« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月26日 (金)

道氷・・

マッハ・ゴー・ゴー マッハ・ゴー・ゴー マッハ・ゴー・ゴー・ゴ~

知っている人は、ほとんどいないと思いますが・・

40年くらい前のアニメ「マッハGOGOGO」の主題歌で~す。

ということで・・GOGOGO(555)・・・

今回555件目の記事で~す。

一年前は、このような強引な語呂合わせを駆使して連日・・

クーちゃん記事を自己満足で楽しみながら書いていたのですが・・・

このところブログに使えそうなネタの写真が撮れず・・・・。

しか~し、“ネタは自分で作るものじゃ!”ということで・・

今回、歩いている時に見かけた足元の光景を・・・

無理やり作品???へと繋げちゃいました。

歩道を歩いていると足元に小さなツララが見えました。
27mitikoo3

覗いてみると雪が融けて出来た小さなツララが群生していました。
27mitikoo4

アップにして更に暗くして周りの環境や汚れを誤魔化してみました。
どこか地方にでも行って撮ったように見えま・せ・ん・か??

27mitikoo5

更に色温度を低くして冷たさを強調してみました。
って、ちょっと無理があったかも??

27mitikoo6

あ~、ネタがほしいよー!
クーちゃん一週間くらい帰って来てくれないかな~・・・。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年2月25日 (木)

輝きの絵・・

子供の頃から体の弱かった自分は、いろいろな健康法に・・

興味を持つ健康法オタクだった時期がありました。

今は、その反動か?自分の健康に対してズボラですが・・

当時のなごりで時々、書店で健康雑誌を手にとったりします。

先日、「壮快」という月刊誌を書店で何気なく開いてみると・・

綺麗な観音さまの絵の付録が目に入りました。

その輝く美しい絵を見た瞬間に惹きつけられたように・・

中も読まずに買ってしまいました。

帰ってから絵の関連記事を読んでみると・・

陶彩画という有田焼の技法を使って描かれたものらしく・・・

イチロー選手の球団ルームやツキを呼ぶ言葉で有名な・・・・

工学博士の五日市剛さんの工場にも飾ってあるとのこと。

感受性や芸術性などに乏しい自分は、絵を飾りたいとか・・

絵がほしいとあまり思ったことがありませんでしたが・・・

その絵を見ていると・・・・

そのような方々の気持ちが少し分かったような気がしました。

絵や写真って一面だけの世界なのに・・

人の心を揺り動かしたり落ち着かせたりと・・・

大いなる精神世界への扉なのかも?!・・・・

と全く柄にもないことを思ったのであります。

そこで今回の写真は文に関係のある美しい写真を!・・

と行きたかったのですが、自分の腕では永遠に届かぬ世界。

平成22年2月22日に撮った・・

雲の世界に隠れゆくお日様の写真でございま~す。

222sizuta2

222sizuta1_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月24日 (水)

ジョウビタキ・・

現在、スズメの他にシジュウカラ、ハシブトガラ、ヒヨドリ、ツグミ・・

などが毎日のように庭の鳥の餌台にやって来ます。

その他に、アカゲラ、アトリ、シメ、ジョウビタキ、ヤマガラ・・

そしてハチジョウツグミと思われる野鳥が・・・

今冬、庭に餌を食べにやって来ました。

その中でも一際目を引くのが・・

美しいオレンジのジョウビタキです。

見るたんびに、“なんで、こんな綺麗な色なんだろう?”と・・

感心してしまいます。

花や魚もそうですが自然界の生き物の色って・・

本当に不思議に思います。

今月の10日に庭の餌台に来たジョウビタキのオスです。
メスはオスに比べると地味ですが可愛らしいです。

210jyobi1

210jyobi2

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年2月23日 (火)

ハイタカ・・

冬の間、庭の鳥の餌台に頻繁に野鳥が訪れるのですが・・

パッタリと来なくなることがあります。

その理由は、直ぐに想像がつきます。

奴が近くにやって来ているのです。

奴とは、小さな鷹、ハイタカのことです。

冬の間は山や林での狩りが難しくなるのか?・・

民家に集まっている小鳥を狙って人里にやって来るようです。

ただ、小鳥には天敵のハイタカも絶滅の危機が増大している・・

北海道レッドデータブックの絶滅危急種に登録されています。

8段階からなる危険度の5番目のランクなので将来的には・・

絶滅が深刻に心配されている種になるのかも知れません。

日々、繰り返されている生きるための野生の営みは・・

本当に厳しい世界ですね~!

