« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月30日 (金)

幣舞通路の魅力さがし・・

昨年、幣舞橋周辺をカメラ片手に・・

クーちゃんを連日のように追いかけたせいか?・・・

クーちゃんの居ない幣舞橋周辺の写真を撮ろうとしても・・・・

何か?物足りないものを感じてしまっていました。

一昨日、幣舞橋の地下通路を通ったときに・・

久しぶりにカメラを向けてみたのですが・・・

思っていた以上に魅力的な雰囲気を感じました。

時間帯や天気、季節、人の流れなどで・・

印象的な素敵な写真が撮れる場所のように思います。

幣舞橋下の通路です。
切り取り方によっては面白い写真を撮る練習になりそうです。

728tikaii8

よく見ると外灯のガラス模様が面白く感じました。
その外灯を主役にしてみました。

729tiak1

728tiak2

通路から見え始める外の景色にも面白さを感じます。
この写真は、外灯の左横の汚れ
(傷?)がちょっと気になります。
728tiak5

外灯で汚れ部分を隠してみました。
この方向は夕空や岸壁の外灯が付いた時などに撮ってみたいです。

728tiak6

通路から幣舞公園方向の先に仏舎利塔が見えるのを・・
初めて知りました。
晴れた日はどのように撮れるのか?・・
いろいろとチャレンジしてみたくなりました。

728tiak4

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2010年7月29日 (木)

クーちゃんdeMAは何度見ても凄い・・

昨日、北大通方面に用事があっったので・・

当然の如く、MOOのバスターミナルに寄って・・・

「クーちゃんdeモザイクアート」を観賞してきました。

しかし、何度見ても、どうして?あのような作品になるのか??・・

本当に不思議で凄いと思います。

いつも見る度に思うのですが・・

もっとたくさんの人に素晴らしさを堪能してもらいたいです。

MOOを出て幣舞公園に行ったら、ちょうど雨が降って来たので・・

幣舞観光ガイドステーションに雨宿りがてら寄って・・・

置いていただいている自主製作本の拙著・・・

“ラッコのクーちゃん滞在記”を久しぶりに見てみました。

予算の都合で3冊しか作っていないので手元にもなく・・

内容の割には苦労して作っただけに懐かしい~。

クーちゃんが居なくなってから一年以上が経ち・・

今となっては新鮮味のない本ですが・・・

時が経つにつれて必ず貴重な資料になると思いました。

MOOのバスターミナルにある「クーちゃんdeモザイクアート」
何度見ても・・凄いな~!

728akuii4

728akuii3_2

クーちゃんスタンプもまだ置いてありました。
728akuii5

このオブジェを見ると・・
あの賑わいが現実だったことを思わせてくれます。

728akuii1

観光ガイドステーションに置いていただいている拙著です。
寄った時に間違っている箇所を直そうと思っていたのですが・・
写真を撮っているうちに忘れてしまいましたー。

728akuii8   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月28日 (水)

気配・・

何となく周りに誰も人が居ないのに・・

後ろなどに居るような気がする時ってあると思います。

“気配を感じる”というやつですが・・

文字通りに“気”を配らせている何かが存在するのかも?・・・

と思ったりします。

自分には見えないものが見える能力がないので・・

その正体が何か?全く分かりませんが・・・

何故か?無意識に息を長く吐いてしまいます。

それこそ文字通りに“気のせい”なのかも知れません。

でも、どちらにしても“気”の存在が影響しているのですね?!

人の住んでいない家は朽ちるのが早いですが・・

これもよく“人の気配がなくなると傷みが早くなる”・・・

といわれるように、この場合は生体エネルギーのような・・・・

人から発している“気”が関係しているのでしょうか?

“気が合う”とか“気が合わない”とよくいいますが・・

天の気の動きが“天気”になるように・・・

“気”は森羅万象、次元も超えて全てのものに存在して・・・・

人どうしだけではなく全てのものが・・・・

感応しあっているのかも?と思ったりするのであります。

な~んて、ネタが無いので訳のわからない独り言を・・

ほざいてしまいましたー!

