« 臆病者?の子スズメくん・・ | トップページ | カラスアゲハ・・ »

2010年7月15日 (木)

スズメ百まで・・

先日、鍵盤のある、おもちゃの楽器を見かけたので・・

弾いてみると子供のころに習ったオルガンの出だしの部分を・・・

指が覚えていました。

そこで、「雀百まで踊り忘れず」という諺を思い出しました。

スズメは生まれてから死ぬまで飛跳ねるクセがぬけないことから・・

幼い時に覚えた習慣は年をとっても変わらないという例えだとか。

どちらかというと、あまり良い例えに感じませんが・・

子供の頃に覚えたことって年をとっても忘れないのは事実かも?

と考えると子供の頃にいろいろなことにチャレンジしたり・・

たくさんの人と出会って刺激を受けることって・・・

将来的に本当に大事な財産になると思いました。

“あ~ぁ、子供の頃にたくさん習い事をしておきたかったな~”・・

と、な~んの取り柄も無い自分は身に染みて思うのであります。

巣立ち間もない子スズメくん、無事に旅立つことを願いたいです。
79jisuzu5

電線にとまり夕日を浴びる子スズメくん(チャンかも?)です。
初めて見る夕日は目にどのように映ったのでしょうか?!

713jisesu2

713jisesu3

親スズメさんたちは、早くも?子孫を残すための・・
次の行動に 忙しそうでした。

711jisesu1

|

« 臆病者?の子スズメくん・・ | トップページ | カラスアゲハ・・ »

庭の野鳥」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

最後の一匹の子スズメも無事、巣立ったのですね。子スズメ物語、ほのぼのとしてとても楽しかったです。夕日を浴びる子スズメくんは、始めて見る夕日に、一人で生きて行く勇気を貰っているのでしょか?愛おしいです。

昨日の、S君と明士さんの共通の素敵な思いが、私の心を温かくしてくれました。明士さんのブログを開くと、ほっとするのは、明士さんのそんな素敵な想いが流れているからなのですね。

恥しいのですが、私も傍に居ると「ほっと」してもらえる優しい人間になるのを目指しています。昨日、「九州の陶芸家二人展」へ行った意味がわかったような気がします。

「かくれんぼ」へ行かれたら、マスターの御父様によろしくお伝え下さい。

投稿: 空 | 2010年7月15日 (木) 16時58分

空さま、いつもありがとうございます。
子スズメ物語を楽しんでいただきまして凄く嬉しく思います。
恐らく電柱にとまっているのが最後の子スズメだと思うのですが、間違いなく森田健作さんしちゃっていると思います。

ブログへのお言葉恐縮です。
傍らにいると「ホッと」してもらえる人間を目指しているというのは素敵ですね!
世の中って、そういう人を求めている人が多いように思います。
でも、すでに自然にそのようになっていると思います!

来週辺りにでも「かくれんぼ」さんに行けたらと思います。
久しぶりなので店への入り道が心配です。(笑)

投稿: 明士 立 | 2010年7月16日 (金) 08時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スズメ百まで・・:

« 臆病者?の子スズメくん・・ | トップページ | カラスアゲハ・・ »