ハイタカだと思われます。(オオタカも似ています)
自信はありませんがメスかも?知れません。
雪が降った日に来ることが多いように思います。

鷹といってもハトより少し大きいくらいですが猛禽類だけあって
貫禄がありました。

219haitaka

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年2月22日 (月)

二つ目・・

今シーズンのSL冬の湿原号は、運行10周年ということで・・

シーズン中は、それを記念した特性のヘッドマーク装着です。

もちろん、その姿をカメラに収めたのですが・・

このところ、メインの「C11 171」ではなく「C11 207」が・・・

牽引しているとの情報をいただきました。

そこで、171機の姿はすでに撮影していますが・・

“やはり207機の姿も撮っておかなければ!”と思いました。

17日に釧路川鉄橋に行った時に確認したのですが・・

確かに二つ目ライトの207機でした。

でも、普通に撮影したのでは面白くないので・・

雪の日に撮影したいと思っていましたら・・・

19日に早くもチャンスが訪れたのであります。

ただ、問題は207機なのかどうか?なのでありま~す。

雪が止みそうになりましたが何とか降っていてくれました。
離れていても東釧路駅に来たのが二つ目だと分かりました。

219yukihi5

雪の日は、いつもの景色が違った雰囲気に見えます。
219yukihi2

迫りくる迫力と緊張感を感じる時です。
219yukihi3

機関士さんの姿も写ってくれました。
219yukihi1

思っていた写真をゲット!
219yukihi4

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2010年2月19日 (金)

釧路川鉄橋へ・・

一昨日の17日に今年初めて釧路川鉄橋に・・

SL冬の湿原号の撮影に行ってきました。

快晴の青空で風もあまり無く、川に氷が張りそうな冷え込み。

ここでのSL撮影には最高の条件がそろったということもあり・・

平日だというのに40人ほどのカメラマンが集まっていました。

ここでの撮影は正面付近から撮るのが人気のようですが・・

自分は氷を主に入れたかったので斜めから撮ることにしました。

というよりも斜めは人気が無いのか?単に人がいなかったから・・

選んだというのもありますが・・・。

結果は、例年通り?今回もまた、ここでの撮影は思うように・・

撮れなかったのでありま~す。

やっぱ、通わないと良い条件に合いませんよね~。

まぁ~、来年に期待しますか!

思ったより氷がありませんでした。煙も今一つのような・・
217tetuma3

煙の量をある程度カバーできる正面付近から撮る人が多いのが
分かるような・

217tetuma2_2

煙のあるところを中心にズーム。
217tetuma4_2

今回はこれがベストショットかも??217tetuma5

何故か去っていく後ろ姿にひかれるのであります。
217tetuma6_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月18日 (木)

一年前・・

“クーちゃんは灯台の灯りを見ていた!”

先日、参加した「ラッコフォーラム」でのお話なのですが・・

空想癖のある自分は、楽しいお話し過ぎるので・・・

聞きながら想像を膨らませ過ぎてしまい・・・・

逆に内容を良く覚えていないのですが・・・・・

こんなロマンチック?な楽しいお話がありました。

クーちゃんは灯台の灯りを頼りに天敵が活動しない夜も・・

移動していたのではないか?・・・

そして、釧路の港に来た時に初めて見る都会のネオンに・・・

好奇心旺盛なクーちゃんは釧路川に入って来たのでは・・・・

ないだろうか?とのことでした。

このようなお話だったと思うのですが違っていたらスイマセン。

このお話を聞いた時に自分はMOOのネオンを体に受けて・・

驚いているクーちゃんの姿を想像してしまいました。

翌日の博物館での霧信号の講演会で灯台のお話が出た時に・・

この姿が思い浮かんで、その後、ほとんど集中して聞くことが・・・

出来なかったのであります。

一年前の2月18日はクーちゃんが来釧して、ちょうど一週間・・

岸壁上がりにも慣れてきた頃でした。

その昨年の2月18日の写真を今回、使いました。

218itiku5_2

218itiku6_2

218itiku4

218itiku3

218itiku2

218itiku1 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010年2月17日 (水)