ということで写真も宇宙を感じる?????・・

庭で撮った訳の分からない写真でーす。

726nimih1

726nimih3

726nimih4

726nimih2

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年7月27日 (火)

春採公園の花6・・

今月の中頃に数週間ぶりで・・

春採公園の散策路を歩いてみたのですが・・・

春とは違い背の高い大きな花たちが・・・・

風に揺れている姿を見て短い夏の訪れを感じました。

オオウバユリの姿が所々に見られました。
一時、公園内では、かなり数が減ったそうです。

717naharu2

地味な色のユリですが大きいので結構、目を引きました。
球根はアイヌの人たちの重要な食料だったそうです。

717naharu3

エゾノレンリソウがたくさん見られました。
柄にもなく?小さな可愛い花好きの自分は・・
毎年、姿を見るのを楽しみにしている花です。

716naharu1

キツリフネの姿もありました。
子供のころに
“おこりん坊”と呼んで実を飛ばして遊んだのを・・
思い出します。

719naharu4

珍しくはないムラサキツメクサですが白色もあるそうです。
子供のころに蜜を吸ったような気もするのですが・・??

721naharu5

カスミザクラのサクランボウです。
719kasara1

ミヤマザクラのサクランボウです。
他の桜の実よりも小さいように感じました。

721naharu6

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月26日 (月)

霧フェスとかけて・・

愚作謎かけが整いましたー!

霧フェスとかけまして・・

ロボコンとときます・・・

そのこころは・・・・

どちらもコウセン(光線・高専)が活躍します。

23日に“くしろ霧フェスティバルの一番の楽しみともいえる・・

霧レーザーショーを見に行きました。

例年通りに??霧が出なくて装置?で煙を作っていましたが・・

見物するには霧が出て寒いよりは、こちらの方が楽かも?・・・

と思いました。

一回目は7時30分ごろに始まると思い込んでいて・・

ステージの斜め前の一番前に座って待っていたのですが・・・

7時50分を過ぎても始まらない・・・・

落ち着きのない自分は会場から出て外から見ることにしました。

でも、普段はあまり繁華街では人を見かけない釧路の街ですが・・

会場に集まっている人々の数を見て・・・

何となく安心?したように思います。

723kirea1

723kirea2

723kirea3

723kirea4

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月23日 (金)

春採公園のトンボ池のスイレン・・

春採公園の散策中に夏を感じる時といえば・・

トンボ池スイレンの花が咲き始めたのを目にするのも・・・

その一つだと思います。

そのトンボ池に、なんと近年・・

飛ぶ宝石といわれるカワセミが姿を見せる時があるようです。

ただ、人工的な小さな池のせいか?夏は特に汚れが・・・?!

なんとな~く、池に来るトンボも減ったように感じますが・・

これも、ウチダザリガニの影響なんでしょうかね~??

トンボ池のスイレンです。
白色とピンク、そして黄色の3色の花が咲いています。

721tosure1

清楚なイメージの白色の花です。
曇りの日や雨の日が似合っているように感じます。

716tosure3 

晴れた日も花びらの陰影が面白く感じるような・・・
716tosure9

定番?のピンクの花です。
やはり、一番、目をひかれました。

722tosure6_2

足元に見えたピンクの花を真上から覗いてみました。
719tosure22

珍しい?黄色い花も咲いていました。
少し小振りで可愛らしく感じます。

719tosure3

エゾノシモツケソウ越しにトンボ池のスイレンを撮ってみました。
716tosure33 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月22日 (木)

春採公園のシモツケソウ・・

今時期、春採公園を散策していると・・

2種類のピンク色の面白い花に出合います。

ホザキシモツケエゾノシモツケソウです。

「ガイドブック 春採湖畔花ごよみ 200選+α」によりますと・・

ホザキシモツケは、日光付近で発見された・・・

シモツケに似た花が穂状に多数つくことが名の由来で・・・・

エゾノシモツケソウは、シモツケの木に似ている草・・・・・

というのが名前の意味とのことです。

どちらも目を引く花なので散策中に出合うのが楽しみな花です。

ホザキシモツケです。
717hosim5

左側は、これから咲く蕾でしょうか?
719hosim1

アップで撮ると名前の由来通りに小さな花が・・
たくさん付いているのが分かります。

719hosim2

エゾノシモツケソウです。
最初に見た時は、ワタガシ?が浮いているように見えて・・
不思議な花だと思いました。

715esimo1

近づいて見るとホザキシモツケと同様に・・
可愛らしい小さな花がたくさん付いています。

715esim2

少し時期的に遅かったのか?枯れてきている花が多かったです。
でも散策する人たちに人気のある花だというのが分かるような・・

716ezom5 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月21日 (水)

