« SL冬の湿原号~東釧路乱煙・・ | トップページ | ラッコの番組を観て・・ »

2012年3月23日 (金)

科学館の向こうに沈む夕日・・

毎年、今時期と9月の20日ごろに・・

自宅から科学館の向こうに落ちていく夕日が見えます。

現在は閉館となった科学館ですが・・

屋上の天文台の形と夕日を同時に見ると・・・

宇宙というものを感じてしまいます。

昨日の3月22日です。
左側が博物館、科学館の右側に幣舞中のアーチが見えます。

322kabayu4

昨日は一度、雲に入った後に再び夕日が出てきました。
322kabayu7

秋の眩しい夕日とは違う春らしい??夕日。
322kabayu6

赤色へと変わっていきました。
322kabayu2

約1500mm相当で・・。
322kabayu3

消えるように静かに雲に入っていきました。
322kabayu5
















|

« SL冬の湿原号~東釧路乱煙・・ | トップページ | ラッコの番組を観て・・ »

夕陽」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

科学館の向こうに沈む夕日に私も宇宙を感じてしまいます。

黄色から赤い色に変わって行く静かな春の夕日がとても素敵で、宇宙のエネルギーを感じながら、夕日の中を漂っていたいと思いました☆

ペルシャヒョウのベルが亡くなったばかりなのに、ライオンのキングも泣くなってしまい、少し落ち込んでいました。

友達とベルの記帳をしていたら、体調が悪く室内に居たキングに呼ばれたので、傍まで行くと私達に「ガオガオ!」鳴いて、何かを言ってくるのですが「キング、どうしたの?」と聞いても私達には、キングの言葉が分かりませんでした。
ガラスに手をかざすとキングの鳴き声が振動となって手の平に伝わってきたことが、今でも忘れられません。
19日にお花を持って「キング、ありがとう!そしてお疲れ様でした。」と心から伝えてきました。

投稿: 空 | 2012年3月24日 (土) 14時03分

空さま、ありがとうございます。

科学館を見るいつももっと行っておけばよかったと思ってしまいます。

写真への素敵なお言葉、いつも感心させていただいております。
今回も大変嬉しいです♪ありがとうございます!

例えは悪いのですが、続く時は・・で、自分もキングの新聞記事を見て驚きました。

キングに呼ばれたのですか・・。
やはりキングも呼びたい人が来ていたので分かったのですね。
きっとキングも言葉は伝わらなくても心が伝わる人に話が出来たので満足だったことと思います。
手の平に伝わる振動とは気が通じていることを感じますのできっと空さまの波動もキングに伝わっていたことでしょう。

そして、お花をもらってお礼のお言葉をいただきキングも天国で喜んでいることと思います。

投稿: 明士 立 | 2012年3月24日 (土) 14時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 科学館の向こうに沈む夕日・・:

« SL冬の湿原号~東釧路乱煙・・ | トップページ | ラッコの番組を観て・・ »