霧信号・・

2月14日の日曜日に釧路市博物館で開催された・・

昨年12月から全3回にわたる講演の最終回・・・

『霧信号所』の変遷講演会に行ってきました。

第1回のテーマが昨年12月に開催された「霧笛について」・・

第2回が先月に開催された「釧路埼灯台について」・・・

第3回の今回は「霧信号~霧鐘からダイヤフラムホーンまで」・・・・

というのがテーマでした。

霧笛というのは、石油やガスで圧縮した空気を利用して・・

音を出すそうですが、ダイヤフラムホーンというのは・・・

電磁作用で振動板を揺らすことによって音を発生させるそうです。

詳しいことは、良く分かりませんが・・

蒸気機関車と現在の列車の違いのようなものでしょうか?!

霧笛はかなり以前に廃止され・・ほとんどが・・・

ダイヤフラムホーンへと変わり現在に至っているそうです。

今回の講演は、道東にある霧信号の場所や姿を写真で・・

紹介したり、釧路港は2秒鳴って9秒休むパターン・・・

花咲は5秒なって10秒休むパターンんなど・・・

各霧信号所によって違う、吸鳴周期などが説明されました。

来月で釧路のダイヤフラムホーンも廃止されてしまいますが・・

その最後の時に音を鳴らしてイベントのようにするかどうか・・・

などを現在、思案中とのことでした。

博物館講堂での講演の様子です。
約50名の人が参加したようです。

214hakure5

博物館の1階マンモスホールにて・・
レコードジャケット展4~いろ・色な世界~という企画展が
開催中でした。

214hakure4

曲名の色ごとにジャケットを分けて展示しているようで
ユニークな試みだと思いました。

214hakure1

214hakure2

214hakure3

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月16日 (火)

連結・・

2月6日の“フラワーリースを追いかけて”の最終話で~す。

ネタがないので、6日の話をここまで引っ張ってしまいました。

普段、鉄道を利用することとは無縁な自分は・・

駅、それも駅員さんのいる駅を見ると新鮮味を感じます。

昔、町は鉄道と共に発展したといってもいいくらいに・・

鉄道が通り駅が出来ることで人が集まり経済が生まれて・・・

町が発展していったのだと思います。

しかし、現在、地方では過疎化などで人が減る一方ですし・・

交通手段も車が主流になり駅の無人化や廃線など・・・

鉄道とは、ますます無縁になっていくばかりです。

今回、標茶駅に行ってみて駅というものの存在を・・

久しぶりに大きく感じたように思います。

今回の写真は、帰路のため客車にSLが連結するところを・・

駅員さんの姿を中心にして撮ったものです。

SLが客車に接続するためにやってきました。
標茶駅には転車台がないので帰路はバック運転になります。

26rennsi1

連結のための準備をしているようです。
26rennsi2

SLが客車にゆっくりと近づいてくるところです。
職員さんたちの真剣な眼差しが印象的でした。

26rennsi3

徐々に近づいてきました。
26rennsi4

緊張感を感じました。
26rennsi5

更に近づいてきました。
26rennsi6

もう直ぐ連結です。
26rennsi7

連結後です。何度も慎重に確認していました。
26rennsi8

このシリーズにお付き合い下さいましてありがとうございました。
・・・連結にて完結で~す!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年2月15日 (月)