春採公園のカスミザクラのサクランボ・・

桜の写真というと・・

やはり満開に開花している時の姿が思い浮かびます。

その後の花びらが花吹雪のように散りゆく姿や・・・

地面や水面に散った後の無情な世界の姿なども素敵ですが・・・・

どちらにしても桜の写真といえば花が主役だと思います。

しかし、今春、桜の花の種類を調べていた時に・・

桜の果実の素敵な写真を見かけました。

桜の果実ですから“サクランボ”ということになりますが・・

一般に食用にされているのはセイヨウミザクラという・・・

ヨーロッパ原産の種類の果実なのだそうです。

先週、そんな桜の果実の写真が撮ってみたくなり・・

春採公園のカスミザクラの木を見に行きました。

カスミザクラのサクランボです。
緑から赤色になり更に紫黒色になって熟すそうです。

715kasara3

715kasara4

715kasara6

715kasara7

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月20日 (火)

ラッコ雲?・・

今時期って、天気が良くなると遠出したくなりますよね~。

写真を撮り始めた頃は景色の良いところに行かないと・・

素敵な写真って撮れないと思っていました。

でも、夏の空の想像力をかきたてるような・・

様々な形の雲のアートを見ていると・・・

今、自分がこの空の元、ここに住んでいるのも何かの縁・・・・

遠くに行かずとも素敵な光景に出会えるのかも?・・・・

と思えるような気がします。

夏の雲の形って生き物が走っているように見えたり・・
飛んでいるように見えたり泳いでいるように見えたりもして・・・
本当に面白いですね。

715kuat4

715kuat1_2 

ラッコ君たちが泳いでいるように見えるような??!
715kuat2_2 

715kuat3_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月16日 (金)

カラスアゲハ・・

冠婚葬祭って、何故、花が付きものなのでしょうか?

会場などに、有ってあたり前すぎて深く考えないように思います。

死後の世界はお花畑が広がっているといいますが・・

魂を浄化してくれるのを人は無意識に知っているのでしょうか?

お花といえば蝶も不思議な存在に思います。

先週、伯母が亡くなりました。

お通夜の日の前日に伯母の妹である母が庭で・・

“珍しいものが来ている!”というので庭に出てみると・・・

黒いアゲハチョウのカラスアゲハが来ていました。

黄色いアゲハチョウは時々、来ますが、カラスアゲハは珍しい。

カラスアゲハに魂が乗って挨拶に来たとしか思えないような?!

でも、こういうことって蛍火の話などもそうですが・・

冠婚葬祭に自然に花が付きもののように・・・

宇宙的?に見れば当たり前のことなのかも知れませんね。

709karaa2

709karaa1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月15日 (木)

スズメ百まで・・

先日、鍵盤のある、おもちゃの楽器を見かけたので・・

弾いてみると子供のころに習ったオルガンの出だしの部分を・・・

指が覚えていました。

そこで、「雀百まで踊り忘れず」という諺を思い出しました。

スズメは生まれてから死ぬまで飛跳ねるクセがぬけないことから・・

幼い時に覚えた習慣は年をとっても変わらないという例えだとか。

どちらかというと、あまり良い例えに感じませんが・・

子供の頃に覚えたことって年をとっても忘れないのは事実かも?

と考えると子供の頃にいろいろなことにチャレンジしたり・・

たくさんの人と出会って刺激を受けることって・・・

将来的に本当に大事な財産になると思いました。

“あ~ぁ、子供の頃にたくさん習い事をしておきたかったな~”・・

と、な~んの取り柄も無い自分は身に染みて思うのであります。

巣立ち間もない子スズメくん、無事に旅立つことを願いたいです。
79jisuzu5

電線にとまり夕日を浴びる子スズメくん(チャンかも?)です。
初めて見る夕日は目にどのように映ったのでしょうか?!

713jisesu2

713jisesu3

親スズメさんたちは、早くも?子孫を残すための・・
次の行動に 忙しそうでした。

711jisesu1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月14日 (水)

臆病者?の子スズメくん・・

またまた、駄作謎かけが、整いましたー!

子スズメの巣立ちとかけまして・・

お坊さんになる条件とときます・・・

そのこころは・・・・

どちらもドキョウ(度胸・読経)が必要です。

我が家の物置の隙間育ちの子スズメ三兄弟、・・

二羽は無事に巣立ったのですが・・・

残り一羽が末っ子で甘えん坊のせいか?・・・・

はたまた臆病者で飛び立つ度胸がないのか??・・・・

お兄ちゃんスズメたちが巣立ってから2日も経つのに・・・・・

中々、巣立たないようです。

でも、野生では警戒心が強過ぎるくらいの方がいいのかも?!

