« 春採エゾエンゴサクコレクション・・ | トップページ | 春採湖畔の小さな花・・ »

2010年5月11日 (火)

セイヨウオオマルハナバチ?・・

先日の新聞に釧路湿原のミンクの記事が出ていました。

釧路湿原の生態系への影響が心配ということでした。

外来種というと外国から来たものというイメージがありますが・・・

カブトムシなど元々、北海道に生息していないものなども・・・・

(国内)外来種というそうです。

(国外)外来種が問題になるので日本の生物は弱い?!・・

というイメージがありますが逆に日本の生物が外国に渡って・・・

その国の在来種を脅かす外来種になっていることも・・・・

あるのだそうです。

“外来種”といわれてしまいますが、どれも外来種になりたくて・・

海を渡った訳ではないのでしょうがね~・・・。

その外来種で最近、新聞記事などで取り上げられているのが・・

トマトの授粉用に導入されたのが逃げ出して?・・・

野生化しつつある“セイヨウオオマルハナバチ”

花の横に穴を開けて蜜を吸うので花が受粉出来ないし・・

花の受粉を助けてくれる在来種のマルハナバチの生態も・・・

脅かすので色々な生態系への影響も心配されるのだとか。

ただ、セイヨウオオマルハナバチが受粉したトマトが・・

一般的に食されているのも事実とのことのようで・・・

一口に悪い奴と言っていいのか?難しい問題のようですな~。

セイヨウオオマルハナバチでしょうか?
採公園でエゾエンゴサクの撮影中に見かけました。
専門的なことは分からないので自信はありませーん。
ただ、花の横から蜜を吸っているのが分かります。

58maruha3

セイヨウオオマルハナバチはお尻の部分が白いそうです。
58maruha1

両方の特徴が分かるような・・?
58maruha4

|

« 春採エゾエンゴサクコレクション・・ | トップページ | 春採湖畔の小さな花・・ »

春採公園の花2010」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

昨日は釧路出張で遅くなり書き込み出来ませんでした。そして600回達成おめでとうございます。(笑)まもなく前人未到の1000回も近くなりましたね。きっとクーちゃんも海上から600回の大漁旗をふっている事でしょう。ますますの活躍を期待しています。やはり花の写真でも明士さんは天下一品です。

釧路で訪問した先の敷地内に物凄い古い建物を見つけ訪問先の社長さんに話を聞くと、すでに築100年以上がたち多分人が住んでいる住宅としては釧路で一番古い建物との事でした。さすがに窓サッシ交換されていますが実に雰囲気が良く仕事を忘れて?見とれていました。帰宅すると先日発売されたオレンジカードと完乗証明書やキハ40国鉄色のペーパークラフトなどが届けられていて疲れがふっとびました。(笑)次は第二弾目指して頑張ります。

投稿: 小さな鉄道博物館 | 2010年5月11日 (火) 12時27分

小さな鉄道博物館さま、ありがとうございます。
600回達成へのお言葉、恐縮です。
クーちゃんのお陰で小さな鉄道博物館さま始め皆様方にブログが見ていただくことが出来て続いたようなものなので本当に“目指せ1000回”の大漁旗を降ってくれているように思えます。

写真へのお言葉ありがとうございます。
目標が大きすぎるのですが、小さな鉄道博物館さまの鉄道写真のような天下一品の花の写真を撮ってみたいと思っています。

エッ!築100年以上の人の住んでいる建物が釧路にあったのですか?!
それは凄いですね。
確か釧路の駅前辺りにもかなり古いけど立派な家があったので驚いたことがありましたが、100年とは本当に凄いですね!
見とれるのが分かります。
良い情報ありがとうございます!

あの素晴らしい写真のオレンジカードですね!
完乗証明書にペーパークラフトまでとは、また博物館の展示品が増えましたね!
新聞にも良く取り上げられていますから第二弾も関係者の皆さんが楽しみにしていることと思います!!

