮りやすかったのですが、寒さと才能不足のためか?いいアングルが考え付かなかったのが残念です。sadsweat01

窓の明りへのお言葉同感です。wink
今度は、これを生かせるように工夫してみたいです。confident
啄木と小奴の役者?さん何時頃までいたのでしょうね~?think
次回は点灯式を見てみたいです。catface

“蔵”開けていたのですか?!
普段は休日しか開いていないはずなので昨日は、やはり特別に開けていたのですね。delicious
そうそう釧路埼灯台の回転レンズは蔵で保存しているようです。
今度行ったら是非、綺麗なレンズにご対面ください!happy01

投稿: 明士 立 | 2010年1月22日 (金) 16時45分

おはようございます。

私は、このイベントに参加した事はありませんが、私の母と一緒に暮らしている妹は、地域で支えようと町内会の一員として、アイスキャンドルを作ったり、来てくれた方達に無料の甘酒を配ったりして居る様です。

魂や心を浄化するようなパワーがある土地かもしれないと、「かくれんぼ」のマスターも同じようなことを話していました。何故か不思議です。

写真、明治時代にタイムスリップした感じがして、美しく素敵ですね。雪あかりが、柔らかく、暖かい感じがして心にも小さなあかりが灯った感じがしました。ありがとうございます。

投稿: はたの | 2010年1月23日 (土) 06時39分

はたのさま、ありがとうございます。
大きなイベントではないようですが寒い中、解説をしている啄木会?の方やボランティアでお手伝いしている方の力によって訪れた方々が楽しめることを毎年、感じます。delicious

さすが、マスターも同じパワーを感じていましたか?!(笑)
でも、マスター元気にやっているんでしょうかね~?thinkshine

写真へのお言葉ありがとうございます。
今年は、いつものアイスキャンドルではなく雪のキャンドルでしたが、それが、はたのさまのおっしゃる通りに心の灯にも見えたように思いました。happy01flair

投稿: 明士 立 | 2010年1月25日 (月) 08時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/410782/33082508

この記事へのトラックバック一覧です: 雪あかり・・:

« 夕柱・・ | トップページ | 馬&SL・・ »