人間世界でもコツコツと仕事をする目立たないような人の方が・・

結局、長生きして業績を残したりしますものね~。

巣立ちしたいのでしょうが、まだ勇気が出ないようです。
木をつかんでいる足から恐怖心が伝わってきますね。
711dosuz1

711dosuz2

お母さん?スズメが餌をもって巣立ちを促しにやってきました。
“早くちょーだい!”と子スズメの声が聞こえてきそうです。

711dosuzu3

“駄目、ここまで出てらっしゃい!”と・・
お母さんスズメが厳しく言っているような?!

711dosuz4

“しょうがない子ね~!”と餌を与えるお母さんスズメ。
711dosuzu5

“もう、もって来ないからね!”というお母さんスズメに対して・・
“そんなこと言わないでよ~!”と子スズメが言っているようですね。

711dosuzu6

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月13日 (火)

巣立ち間もない子スズメくん・・

今日も駄作謎かけが、整いましたー!

スズメの愛称とかけまして・・

“冬のソナタ”のヨン様とときます・・・

そのこころは・・・・

どちらもチュンサン(チュンさん・チュンサン〈冬ソナの役名〉)です。

冬ソナといえば、ドラマの中で切ない役を好演していた・・

パク・ヨンハさん、32歳という年齢で残念でしたね~・・・。

32~33歳ってスポーツ選手が引退を考えるように・・

肉体的・体力的な変化を現実的に感じる歳であったり・・・

社会的にも若手から中堅へと精神的な変化を求められる・・・・

一つの変換期のような気がします。

その変換期といえば、先日巣立った子スズメたちも・・

もう直ぐ、独り立ちへの変換期に早くも入りそうです。

野生の逞しさって凄いですね~?!

巣立ち間もない子スズメくんです。
雨の日だったために
(実際は腕のせいですが)・・
画質が悪くてスイマセーン。

710amesu8

710amesu4

710amesu6

710amesu5

そろそろ餌も自分でゲットするように言われているようでした。
710amesu7

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月12日 (月)

巣立ち直後の子スズメくん・・

久しぶりに整いました~!

子育て中の親鳥とかけまして・・

野球の試合で大逆転を狙う9回の反撃とときます・・・

そのこころは・・・・

どちらもムシ(虫・無死)が大事です。

我が家の物置の隙間に作られた巣で育ったスズメのヒナたちにも・・

巣立ちの時がやって来たようです。

親鳥(真ん中)は餌を運びながらも直ぐに与えずに・・
餌で釣るようにして巣立ちを促していました。

78sudak3

最初の一羽が物置の屋根の下区域からとうとう外界?に出ました。
巣立ちといってもいいのかも知れません?!

78sudak2

巣立った直後にも親鳥は餌を運んでいました。
この子スズメは、この後、無事に飛び立ちました。

78sudak4

経験の浅い若者のことを鳥のヒナに例えて“くちばしが黄色い”・・
などといいますが、その例えの由来が分かりそうですね!

78sudak1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 9日 (金)

巣立ち間近の子スズメくん・・

夏の間、庭で気軽に運動ができるように・・

物置にサンドバッグを吊るす角材を付けているのですが・・・

2~3年くらい前から、そのとり付けている隙間のところに・・・・

スズメが巣を作るようになりました。

このところ、子スズメらしい鳴き声がうるさいので観察してみると・・

巣立ち間近の子スズメの姿が見えました。

近年、スズメが激減しているといいます。

サンドバッグで運動できなくなったのは残念ですが・・

ここから一羽でも多く無事に巣立って成長してほしく思います。

子スズメの姿が見えました。キャワイイ~!
77kosuzum1

親鳥が盛んに餌を運んでいました。
77kosuzum3

あれ?!・・兄弟がいたようです。
右側の板の張ってある中に巣を作っているようです。

77kosuzum4

あれれれ?!・・三兄弟だったのですね。
77kosuzum5

親鳥さんは餌を運びながら巣立ちも促しているようでした。
77kosuzum6

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月 8日 (木)

ボケ味・・

写真の特徴といえば、いろいろあると思いますが・・

自分は、ボケを作ることが出来るというのが・・・

最大の特徴のように思います。

特に人物を撮ったり花を撮ったりするときには・・

背景がボケることによって主役が引き立ちます。

そのボケを演出するためには、ただボケるだけではなく・・

ボケるもののボケ具合や位置が大事になると思います。

主役を引き立てるには、ボケの縁の下の力があってこそ・・

これって、他の世界と同じですね?!