投稿: 明士 立 | 2010年5月11日 (火) 14時04分

こんばんは。

私も明士さんと同じで、外来種になりたくて好きで海を渡ってきたわけじゃないのに、悪者にされてしまうのは、可愛そうな気がします。

一緒に暮らしている息子が、大学の恩師の「結婚を祝う会」が大学で行われるので、7日の早朝、列車で東京へ向かい、今晩列車で帰ってきます。飛行機の方が早いのにと思いましたが、着いた日の電話では、「のんびりして、とても良い旅だった。」と話していたので安心しました。少しづつ息子も元気になってきていますが、医師からは、「焦らずゆっくりやっていきましょう」と言われています。生きていてくれることが、希望へと繋がる一歩だと信じて、共に進んで行きたいと思っています。

投稿: 空 | 2010年5月11日 (火) 17時34分

600回、おめでとうございます^^v

わざわざ臭い匂いを発散してハエなどをおびき寄せる花もあるし、
花も虫もそれぞれ様々な役目を果たしながら共存しあっているのでしょうね。
その生態を壊してしまうのはやはり人間で・・ホント悪者扱いされるのも可愛そう。
私も春採公園に出かけましたが夕方だったので花は撮れませんでした。
エゾエンゴサクとキバナノアマナが花盛りでしたね。
えっ、キバナノアマナじゃないかも?
それとも私が今までそう思っていたのがキバナノアマナじゃないかも・・?
そういえば白いエゾエンゴサク、釧路では見かけませんね。

投稿: えね | 2010年5月11日 (火) 23時24分

空さま、ありがとうございます。
外来種の件、もっともですよね。
ほとんどが人によって運ばれてきたのに人にとっての外来種になってしまうのですから・・。

東京まで列車の旅とは素晴らしい!
小さな鉄道博物館さまが泣いて喜びそうな旅ですね。(笑)
自分も東京まで二往復半ほど列車の旅をしたことがありますが、当時は函館までが10時間、青函連絡船が4時間、青森までが10時間のちょうど24時間だったと思います。
その当時は長く感じましたが今は、そのような、のんびりした旅をしてみたいです。

焦らずゆっくり・・飛行機でも列車でも必ず目的地に着きますし・・・。
以前読んだ本に受験に落ちて浪人したり病気で入院して人よりも遅れてもその分、長生きすれば同じという言葉を読んで、なるほど!と思ったことがありました。
希望の一歩が広い道へとつながっていくのだと思います!

投稿: 明士 立 | 2010年5月12日 (水) 08時40分

えねさま、ありがとうございます。
600回へのお言葉、恐縮です。

花と虫の関係って不思議で面白いですね。
生態を壊して悪者扱いにされてしまう・・もっともですよね!

春採公園に行かれたのですね。
キバナノアマナとエゾヒメアマナ、結構似ているようなので群生していると間違いやすいのかも?しれません。
エゾヒメアマナは、葉や茎が細いので良く見ると分かるようです。
自分も今度、春採公園で花に詳しい人に会った時に違いを教えてもらおうと思っています。
白いエンゴサク、春採公園にはないようで残念です。

投稿: 明士 立 | 2010年5月12日 (水) 08時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セイヨウオオマルハナバチ?・・:

» 皇居にアライグマ侵入 宮内庁 [ニュース記事を運ぶジェイムズ鉄道]
宮内庁の発表によると、3月に皇居内でアライグマが捕獲されたようです。11月から罠を設置。餌に使う食物を変えながら、3月末にようやく捕獲、安楽死させて国立科学博物館に送られたとのことです。同庁の風岡典之次長は捕獲の理由として、「幸い大きな被害は聞いていないが、建物を傷つけたり、住みついたりするのは望ましくない」と説明。北沢克巳庭園課長は「もともとペットだったものが逃げたか、飼い主が飼い切れずに捨てた... [続きを読む]

受信: 2010年5月19日 (水) 01時29分

« 春採エゾエンゴサクコレクション・・ | トップページ | 春採湖畔の小さな花・・ »