« 連結・・ | トップページ | 一年前・・ »

2010年2月17日 (水)

霧信号・・

2月14日の日曜日に釧路市博物館で開催された・・

昨年12月から全3回にわたる講演の最終回・・・

『霧信号所』の変遷講演会に行ってきました。

第1回のテーマが昨年12月に開催された「霧笛について」・・

第2回が先月に開催された「釧路埼灯台について」・・・

第3回の今回は「霧信号~霧鐘からダイヤフラムホーンまで」・・・・

というのがテーマでした。

霧笛というのは、石油やガスで圧縮した空気を利用して・・

音を出すそうですが、ダイヤフラムホーンというのは・・・

電磁作用で振動板を揺らすことによって音を発生させるそうです。

詳しいことは、良く分かりませんが・・

蒸気機関車と現在の列車の違いのようなものでしょうか?!

霧笛はかなり以前に廃止され・・ほとんどが・・・

ダイヤフラムホーンへと変わり現在に至っているそうです。

今回の講演は、道東にある霧信号の場所や姿を写真で・・

紹介したり、釧路港は2秒鳴って9秒休むパターン・・・

花咲は5秒なって10秒休むパターンんなど・・・

各霧信号所によって違う、吸鳴周期などが説明されました。

来月で釧路のダイヤフラムホーンも廃止されてしまいますが・・

その最後の時に音を鳴らしてイベントのようにするかどうか・・・

などを現在、思案中とのことでした。

博物館講堂での講演の様子です。
約50名の人が参加したようです。

214hakure5

博物館の1階マンモスホールにて・・
レコードジャケット展4~いろ・色な世界~という企画展が
開催中でした。

214hakure4

曲名の色ごとにジャケットを分けて展示しているようで
ユニークな試みだと思いました。

214hakure1

214hakure2

214hakure3

|

« 連結・・ | トップページ | 一年前・・ »

道東の歴史」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

十勝にいながらいつも明士さんのブログで釧路の事を勉強させてもらっています。(笑)本当にためになる内容で視線や視点が決まり、なおかつ肩がこらないマイペース?な表現なので逆に印象に残りますね。

霧笛と蒸気機関車は心に残る日本の音かも知れませんね。また霧の町・釧路で聞きたくなってしまいました。20日を楽しみにしています。今回は何を食べようかな。今年に入ってからはラーメンは十勝より釧路で多く食べていますので思わず十勝のラーメンがどうだったのか考えてしまいました。(笑)

レコードこれも我々にとってはCDより馴染みが深いですね。特にジャケットとは切っても切れない物があります。最近はレコードが廻るシーンを見ていないので博物館も拝見したいです。本当に明士さんは講演会ハンター?ですね。(笑)

投稿: 小さな鉄道博物館 | 2010年2月17日 (水) 12時21分

小さな鉄道博物館さま、ありがとうございます。
ありがたいお言葉、大変恐縮です。
自分の場合は読み始めたら一息で最後まで読める文章を目指しているので“肩がこらないマイペースの表現”というのは最高の褒め言葉です!
本当にありがとうございます!!

確かに霧笛の音も蒸気機関車の音も共通点があって心に残る音だと自分も思います。
20日は本業でまたファンを増やす日ですね。(笑)
十勝ラーメンがどうだったか忘れたというのには笑えますね。
釧路ラーメンの魅力も伝わってきました。

レコード盤を見ると懐かしく感じるというよりも今でもこれが普通にあるように感じてしまいます。
ジャケットももちろんですがLP版の場合は大きな歌詞カードや付録のポスターがついていたりする場合もあって良かったですよね~!

講演会ハンターですか・・ウォー、カッコいいですね~!
でも2日連続で勉強??して知恵熱がでそうでした。(笑)

投稿: 明士 立 | 2010年2月17日 (水) 13時16分

こんにちは。

文章を読んでいると、何故か霧笛の音と潮の香りがしてきました。昔、霧とジリの違いをなんとなく使い分けていましたが、明確な根拠もなく、今となってはよくわかりません。明士さんご存知ですか?

ラッコフォーラムで、漁船が、根こそぎ海の資源を摂ってしまい生態系にも影響しているお話を聞き、父が「俺等みたいな漁をしていると今に、魚がいなくなる。育てる漁業を本当は、しなければいけないんだけどな~」と30年前に呟いていたのを思いだしました。そしてロシアとの関係も詳しくは言えませんが、物凄く気を遣っていました。仲良くできなければ、死活問題だったようです。

投稿: はたの | 2010年2月17日 (水) 17時10分

はたのさま、ありがとうございます。
潮の香りを感じていただきましてありがとうございます。
霧とジリの違いですか?・・
自分も良く分かりませんが、霧よりも粒?が大きくて服や体が濡れるのがジリと言っていたような気がします。
違っていたらスイマセン!

フォーラムでの漁業の歴史的な話や現実的な話にはいろいろと考えさせられました。
お父様のお言葉そうですか・・
自分の従兄たちも羅臼で漁師をしているのでこの前の事件の時などはやはり気になりました。

投稿: 明士 立 | 2010年2月18日 (木) 08時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 霧信号・・:

« 連結・・ | トップページ | 一年前・・ »