« 春採公園の小川で見かけた霜景色・・ | トップページ | チャランケチャシの石仏たち・・ »

2013年1月31日 (木)

春採公園の小川で見かけた霜風景・・2

冬の冷え込んだ朝、窓に霜の絵が描かれています。

それを見て“なんでこんな綺麗な模様になるのだろう?”・・

といつも思ってしまいます。

冬は確かに寒くて辛く春待ち遠しいですが・・

ダイヤモンドダスト、サンピラー、フロストフラワー、御神渡り・・・

などなど自然の作り出す芸術には感動させられます。

ということで今回も昨日の続きの春採公園の小川で見かけた・・

霜の写真でございます。

1月29日、春採公園内の小川にて。
129tenha5

ちょっとアップにしてみました。
よく見ると綺麗なものですね。

129tenha6

ヒトデ?タランチュラ??・・
何か生き物のようにも見えませんか???

129tenha7

今回は(も?)上手く撮ることが出来ませんでしたが・・
やはり三脚を使って絞り込んでじっくりと観察しながら・・・
撮った方がいいんでしょうね~。
129tenha8





|

« 春採公園の小川で見かけた霜景色・・ | トップページ | チャランケチャシの石仏たち・・ »

春採湖畔の沢」カテゴリの記事

霜の花」カテゴリの記事

コメント

明士さん、こんにちは。

こちらは北緯49度なのに
ダイヤモンドダストもサンピラーもフロストフラワーも見られない土地でございます。
市街地では積雪がなく
「冬といえば雨」という土地なので
ここでは冬独特の景色ってないですねぇ。
山の上に行けばスキー場があるので
2年に1度くらい雪を見に行く程度です。
雪に慣れないので恐怖心みたいなものがあって
滞在時間30分未満で退散です、、、

昔から「雪祭り」というのにはなぜか興味ないのですが
「氷祭り」というのは、面白そうだなと思います。
釧路でももうすぐあるんですよね?

投稿: | 2013年2月 1日 (金) 07時32分

コメントいつもありがとうございます。

そうなのですか・・積雪がないのは暮らしやすそうですが冬らしい現象が見られないのは少し寂しくも感じます。
ただ、釧路も積雪が少ないのは助かります。
同じ北海道でも雪の多いところの交通障害や雪かきのニュースを見ると本当に大変そうに思います。

それにしても2年に一度というのも凄いですね。

釧路も明日と明後日に“氷まつり”があるようです。
でも、明日はこの時期なのに雨の予報が出ています。

釧路の氷まつりは子供の頃の印象と驚きが記憶に残っているせいか?昔は良かったという感じがします。
でも、きっと昔とあまり変わっていないのでしょうね~。
何故か?昔を懐かしむ今日この頃です。歳のせいって奴でしょうかね~??(笑)

投稿: 明士 | 2013年2月 1日 (金) 09時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春採公園の小川で見かけた霜風景・・2:

« 春採公園の小川で見かけた霜景色・・ | トップページ | チャランケチャシの石仏たち・・ »