« 幣舞夕日は、まだ見頃なの?・・ | トップページ | 11月の幣舞夕日はどうか?・・ »

2011年10月31日 (月)

夕光の幣舞通路はパワースポット??・・

夕日が幣舞橋を染める時、同時に橋の下の通路に差し込む・・

金色の光が神々しく見える時があります。

以前、春採湖畔に点在する石仏を調べたことがありました。

それは、近畿・東海地方を巡る日本最古の巡礼道の・・

西国三十三所霊場を模して造られた釧路西国三十三所霊場の・・

札所に相当する石仏であることが分かりました。

その三十三という数字は、観音経の・・

“観音様は三十三の形に身を変えて衆生を救済してくださる”・・・

ということに因んでいるそうで他にも京都の三十三間堂などが・・・・

有名ですが聖なる数字なのだそうです。

幣舞橋は長さが124m、幅33mだそうですが・・

ということは幣舞通路も33mくらいということになります。

ヌサマイという言葉と相まって33mの通路に差し込む・・

金色の光は、何か神聖な光のように思えてきます。

少し前にパワースポットというのがブームになりましたが・・

通路から見る夕日や夕光には何かパワーのようなものが・・・

あるような気がしてきます。

10月13日の通路から見た夕日です。
1013nusinkou5

同じく13日です。まさに黄金の世界ですね。
1013nusikou4

10月18日です。
1018nusinkou3

10月19日です。
黄金の光の中を歩いていく人々を見ていると・・
どこか別世界へ向かっているように感じます。

1019nusinkou2

10月27日です。
黄金の光は通路全体を包んでいるのですね。
1027nusinkou1











|

« 幣舞夕日は、まだ見頃なの?・・ | トップページ | 11月の幣舞夕日はどうか?・・ »

幣舞橋周辺の夕日」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

三十三と言う数字には、そのような深い意味があったのですね。
私が気づかないだけで、守られているのかもしれないと、思いました。

そのお話を聞いて幣舞通路に、ますますパワーのようなものを感じてしまいます。
誰も居ない幣舞通路を一人で歩くと、風の音が誰かの声のような気がして、少し怖いと感じる時もありますが、明士さんの写真を拝見していると、黄金の世界に通じる不思議なパワーを感じて、温かい気持ちになりました。
ありがとうございます。

昨日、ツイッターでなやごんさんが、「幣舞橋に夕日の写真を撮りに行ったら、明士さんと会いましたよ。」って知らせがありました。
なやごんさんとは、偶然ツイッターで再会して、お話しています。

投稿: 空 | 2011年11月 2日 (水) 10時28分

空さま、ありがとうございます。

三十三もそうですが、数字にはいろいろな意味があるようで不思議で面白くも感じます。

幣舞通路、確かに日中でも一人で歩いていると怖さのようなものを感じます。
でも、パワースポットだと思うと何となく見方も変わりますし歩くのが楽しくなるように思います。

昨日、そういえば自分以外にもカメラマンさんがいらっしゃいました。
どこかでお見かけしたような気もしたのですが、まさか知っている方がいるとは思ってもいなかったので注意していませんでした。

なやごんさん、だったのですか・・。
それは、ご挨拶もせずに大変失礼してしまいました。
この場に書いていただきましてありがとうございます。

投稿: 明士 立 | 2011年11月 2日 (水) 13時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夕光の幣舞通路はパワースポット??・・:

« 幣舞夕日は、まだ見頃なの?・・ | トップページ | 11月の幣舞夕日はどうか?・・ »