« リハーサル・・ | トップページ | 五十石駅・・ »

2010年2月 9日 (火)

フラワーリース・・

2月6日、フラワーリースでヘッドマークを飾った・・

この日限定の重連運転のSL冬の湿原号」を撮るべく・・・

前日の5日に練習した貝塚跨線橋へと向かいました。

先客のカメラマンさんと挨拶を交わしていると・・

昨日も来ていた小さな男の子を連れたお母さんから・・・

“今日も来たんですね!”と声を掛けられたので・・・

“今日は前に花輪を付けて走るそうですよ!”

などと会話をしているとSLが東釧路駅にやってきました。

さすが重連、煙の厚みが違います。

肝心な撮影ですが・・昨日と同じ位置から撮ったはずなのに・・・

目を引く電柱が入ってしまったり、撮りたいところで・・・・

シャッターが下りなかったりと手ごたえ無し!

予想通り?に昨日の不安が的中したのであります。

先のカメラマンさんの・・

“東釧路で撮った中で一番いい煙でした!”・・・

という言葉が自分には虚しく聞こえましたが・・・・

親子連れのお母さんの・・・・・

“花の飾り、しっかり見れました!”の言葉を聞いて・・・・・・

何となく救われた気持ちになりました。

上手く撮れたら帰るはずだったのですが・・

このままじゃ~帰れやせんぜ!・・・

久しぶりの追っかけ行を決意したのであります。

東釧路駅を間もなく出発するところです。
さすが重連、煙の厚みがいつもと違いました。

26furahi1

出発しました。離れていても迫力を感じました。
右端下に黒い電柱が中途半端に少し写ったのが残念!

26furahi2

ヘッドマークのフラワーリースが確認できました。
26furahi5

正面からだとやはり重連だということが分かりにくいような・・
おまけに何故か?昨日と違い黒い電柱が写ってしまう・・・
ドレーンがないから??いや、腕のせいでーす!!

26furahi4

少し煙を入れてアップでヘッドマークを撮りたかったのですが残念!
ピントも少し合っていませんが、これでOKとしましょう!!

26furahi3

通過後、真っ白な世界が訪れました。
26furahi6

さて、これからSLに追いつくことが出来るのか?・・・つづく

|

« リハーサル・・ | トップページ | 五十石駅・・ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

ついにお待ちかねの湿原号重連運転ですね。蒸気機関車の場合は1+1=2にはならず3にも4にも魅力が増す不思議な乗り物で、やはり人間が作った機械の中で一番人間らしい表現をしてくれるカマです。すでにこれに虜になり40年が経ってしまいました。

音更を出る頃は東釧路も考えたのですが釧路川鉄橋が想像以上に条件が良かったのでそこに決めました。何度いっても同じ写真にならないのがSL撮影の最大の魅力かもしれません。フラワーリースの事を考えると明士さんの選択が一番ベストですね。しかも追いかけ組に入るとは流石です。しかし私も鉄橋撮影後、すぐに出ましたがやはり市内を出るまでいつも以上に信号で足止めをくらいました。それでもカマ正面を狙いたかったのでルルラン踏切で余裕を持って撮影出来ました。

前回のドレーンとドレインは使い方としてはどちらもOKなはずです。(笑)7日はまた茅沼に行きましたが近年にないブリザード状態で三脚や脚立がバタバタと倒れ凄い現場になってしまいました。しかし湿原号の茅沼は発車は車体が見えなくなるくらいドレーンが舞いとても面白かったです。次回お会いした時は湿原号で語り明かしましょう。

投稿: 小さな鉄道博物館 | 2010年2月 9日 (火) 12時28分

すごい煙ですね、びっくりしました!
私にすれば完璧だと思うのに、さすが明士さん。車の中で居眠りをしてしまい
正面撮りに間に合わなかった私とは大違いです。
(早朝の丹頂撮りのため(^^ゞ)
完結編にコメントを入れようと思っていたら続きがあるの楽しみです^^

投稿: mamitan | 2010年2月 9日 (火) 12時54分

小さな鉄道博物館さま、いつもありがとうございます。
分かりやすいSLの方程式ありがとうございます。
確かに1+1=単純に2ではなく倍増するように思います。
素晴らしい格言だと思います!
さすが、この道40年、凄いですね!!(笑)