ラッコフォーラム・・

一昨日の13日に釧路市生涯学習センターで開催された・・

「ラッコフォーラム」に参加しました。

集中力の無い自分は3時間にわたる講演とのことなので・・

行こうかどうか迷いながら遅れ気味に参加したこともあり・・・

会場ではすでに蝦名釧路市長の挨拶が始まっていました。

講演されるのは根室からいらっしゃった・・

NPO法人「北の海の動物センター」の本間浩昭先生と・・・

根室市歴史と自然の資料館の近藤憲久先生。

釧路からは、この一年間クーちゃんの写真を撮り続けている・・

岡崎正志先生と林田定昭先生の4名の先生方とのことでした。

本間先生と近藤先生のお二人の学者の先生の講演は・・

基本的なラッコや環境のお話、また様々な問題点など・・・

ラッコ初心者にも凄く分かりやすいプレゼンテーションでした。

岡崎先生には、自分は釧路川でのクーちゃんの撮影中に・・

情報をいただいたり撮影指導していただいたりしました。

素晴らしく貴重なショットの数々を紹介しながらのお話は・・

人柄が感じられとても心温まる講演に感じました。

林田先生のハイレベル、というかハイなレベル・・

いい意味で夢の世界に行っちゃっているようなレベルのお話は・・・

ロマンチストモドキの自分には凄く楽しいお話でした。

講演中のクーちゃんの白内障の話には驚きましたが・・

最後のMOOのプールでラッコを飼う構想というのには・・・

賛否両論は別にして面白いことを考えるものだと・・・・

その発想力に感心させてもらいました。

気がついたら当初、長いだろうと思っていた3時間が・・

あっという間に過ぎていたのでありま~す。

会場入り口です。
213kufo1

北大通に展示してあるクーちゃんの巨大モザイク画が入り口前に
展示してありました。
初めて見たのですが、良く出来ていますね~!

213kufo2

230種類の小さなクーちゃん写真で400の升目を埋めている
そうですが、近づいて見て驚きました。
スイマセ~ん、ボケちゃいました。

213kufo3

ラッコやそれを取り巻く環境などの説明はラッコ初心者の自分には
本当に勉強になりました。

213kufo5

クーちゃんの食べる量を食費として換算するなど
ラッコとの今後の対応の説明も参考になりました。

213kufo6

林田先生は、クーちゃんを15項目の特徴で識別しているそうです。
凄い観察力ですね~!

213kufo4

新聞によりますと約70人の参加者があったようです。
213kufo7

根室でのクーちゃんの様子の動画も流されました。
213kufo8

質疑応答もあり様々なお話を聞くことができました。
213kufo10

熱きパネリストの先生方!
今秋にも第2回?を予定しているそうです。

213kufo9 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年2月12日 (金)

標茶駅にて・・

前回の続きで~す。

全く考えていなかった五十石駅での撮影を終えて・・

標茶駅に向かうことにしました。

ここ何年か重連運転は初日の川湯温泉駅までの運行時に・・

行われていたので標茶駅までの運行は久しぶりになります。

当然、列車の付け替え作業は川湯温泉駅で行われていたので・・

標茶駅での作業を見ることができるのも久しぶりになります。

客車を外した重連の姿は珍しいというか可愛らしい感じがして・・

楽しみだったりします。

その姿を求めて五十石駅を出ようとしたのですが・・

茅沼方面から来る追っかけ隊の車が途切れることなく続き・・

中々、五十石駅から国道に出られない!

標茶駅に行っても車を止めるところがあるだろうか?・・

などと心配しましたが標茶駅に無事到着して・・・

何とか車も止めることができました。

やはり予想通りに多くのファンで・・

一気に標茶の人口が増えていたのであります。

標茶駅です。

この時にフラワーリースを撮るだけなら駅で停泊中のSLを・・
アップで撮ればいいだけだったという当たり前のことに・・・
気がついたのであります。我ながらお馬鹿ですね~!

ということで駅ではワザとアップで撮るのをやめました。
26sibejy1

客車から離れるところです。
26sibejy2

客車から離れました。
26sibejy3

この2台で走る姿が勇敢というよりも可愛らしく感じて・・
楽しみだったりします。

26sibejy4

この先のところで折り返してきて一つ向こう側の線路に移動して・・
点検などの作業に入ります。

26sibeji5

作業する場所に着きました。
26sibeji6

作業中です。
26sibeji8

青空なら煙が映えるのですが・・
26sibejy7

作業が終了したようです。
この煙に包まれた感じもいいですね~!

26sibejy9

SLと対照的な気動車が軽快に駆け抜けて行きました。
26sibejy10

作業を終えて連結するために客車の先頭に向かって行くところです。
26sibejy11

さて次回は連結にて完結編です・・・つづく

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年2月10日 (水)

