« 小雪舞う中・・ | トップページ | 日が長く・・ »

2010年3月 8日 (月)

脱出?劇・・

早いですね~!・・昨日で今年の・・・

“SL冬の湿原号”の営業運行も終わってしまいました。

昨日は東釧路駅のホームから撮ろうと思い出かけました。

しかし、車が予想以上に来ていて、何とか車を止めたのですが・・

自分の次に駅の駐車場に入って来た小さな子供さんを連れた・・・

お母さんの車が雪にはまって動けなくなってしまいました。

自分もスコップなどを積んでいなかったので・・

手でタイヤの周りを掘ったのですが、やはり無理。

一人の男性が来てくれて、一緒に押したのですが動きません。

そうこうしているうちに、間もなくSLが来るというのにも関わらず・・・

親子連れの軽自動車が近付いて来て運転していたお父さんが・・・・

牽引ロープを使って引っ張り出してくれました。

そのお父さんも昨年、ここでスタックしてしまったとのことでした。

ちょうど脱出劇が終了した時にSLが近づいたことを知らせる・・

駅手前の踏切の警笛が鳴り始めました。

それにしても親切な人がいるものですね~。

“世の中、捨てたものじゃないの~!”などと感心していたためか・・

精悍なSLが、この時は優しい表情に見えたのであります。

東釧路駅にSLがやって来ました。37higaki5

37higaki1

37higaki6

標茶駅に向かって出発で~す。
37higaki2

37higaki3

37higaki4

|

« 小雪舞う中・・ | トップページ | 日が長く・・ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

SLの運行終わってしまったのですね。SLの素敵な写真を沢山観る事が出来て幸せでした。その時によって見せるSLの雰囲気が色々違い、私は、自分の思いもSLに積み込んで楽しむことが出来ました。ありがとうございます。

それにしても、雪にはまって動けなくなった車を手でタイヤを掘った明士さん、素晴らしいと思います。そして間も無くSLが来るというのにも関わらず助けた方たちの優しい心に私も感動しました。困った人を見捨てない明士さん素敵です。優しさのバトンが繋がってもっとより良い世の中に為ると良いですね。

きっとSLは、救出劇のことを感じで優しい表情になったのですね。SLの「ありがとう。」と云う言葉が聞こえてきました。

投稿: はたの | 2010年3月 8日 (月) 12時25分

こんにちは。

本当に早い物で湿原号運転開始から一ヶ月半がたち今年の運転が終了しました。いつもと違い記念HMが付いていたので例年以上に撮影に力が入りました。

やはり明士さん。見て見ぬふりの多い時代で車脱出を手伝うとは流石です。きっと、お母さんも湿原号見学より、爽やかな気持ちになられたと思います。ブログを拝見して一服の清涼な風が伝わりました。「一日一膳」ですね。

やはり東釧路駅付近は日陰で滑りやすくまた埋まりやすいのかも知れませんね。私も行った時は充分に注意したいと思います。昨日はかみさんと釧路に行き滞在時間は3時間でしたが中身も濃いスケジュールでした。(笑)ポスでかみさんを降ろし私は釧路湿原駅へ。ここの駐車場に車を置き喫茶店がある踏切を渡ったすぐ左にある小高い丘がポイントで、このあたりでは一番の勾配のため歩くくらいの速度で通過していき煙も白煙でタテに上がります。光はやや反逆ですがその分、煙が綺麗なので次回はぜひ撮影してみてください。帰りは釧路回転寿司をたらふく堪能してきました。

テレビ見ていただきありがとうございます。今回はかなりの方を取材していたので自分が放映されるとは思いませんでした。フード付き帽子にマフラースタイルでしたが見ている人は何故か私と分かる(笑)様であちらこちらから連絡が入りました。今回の放送は10分番組でしたがとても画面が綺麗で驚きました。

投稿: 小さな鉄道博物館 | 2010年3月 8日 (月) 12時32分

はたのさま、ありがとうございます。
SLの写真、もっともっといろいろな所で撮りたかったのですがマンネリ化してしまいました。
でも、そんな写真を楽しんでいただきまして本当に光栄に思います。

いえいえ、大手伝いしたように書いていますが自分は結局、何の役にも立ちませんでした。
それでも、何度もお礼の言葉をいただいたので恐縮しました。
昨年、ここで埋まった人がその場にいて、その方が今年は助ける方に回ったということに不思議な感動を覚えました。

SLの表情・・そうなら本当に嬉しいです。
折角来てSLを見られないかも知れないのに脱出させた人に良いことがたくさん起こることを願いたいと思いました。


投稿: 明士 立 | 2010年3月 8日 (月) 13時23分

小さな鉄道博物館さま、ありがとうございます。
今年の撮影は、小さな鉄道博物館さまに情報をいただいたりしたお陰でいつもの年よりも楽しめました。
ありがとうございます!!

一日一膳などとは恐縮です。
たまたま、自分の目の前で埋まったものですから一応、役には立ちませんでしたが手を貸してしまいました。
でも、あのお母さんは助けてもらったことにおっしゃるとおりにとても爽やかな気持ちになったことと思います。
東釧路駅の雪、要注意のようです!(笑)

釧路湿原駅の場所の情報ありがとうございます。
一度、列車の中からは撮っている人を見たことはあるのですが詳しくは分かりませんでした。今度、行ってみます。
やはり、昨日は中身の凝縮した時間を過ごされていましたか。

テレビ、映った瞬間に直ぐに分かりました。(笑)
あれだけの人の中でインタビューを受けて更に採用されるのですから、やはり、オーラが違うのだと思います。
流石ですね~!!
でも短いですけど本当に良い番組でしたね!


投稿: 明士 立 | 2010年3月 8日 (月) 13時38分

終わっちゃいましたね。
昨日はルルランに登って、下界を見下ろしながら撮ってました。
湿原への踏切から少し入ったところでも路肩で埋まった車がありました。
かなり傾いて心配でしたが、通りがかった車が救出していました。
SL撮影にも間に合ったようでした。
緩んでくるこの時期、路肩に寄せるのは細心の注意が必要ですね。
これをまさに「高見の見物」してました。

偶然、私も10分間のSLの風景「冬の湿原号」を見ました。
友人が言うには地震のあった日に放映される予定が中止になってしまったとか。。。
そうですか、釧路川鉄橋で素晴らしい写真を見せておられていた方が小さな鉄道博物館さんでしょうか。
ご出演おめでとうございます。\(^_^)/
最後のところに元機関士のKさんも出てましたので、山の上からお祝いケータイしたら、塘路駅でボランティアでした。
「手を振ってるの見える?」と笑わせました。^^;

投稿: going-kyo | 2010年3月 8日 (月) 14時33分

going-kyoさま、ありがとうございます。
昨日は、良い場所で撮られたのですね!
あそこは、景色としても最高だと思います。
「高見の見物」ですか。(笑)
でも今時期は、本当に注意が必要のようですね。
でも、その方たちも間に合ってよかったですね!

SLの風景の番組、自分も延期になっていなければ見なかった(気がつかなかった)と思います。
ピンポ~ン、正解です!(笑)
鉄橋のところで爆煙の写真を見せていた人が小さな鉄道博物館先生です。
山の上から駅だったら望遠レンズを使ったら見えそうです。
それは楽しいメールですね。
きっと山の方を見ながら笑ってくださったことと思います。

投稿: 明士 立 | 2010年3月 8日 (月) 16時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 脱出?劇・・:

« 小雪舞う中・・ | トップページ | 日が長く・・ »