あの日は徐々に晴れてきていましたし風もあまりなかったので釧路川鉄橋は最高の条件だと思いました。
間違いなく小さな鉄道博物館さまは、何かの機会に発表して使われるような写真を撮ったことだろうと確信していました。
ただ、自分は3時間前に行く勇気が出ませんでした。(笑)
それにしても場外馬券場のところの交差点を抜けるまで時間かかりましたね~。
でも、ルルランでも傑作が撮れて何よりでした。

ドレーン、そうなのですか・・
調べて書けばいいものを怠け者なものですから、ついつい強く覚えていた方のドレインと昨日は書いてしまいました。(笑)
ありがとうございます!

7日は風が強かったですよねー・・
その中でも傑作をものにするとは、やはり、違いますね~!
小さな鉄道博物館さまからは冬の湿原号のことだけでも、いろいろな伝説の話が聞けそうですね!

投稿: 明士 立 | 2010年2月 9日 (火) 13時15分

mamitanさま、いつもありがとうございます。
あの日は、煙、良かったですね~!
いや~、前日の練習で珍しく上手く撮れたものですから、そのイメージが頭の中にチラついてしまいました。

早朝のタンチョウ撮りですか・・
冷え込んでいたので綺麗な写真が撮れたことでしょうね~!
自分もまたタンチョウ撮影にチャレンジしてみたいです。
チャレンジと言えば、検定は如何でしたか?

実は、あと2度ほど、このシリーズが続きますので飽きずにつきやってくださ~い!

投稿: 明士 立 | 2010年2月 9日 (火) 13時24分

こんにちは。

フラワーリース、とても可愛いですね。SLが、優しい印象になり、ちょぴり誇らしげです。明士さんのときめく感じが伝わってきて私までドキドキします。白い煙の世界の先には、どんな世界が広がるのでしょうね。

小さなお子さん連れのお母さん、明士さんに優しいオーラを感じて話かけてきたのでしょうね。しっかりフラワーリースを見ることができて良かったですね。明日の展開がとても楽しみです。何故か、小さな鉄道博物館さんのお顔が浮かんできます。

投稿: はたの | 2010年2月 9日 (火) 14時18分

はたのさま、いつもありがとうございます。
フラワーリース、思ったよりも可愛らしくついていたので、いつもと違って女性的にSLが見えました。
おっしゃる通り、ときめき感を凄く感じました。
ただ、その、ときめき感が緊張感へとつながって微妙に感覚がズレたようにも思います。
白い煙の先ですか・・
この日はセンチメンタルブルーの青空が広がっていました。
って、自分で書いていても意味不明でした。

優しいオーラなどとは、ありがとうございます。
多分、前日に、こんな場所から必死に撮っている姿が可笑しかったからだと?・・
でも、フラワリースのことを喜んでくれていたので教えてあげて良かったと思いました。
小さな鉄道博物館さまのお顔が浮かぶのはよく分かります。
自分もSLの撮影中に一度は必ずお顔が何故か??浮かんでしまいます。(笑)

投稿: 明士 立 | 2010年2月 9日 (火) 15時12分

明士さん、みなさん、こんばんは。

SL迫力がありますね。それと眞逆のヘッドマーク。ギャップがあってかわいいです
今回の写真もmamitanさんと同じ考えで、私にしてみればとても良く撮れていると思うのですが、それ以上を目指す明士さんはさすがですね。

さて、明日はどうなることやら。続きが楽しみです

ではまたうかがいます。おやすみなさい。

投稿: 東京のクーちゃんファンです | 2010年2月10日 (水) 00時49分

東京のクーちゃんファンさま、お疲れの中ありがとうございます。

自分もヘッドマークの飾り予想外の可愛らしさで感激しました。
そのようなものですから、ついつい普段の列車なら気にならないのですが今回、思い通りに撮れなかった自分が不甲斐なく感じてしまった次第でして・・
でも、撮りに行けただけでもありがたいと思いました!

では、これから続きを書きま~す。(笑)


投稿: 明士 立 | 2010年2月10日 (水) 08時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フラワーリース・・:

« リハーサル・・ | トップページ | 五十石駅・・ »