ということで、たまたま庭で撮ったボケの多い花の写真でーす。

白い花越しに撮りました。
620bokei6_2

クリンソウ越しにクリンソウを撮りました。
624bokei5

手前にあった同じ花をボカさせてもらいました。
627bokei4

背景をボカシ飛ばして・・
花も飛んでいるような雰囲気にしてみました。

630bokei1 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月 7日 (水)

らしい風景・・

北海道らしい景色といえば・・

先ずは、手つかずの自然が数多く残る雄大な風景。

そして、開拓者の方々が気の遠くなるような長い時間をかけて・・

厳しい自然環境と闘い試行錯誤しながら作り上げてきた・・・

広大な農地や牧草地の姿。

どちらがより北海道らしいというよりも・・

どちらも見られるのが・・・

北海道の風景の素晴らしいところでしょうかね~?!

7月4日、標茶町弥栄付近で見かけた風景の写真です。
74sobou3

74sobou1

74sobou2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 6日 (火)

はてしない空・・

一昨日、所用で中標津に行ったおり・・

予想よりも早めに用事が終わったので・・・

帰路は行く時に気になった風景を撮ってみることにしました。

ただ、当然ですが光線状態が変わっていたのが残念!

“写真は、一期一会”という言葉を実感したのであります。

でも、牧草を刈ったあとのシンプルな広大な風景を見ていると・・

松山千春さんの名曲「大空と大地の中で」が・・・

自然と頭の中を駆け巡るから不思議です。

標茶町の虹別~弥栄間で見た風景です。
青空が少なくて残念でしたが駆け巡る風が気持ち良かったです。

74sibeki5

74sibeki2

74sibeki1

74sibeki4_2 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 5日 (月)

シラルトロ湖・・

最近、地方に写真を撮ることなどを目的で出かけたのは・・

何時だったろうか?!

考えてみるとSL冬の湿原号を追いかけて標茶まで行ったのが・・

最後だったように思います。

昨日、所用で中標津まで行ったので・・

一応、カメラを持参したのですが・・・

やはり気持ちが撮影モードになっていないせいか??・・・・

気になるような景色を見かけても・・・・・

わざわざ車を止めて撮影する気になれませんでした。

これは写真熱が下がり気味ってことでもあるんですかね~??

途中、さざ波が立っていなかったのでシラルトロ湖を撮りました。
74reise1

74reise4_2

74reise5 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 2日 (金)

夏と虫・・

いつの間にか今年も半分が過ぎちゃいましたね~。

毎年、年が明けると、“早く暖かい季節が来ないかな~”・・

と思っているうちに“3寒3.5温”くらいの間隔で霧の季節になり・・・

気がついたら、7月8月になっているという感じがします。

その、待ちわびた夏の季節の到来で・・

これからの釧路は自然を満喫するアウトドアが最高!・・・

と思うのですが・・・

一度、病院で見てもらうほどの虫刺されの被害?にあってから・・

トラウマとなり、この季節に湿原や森林などに行くのが怖くなって・・・

自分は自然を愛する人間から、程遠くなったのであります。

などと戯言をいっちゃてますが・・

今回は庭で撮った虫(アブ?)の写真でーす。

ヒラタアブの仲間でしょうか??・・
レンズを通して見ると動作が面白く可愛らしくも感じました。

620niaab6

620niaab7

620niaab8

624niaab9

624niaab10

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 1日 (木)

ツツジと老犬・・

昨日から、また、釧路らしい?天気に戻りましたね~。

しばらくは、お日様が懐かしい日が続きそうな・・・?!

世界三大夕日も今時期は、中々お目にかかれませんが・・

その分、人を感動させる秋の釧路の夕日が・・・

綺麗になってくれるのかも知れませんね?!

先週末の暑さは、釧路仕様の人間には応えましたが・・

釧路仕様の毛皮?を身に付けた犬にも応えたようで・・・

我が家の17歳の老犬も涼しいところを求めて・・・・

家の中や庭を歩きまわっていました。

日蔭の土が冷たくて気持ち良かったのか?・・
しばらく庭で座り込んでいました。

627tupi5

ツツジを前ボケにして若返らせて???撮ってみました。
627tupi4

627tupi1

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »