« こころ・・ | トップページ | 鼻づまり・・ »

2010年3月26日 (金)

年に2度だけの光景・・

自宅から今は閉館となった釧路青少年科学館が見えるのですが・・

「春分の日」と「秋分の日」近辺の1日づつ、年に2回だけ・・・

その科学館の真後ろに夕日が沈んで行く光景が見えます。

単にプラネタリウムの丸い建物が太陽と重なって・・

宇宙を感じるという自己満足の世界なのですが・・・

見ることが出来た時は、ハッピーラッキーな気持ちになります。

ただ問題は・・

その時期のその時間に必ず自宅にいられるとは限りませんし・・・

なーんといっても曇ったら見られませ~ん。

それに晴れていたからといって綺麗に科学館の真後ろに・・

落ちるとは限らないのでーす。

てーことで・・何年も前からこの時期を楽しみにしているのですが・・・

見られない年の方が断然、多いのでした~!

さ~て、今年の春の部はどうなることやら・・・?!

3月23日です。角度的に重なりそうな予感が・・!
323kayuu1

望遠レンズに更に1.5倍のテレコンバーターを付けました。
角度はいいですが、雲が・・

323kayuu2

やはり雲の影響を受けてしまいました。
でも、薄っすらでも重なっているのが分かったので良かったです。
なー
んか良いことあるかな~?!
323kayuu3

|

« こころ・・ | トップページ | 鼻づまり・・ »

夕陽」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

私は写真を見た途端、頭の中にはあの有名な「太陽のほえろ」のテーマ曲が流れ新米刑事と一緒に釧路川河川敷きを走りクーちゃんを探したくなってしまいました。(笑)これも明士さんの緻密なる計算に元づいて撮影された珠玉の一枚ですね。このレベルになると地元の方々でも中々撮影する事が難しい物ですが視点も決まっています。釧路の公共施設の建物は本当に面白い形をした物が多いですね。

さて昨日の「きかんしゃ仮面」(笑)普通は敵の悪の軍団の一員なのですが姿は頭が蒸気機関車で煙突が付いています。そして驚いた事に新幹線とかと比べられて頭にきたのか喫茶店?のコップの水を飲み蒸気を出しながら新幹線と並んで走り勝ってしまう信じられない怪人?でした。最後は必殺ゴレンジャーハリケーンでとどめを刺されますが「俺の時代は終わった。」と叫びながら爆発する姿に本当に憎めないキャラクターでしたね。(はっきり言ってどんな悪の任務を任されていたのかも分かりません・笑)

投稿: 小さな鉄道博物館 | 2010年3月26日 (金) 12時26分

小さな鉄道博物館さま、いつもありがとうございます。
「太陽にほえろ」を思い浮かべるなんて・・なんて光栄なことでしょう!
ありがとうございまーす!!
更に新米刑事のマカロニ刑事、釧路ならスパカツ刑事でしょうか?(笑)と一緒に夕日に向かってクーちゃんを捜す空想力に繋げるとは恐れ入りました!

そして“珠玉の一枚”というお言葉も光栄の至りです。
またまた、ありがとうございます!
う~ん、言われてみると自分ではあまり気が付きませんでしたが確かに面白い公共施設の建物が多いですね。

「きかんしゃ仮面」の解説ありがとうございます。
ゴレンジャーは、ちょうど列車の転換期の時期だったのでしょうか?
原作(台本?)を書いている人が鉄道ファンでその寂しさを新幹線に勝つことで自分を慰めていたように感じてしまいました。
最後の「俺の時代は終わった」というセリフも熱狂的な鉄道ファンに思えてしまいます。
でも、それを覚えている小さな鉄道博物館さまは本当に凄いですね~!
心から感服しました!!

投稿: 明士 立 | 2010年3月26日 (金) 13時31分

ご無沙汰しました(^^ゞ
素晴らしい夕日ですね(#^.^#)
かえって雲の流れが綺麗です~
明日からの旅の準備というほどのもの
ではないのですが、久しぶりの上京なので
交通機関が不安で毎日シミュレーション
してました(笑
はたのさんも上京されているんですね。
東京のクーちゃんファンさんの情報に歓喜したり
ショックを受けたり・・
でもいろいろと情報ありがとうございました^^
水族館のラッコさんの赤ちゃんは残念でしたが
楽しんできたいと思います。
PC持って行くつもりがキャリングケースが
小さくて、まとまらなかったので
帰ってからのリポートになると思います。

投稿: mamitan | 2010年3月26日 (金) 16時52分

mamitanさま、いつもありがとうございます。
写真へのお言葉ありがとうございます。
雲があったお陰で白トビもしなくて助かりました。

事前のシュミレーションが功を発して東京で楽しまれていることと思います。
水族館へは、直ぐに行かれたことと思いますが、どうだったでしょうか?
レポート凄く楽しみにしています。

投稿: 明士 立 | 2010年3月29日 (月) 08時23分

おはようございます。

昨日、やっと帰ってきました。卒業式は、あいにくの雨でしたが、息子の卒業は、私も色々な意味で卒業でもあるので感無量でした。彼も「柄にも無く泣いてしまった」と話していました。卒業式が行われた高碕の音楽堂の枝垂桜が満開ではなかったけれど、とても綺麗でした。

27日に引越しを終え、15時には池袋に着き、何人もの方達に聞きながらやっとサンシャイン水族館に辿り着きました。楽しみにしていたラッコさんの赤ちゃんが死んでしまった事をその時に知り、とてもショックでした。ラッコのパパとママはモニター越しでしか見れませんでしたが、元気そうで安心しました。そして、一番の目的のクーちゃんの写真展を拝見でき、とても感動しました。そしてなんと明士さんの夕日の写真が展示してありました。その時とても体調が悪かったので、明士さんの写真によって、安心感と癒しを貰って、なんとか大鳥居のホテルに倒れこむように着くことが出来ました。また明士さんに助けられました。ありがとうございます。

年に2度だけの凄い夕日、神秘的で心に染み入ります。紅い大きな太陽に吸い込まれてしまいそうです。きっと明士さんに良い事がおきることと思います。

投稿: はたの | 2010年3月29日 (月) 09時24分

はたのさま、お疲れがまだ残っている中ありがとうございます。
慣れない場所での日程、大変だったことと思います。
本当にお疲れ様でした!
そして日々からのご卒業おめでとうございます。
涙の卒業式に枝垂れ桜・・寂しさと未来を感じる時期だけにとても情緒的に感じてしまいました。

サンシャイン水族館・・初めてだと駅からの出口など行くのが大変だったことと思います。
赤ちゃんラッコ、残念でしたね。
自分も東京のクーちゃんファンさまからのコメントを読んで驚きました。
現在、親ラッコはモニター越しでしか見られなかったのですか、それは少し残念だったことと思います。
でも無事にクーちゃん写真展を見られて良かったです。

エッ!自分の夕日の写真が展示してあったのですか?!
それは知りませんでした。
H先生と共に東京デビューしちゃたようですね。(笑)
はたのさまのお陰で本当に良いことが起こっていたのが分かりました。
ありがとうございます!

自分の写真、いや釧路の夕日が東京での、はたのさまのお役に立てて良かったです。
ご報告ありがとうございました!

投稿: 明士 立 | 2010年3月29日 (月) 10時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年に2度だけの光景・・:

« こころ・・ | トップページ | 鼻づまり・・ »