五十石駅・・

昨日の続きで~す。

東釧路から取りあえず糖路を目指すことにしました。

国道に出ると一目で釧路川鉄橋から来たと思われる・・

SL追っかけ隊の車で普段とは大違いの渋滞でした。

自分の車は非力な古い軽自動車なので必然的に安全運転。

予想通り?糖路では間に合わずにSLの後塵を拝むことに。

でも、シラルトロ湖が見渡せる道に来た時に・・・

湖の向こうを走るSLを目に焼き付けることができました。

ラッキー!などと思いながらバックミラーを見ると・・

糖路から来た追っかけ隊の車たちが並び・・・後ろから・・・・

もっとスピードを出せ!と圧力を掛けているのが分かりました。

先頭を走りながら五十石駅を見ると車が4台ほどしかいない。

プレッシャーに耐えられず避難したのであります。

実は、この五十石駅はSL撮影を始めたころに・・

何度も通って練習した場所でもあります。

当時はEOS5EOS7というフィルムカメラを使っていたのですが・・

この2台は目を向けたポイントに自動的にピントが合う・・・

視線入力オートフォーカスを搭載したハイテク機でした。

これに動体予測のAIサーボを併用するとピントを外すことは・・

ほとんどありませんでしたが・・・今回はマニュアルです。

そして、この場所は当たりハズレのあるところで・・

手前のカーブを曲がって来た時に煙が立ちあがっていると・・

正面から迫力のある姿を撮れるのですが・・・

カーブを曲がった時に煙が横に流れていると・・・・

そのまま来てしまうのです。

さ~て列車の姿が見えました!

吉と出るか?凶と出るか?ピントは合わせられるのか?・・

日頃の行いが問われる時がやって参りました!

カーブを曲がってSLが向かってきました。
カーブのところにも大勢のカメラマンがいました。
肝心の煙は?・・

26gojiko2

日頃の行いの悪さが露見してしまいました。
横位置に直すとピントのタイミングが狂うので我慢我慢・・
よ~し、引きつけてヘッドマーク狙いじゃ~!!

26gojiko1

いくらSLが遅いとはいえ向かって来る列車にマニュアルでピントを・・
合わせるのは意外と難しいと思うのですが・・・
体がこの場所でのスピードを覚えていたのでしょうか?・・・・
ピントがバッチリでした。我ながらお見事!!

26gojiko3

東釧路で撮れなかった煙を入れてのアップ写真に挑戦しました。
さすがにこの距離では手がついてこれずに後ピンでしたが・・
これで一応、満足感を達成しました。

26gojiko4

この日、2度目の煙の洗礼を受けました。
26gojiko5

後ろ姿も旅愁を感じて好きだったりします。
26gojiko6

ここまで来たら標茶駅に向かうことにしたのであります。・・・つづく

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010年2月 9日 (火)

フラワーリース・・

2月6日、フラワーリースでヘッドマークを飾った・・

この日限定の重連運転のSL冬の湿原号」を撮るべく・・・

前日の5日に練習した貝塚跨線橋へと向かいました。

先客のカメラマンさんと挨拶を交わしていると・・

昨日も来ていた小さな男の子を連れたお母さんから・・・

“今日も来たんですね!”と声を掛けられたので・・・

“今日は前に花輪を付けて走るそうですよ!”

などと会話をしているとSLが東釧路駅にやってきました。

さすが重連、煙の厚みが違います。

肝心な撮影ですが・・昨日と同じ位置から撮ったはずなのに・・・

目を引く電柱が入ってしまったり、撮りたいところで・・・・

シャッターが下りなかったりと手ごたえ無し!

予想通り?に昨日の不安が的中したのであります。

先のカメラマンさんの・・

“東釧路で撮った中で一番いい煙でした!”・・・

という言葉が自分には虚しく聞こえましたが・・・・

親子連れのお母さんの・・・・・

“花の飾り、しっかり見れました!”の言葉を聞いて・・・・・・

何となく救われた気持ちになりました。

上手く撮れたら帰るはずだったのですが・・

このままじゃ~帰れやせんぜ!・・・

久しぶりの追っかけ行を決意したのであります。

東釧路駅を間もなく出発するところです。
さすが重連、煙の厚みがいつもと違いました。

26furahi1

出発しました。離れていても迫力を感じました。
右端下に黒い電柱が中途半端に少し写ったのが残念!

26furahi2

ヘッドマークのフラワーリースが確認できました。
26furahi5

正面からだとやはり重連だということが分かりにくいような・・
おまけに何故か?昨日と違い黒い電柱が写ってしまう・・・
ドレーンがないから??いや、腕のせいでーす!!

26furahi4

少し煙を入れてアップでヘッドマークを撮りたかったのですが残念!
ピントも少し合っていませんが、これでOKとしましょう!!

