« ヘッドマークなしで・・2 | トップページ | 夕色・・ »

2010年3月23日 (火)

郷土展・・

先週の19日に釧路市美術館にて開催されていた・・

「釧路郷土作家展」というのを見に行きました。

美術・写真・書道の部があるようですが・・

この時は、写真と書道の出品作品展でした。

書道の作品を見て字の下手な自分は正直、凄いというよりも・・

“カッコいいー!”と思い書道が最近ブームの訳が分かりました。

目的の写真ですが・・50点ほどの大きくプリントされた作品は・・・

地元を中心に活躍されている写真家の方々の作品なので・・・・

どれも素晴らしいの一言でした。

特に大判のフィルムカメラで撮ったと思われる作品の・・

美しさには目が惹きつけられ感動しました。

厳冬の中、多くの時間を費やして撮影されている作品も多く・・

その情熱には本当に頭が下がりました。

出品されている皆さんが本当に心から写真が好きなことが・・

伝わって来て大変勉強になりました。

正直、あのような熱意のこもった写真を見てしまうと・・

自分ごときの写真をブログで公開してもいいのだろうか?・・・

と当然のごとく思い反省してしまいます。

な~んちゃって言いながら・・今回の写真も楽して撮った・・・

自宅からの夕景の写真なのでございます。

“反省するなら猿でも出来る!”という諺??がありますが・・・

反省の意味も理解できない自分は・・

お猿さんよりも・・・・・・・のようでありまするな~。

3月18日に撮った写真です。
318ayuu1_2

318ayuu3 

|

« ヘッドマークなしで・・2 | トップページ | 夕色・・ »

夕陽」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

強風の連休で日曜日は、その中無謀?にも札幌へ家族でドライブしてきましたが帰りの占冠からの高速は途中で地吹雪のため何度も停車しながら(前のテールランプが見えません)命からがら音更にたどり着き流石に疲れました。やはりその後高速は封鎖された様です。それでも翌日は天候が良かったので朝一番からまた近場に撮影に行ってしまいました。(笑)すると各地からの連絡網?が入りスーパーおおぞら1・8号がいつもの振り子ではなく数年前まで釧路まで走っていたキハ183が使用される事が分かり利別で迎え撃ちました。通過前に反対方向からやってきたのが前日から運用行方不明になっていた幸運の777ではありませんか。偶然にゲットして、おおぞらの代走がやって来ました。すると通過前に太陽が広がり正しく幸運が舞い降りてくれました。(笑)

写真展流石に色の深みや味わいをだす銀塩カメラの作品ですね。たしかにデジカメは進歩していますがあのフィルムで撮影した独特の世界はたまらないので私もお金はかかりますがやめる事が出来ません。たしかに失敗も多いですがそれがまた次の勉強になるので現像が上がるとルーペで隅から隅までチェックしてしまいます。

明士さんの写真も簡単そうで実は難しいのです。更に夕日だけではなく細かい演出の小道具としての昔の架線柱が実にアクセントとなり私には当時の丘を走る電車が空に浮かんで見えてしまいます。

投稿: 小さな鉄道博物館 | 2010年3月23日 (火) 12時38分

小さな鉄道博物館さま、ありがとうございます。
エ~!あの風の中、札幌までドライブですか?!
それは大変お疲れになったことが簡単に想像できます。
特に地吹雪は恐怖ですよね~。
ご無事で何よりでした!

でも、次の日も疲れを降り飛ばして撮影に行ったなんて素晴らしい!!
おまけにその待っている間に運行が分からなくてファンは苦労されている“ラッキー777号”が来るとは、やはり、何かを持っているとしか言いようがありません!
更にいつものことですが天を味方につけるオーラ・・凄すぎる!!
やはり、小さな鉄道博物館さまは並みの人間ではなく人造人間だったのですね!(笑)

写真展を見ていると特に風景写真はフィルムの空気感が新鮮に感じました。
北海道の雄大な風景をフィルムカメラ、それも大判のフィルムカメラで挑戦してみたくなりました。
ただ、新たに始めようと思うとお金がかかるので今のところ夢のまた夢ですが、いつか釧路の夕日の写真を四季を通していろいろと撮ってみたいです。
今は、そのための情報集めの準備と練習ということにしておきま~す。(笑)

写真への温かいお言葉ありがとうございます。
あの架線柱って昔、電車が走っていた後かなにかなのでしょうか?
自分で写真に撮ったのはいいのですが良く分からないのでして・・でも何故か?ひかれるものがあります。

投稿: 明士 立 | 2010年3月23日 (火) 13時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 郷土展・・:

« ヘッドマークなしで・・2 | トップページ | 夕色・・ »