26furahi3

通過後、真っ白な世界が訪れました。
26furahi6

さて、これからSLに追いつくことが出来るのか?・・・つづく

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年2月 8日 (月)

リハーサル・・

2月5日の最低気温は-20.1℃・・

4日に続き2日連続で-20℃を下回りました。

これは、釧路川の氷が期待できると思い立ち・・

釧路川鉄橋に湿原号通過20分前に行ったのですが・・・

やはり、この時間では予想通りに混雑していて・・・・

車が止められそうになかったので直ぐに諦めて・・・・・

東釧路へと向かい翌日のリハーサルをすることにしました。

翌6日はSLが2両で牽引する重連運転ということに加えて・・

この日限定のフラワーリースをヘッドマークに掛けての・・・

走行が見られるとのこと。

そこで東釧路を発車するSLを正面から撮るべく考えていたので・・

貝塚跨線橋から、そのリハーサルをすることにしました。

誰もいないだろう?!と思っていたのですが・・

4~5組ほどの見学者さんなどが集まりました。

そのお陰かドレーンという下(横?)からの白い蒸気煙も・・

いつもより多くだしてくれたように思います。

練習にしては、手ごたえ有りでしたが・・逆にこれが心配。

というのも自分は2日連続で上手く撮れたことがないのです。

不安材料を残す練習、リハーサルとなったのでありま~す。

まもなく東釧路駅を出発です。
25rihahi3

出発して向かってきました。
25rihahi4

ドレーンのサービス?!ありがとうございまーす!!
25ruhahi3

明日も、こんな感じで限定ヘッドマークを撮りたいが・・
25rihahi1

でも、このくらいのアップでも撮っておきたい!
25rihahi2

さて、明日は上手くいくだろうか??・・つづく

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月 5日 (金)

しばれた~・・

昨日は、-22. 1℃まで下がったそうですが・・

本当に寒痛かったですね~!

-20℃まで下がったのは7年ぶりだったそうですが・・

やはり、近年は温暖化の影響が出ていたのでしょうかね~?

釧路の観測史上の最低気温は・・

1922年(大正11年)1月28日の-28.3℃だそうですが・・・

その年は1月20日に地元のお芝居などで有名な・・・・

釧路郵便局の郵便逓送員の吉良平次郎さんが・・・・・

吹雪の中で殉職した年でもあるようです。

本当に寒い年の中での出来事だったのが分かりました。

それにしても占冠は-34.4℃まで下がったそうですが・・

住民にとってどういう世界なのか恐ろしくも感じます。

でも、トマムスキー場の雪質が良かった理由が分かりました。

ということで昨日、蓮葉氷の流れている釧路川の写真を・・

どうせならSLと絡めて撮ろうと“まなぼっと展望台”に行きました。

しかし、日頃の行いのせいなのでしょうかね~?・・

残念ながら思ったより氷がありませ~んでした。

幣舞橋からMOOの前辺りには氷が残っていました。
24manakoi1

幣舞橋から上流側は、氷がほとんどありませんでした。
ほとんどピントが甘く
(手振れ?)で腕の未熟さを実感しました。

おまけに窓越しに撮ったためか?色が不自然だったので・・
ソフトでカラー補正しました。

24manakoi2

24manakoi3

24manakoi4

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月 4日 (木)

DNA・・

昨日の新聞の市内版に「同じとは断言できず」・・

という気になる見出しがありました。

釧路川と納沙布で採取したラッコの抜け毛のDNA鑑定を・・

H先生が同一のラッコのクーちゃんであることを確かめるため・・・

北水研に依頼したことへの結果の記事でした。

ラッコの検査方法は確立されていない上に毛根がないので・・

配列は一致したそうですが、一致した個所は個体差が出にくく・・・

“同じ個体かもしれないし、違う個体かもしれない”・・・・

ということらしいです。

う~ん、難しいものなのですね!

H先生といえば、何と今月の11日より東京池袋の・・

サンシャイン国際水族館にて写真展を開催するとのこと。

サンシャイン国際水族館といえば・・27~28年ほど前に・・・

自分が初めてラッコなる生き物を目にした場所です。

当時、コマーシャルか何かでラッコが有名になっていて・・

“本当にラッコって仰向けに泳ぐんだ~!”・・・

と感心しながら見た記憶があります。

H先生の中央での活躍をますます期待したくなりました。

1月31日、氷まつりの最終日にクーちゃん像を見に行ったら・・
日没間近で会場は片付けはじめていました。

131kooku4

ちょうど日没の逆光で上手くクーちゃん像たちが撮れませんでした。
131kooku3

夕空が綺麗だったのでMOOの階段から撮りました。
131kooku5

131kooku8

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年2月 3日 (水)

2人展・・

1月31日に現在、市立釧路図書館で開催されている・・

クーちゃん界の第一人者のH先生と・・・

ボランティアで心のケアのカウンセラーをされている・・・・

たなかまさこ先生「愛・癒やし・自然・命」2人展に・・・・・

行ってきました。

H先生の写真にたなかまさこ先生が詩を添えているのですが・・

自然にコラボしていて素晴らしい作品ばかりでした。

歩いて行ったので汗臭いのも顧みず・・ついつい・・・

いろいろと興味深いお話などを伺ってしまいました。

たなかまさこ先生は、ある時期から、これらの詩が・・

自然と流れるように浮かんでくるのようになったそうです。

片岡鶴太郎さんも一気に絵の才能が開花したそうですが・・

同じようにたなかまさこ先生の詩を必要としている人のために・・・

潜んでいた才能が一気に開花したのだと思いました。

H先生ともクーちゃんを通して知り合われたそうですが・・

それ以前にも、このようになるような必然的?な繋がりが・・・

あったようで縁の不思議さも感じました。

市立釧路図書館で今月の21日まで開催されているようです。
*写真は全てブログ掲載OKをいただいて撮りました。
131tosyo2

訪れた方々は、じっくりと見て読んで楽しんでいるようでした。
131tosyo3

クーちゃんの泳いでいたMOOの辺りが窓の外に見えます。
131tosyo4

住民票のモデルになった写真です。
たなかまさこ先生は、「心の宅急便」というブログで自作の詩などを
公開しています。

131tosyo1

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年2月 2日 (火)

冬はなび・・

1月30日に「くしろ氷まつり」の楽しみの一つ・・

花火の打ち上げを撮りに行ってきました。

このところ、毎年のように写真を撮りに行っているのですが・・

いつも、どこから撮ろうか迷ってしまいます。

アップで撮るのならMOO横の階段やイベント会場から・・

狙うのもいいと思うのですが花火の規模を考えると・・・

アップの写真も素敵だと思いますが・・・・

釧路で撮ったという付加価値?が必要な気もします。

そこで、まなぼっと展望台米町公園も考えたのですが・・

路面状況などから移動が面倒なこともあり・・

いつもの対岸の岸壁に先ずは行きました。

しか~し、足元がツルツルで大変危険!

芸もなく幣舞橋の上から撮ることにしました。

花火の写真は(も?)苦手なので全く気負いなし・・

何とか写っていれば、ラッキーという感じで挑みました。

この日は、夕日が綺麗だったので・・
夕日と迷路を撮りたかったのですが間に合いませんでした。
残照が水平線に出てくれたのでライトアップ時を撮りました。

130komei10_3   

花火のタイミングも何も考えずにひたすらセルフタイマーで・・
運任せで撮り続けました。
結果は、いつも通りに惨敗!せめて川に氷があればな~・・・

130hanako101

130hanako102

130hanako103

130hanako104

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年2月 1日 (月)

氷の迷路・・

1月29・30・31日に「くしろ氷まつり」が開催されました。

開催中に来場するお客さんの楽しみの一つに・・

MOOの横に作られる氷の迷路があります。

毎年のようにその迷路の写真を撮りに行くのですが・・

自分なりの理想とする条件があるのです。

一つは、ライトアップされ街灯がついた頃に・・

水平線にオレンジの残照が帯状になり空に青さが残っていること。

これは、快晴でなくてはなりません。

そして、迷路らしく人が適度に中を歩いていること。

これは土曜日ならOKになるようです。

更に釧路川に氷があること。

これが一番、難しくて冷え込みの関係で2月の中頃なら・・

氷が流れていることが多いように思います。

この3つの条件が揃うことを期待して・・

金曜日でしたが29日に氷の迷路を撮りに行ってみました。

ざ~んねん!水平線に雲が・・
予想通りに川に氷がありませんでした。

129komei101

雲の間が少し赤く焼けているのが見えました。
しかし、外灯がまだ点灯していません。
129komei105

外灯が点灯しました。
まだ点いて間もないので外灯の左右の色が違います。
129komei107

外灯が完全に点灯しました。
って、写真が良くなかったので外灯の話で誤魔化しちゃいました。
129komei106

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »