« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

今時期も大人気の?幣舞橋からの夕日・・

人気の幣舞橋からの秋の夕日と同じような軌道で・・

沈むのを見られるようになってきた幣舞夕日ですが・・・

秋とは違い寒い中どれくらいの人が来ているのか?・・・・

23日に幣舞橋の上で興味を持ちながら夕日を待ちました。

2月23日です。
223numuyu6

待っているのは長く感じるものですね。
やっと夕日になってくれたと思っちゃいました。

223numuyu5

橋の上に来た時は数人のカメラマンさんがいる位でしたが・・
気がついたら段々と人が集まって来ていました。

223numuyu7

夕日のクライマックスになってきました。
ただ、秋の派手さとは何となく違うような??
でも、その違いも魅力なのかもとも思いました。

223numuyu4

間もなく日没ですね。
夕日の沈む位置からすると橋の上から撮るのであれば・・
3月の上旬から中旬あたりがいいのでしょうか??

223numuyu3

いつも通りに?水平線(地平線?)付近の雲に夕日が・・
入っていきました。
帰りがけに周りを見たら観光客の団体さんなど・・・
予想以上に人がいて驚きました。
やはり今時期も幣舞夕日は大人気なのですね?!
223numuyu1













| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月27日 (水)

逆さMOOと夕刻の幣舞通路・・

先週の23日に幣舞橋の上で夕日を待っていると・・

小波のない釧路川の水面にMOOの姿が綺麗に・・・

映っているのが目に入りました。

よく見かける光景なので珍しくはないのですが・・

川面に蓮葉氷が、ほどよく?流れているのが・・・

いつもとちょっと違うような光景に見えたので・・・・

カメラを向けてみました。

2月23日です。
223mukaki2

穏やかな川面でしたが少し波で揺れていたので・・
それに合わせてMOOの形がいろいろと変形して見えるのが・・・
面白かったです。

223mukaki1

この時間帯までは川面に映る雲の形なども分かるくらいに・・
静かでしたが、この後、夕日になると共に小波が出てきて・・・
水面に映る姿が見えなくなりました。

223kuhasuk8

中々、夕日にならないので(なると沈むのが早いですが)・・
幣舞通路を歩いて見ました。
西日が入る時間帯は、面白い光景になる場所だと思います。

223mukaki4

逆側から撮ってみました。
自分の影をアクセントに入れました。

223mukaki3

日が強く入ってきて黄金色になってきました。
ここから見る夕日も好きなので撮りたかったのですが・・
橋の上に上がってしまいました。
223mukaki5















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月26日 (火)

幣舞橋から見た釧路川の蓮葉氷・・

先週の23日に夕日を撮りに幣舞橋に行きました。

夕日を撮るというよりも、今時期の夕日を平日ではなく・・

土曜日になるとどのくらいの人が見に来ているのか・・・

気になったので出かけてみました。

夕日になる20分くらい前に着いたのですが、その時は・・

夕日を目的に撮りに来ているようなカメラマンさんは・・・

橋の上にはまだ2~3人くらいでした。

とりあえず夕日になるまで釧路川に流れている蓮葉氷を・・

撮ったりして待つことにしました。

2月23日、幣舞橋からです。
223kuhasuk1

暇つぶしに?ハート型を探してみたのですが・・
それっぽい形のものはありましたが、綺麗な形のものは・・
残念ながら見つかりませんでした。

223kuhasuk3

橋の真下の密集しているところを撮りました。
223kuhasuk2

月が見えていたので空も入れてみました。
夕暮れ時の青空も綺麗でした。

223kuhasuk4

岸壁付近にはいろいろな種類の水鳥さんたちもいました。
マガモでしょうか??

223kuhasuk5

静かな水面だと角度によって水の色が違って見えますよね。
この鳥は、スズガモでしょうか??

223kuhasuk6

この時間帯の水面は、流れは少しありましたが穏やかでした。
とても綺麗な水面アートを見ることができました。
223kuhasuk7














| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月25日 (月)

貝塚跨線橋からのSL・・しかし・・・

昨日、貝塚跨線橋に“SL冬の湿原号”を撮りに行きました。

先月、復路の写真は撮りましたが往路の湿原号の写真は・・

今シーズン初めての撮影です。

元々、鉄道ファンという訳ではないせいか?・・

年々、撮影に出かける回数も減ってきました。

昨日も何も調べずに急に思い立って行きました。

正面から向かって来るSLを撮るのは一年ぶりなので・・

最初のうちはピント合わせなど凄く緊張していたのですが・・・

ファインダー越しに段々と大きく見えてきたSLの姿は・・・・

な・な・なんとバック運転じゃあ~りませんか。

昨日の2月24日、貝塚跨線橋の下を気動車が来たので・・
撮ってみると
“ルパン列車”でした。
224kosru1

実は、自分は、“ルパン列車”を見るのは初めてでした。
あわてて撮ったので中途半端になってしまいました。

224kosru2

この列車が来ると知っていたら逆側の光線状態の・・
いい方から撮ったのですが・・・。

224kosru3

さて目的のSLが東釧路駅を出発しました。
久しぶりの撮影で緊張していたこともあり、この時点では・・
まだバック運転であることに全く気がつきませんでした。

224kosru5

風が強くて煙が流れていました。
この辺りで、もしかしてバック??とやっと気がつきました。

224kosru4

ちょっと残念でしたが、この後に煙の洗礼を受けて・・
SL撮影の楽しさを久しぶりに味わいました。
この日で今シーズンの湿原号の撮影は最後にしようと・・
思っていたのですが、もう一度行きたくなりました。
224kosru6












| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年2月22日 (金)

夕雲せまる空へ飛び立つドクターヘリ・・

薄い雪雲のような雲が空に流れている日って面白い夕空を・・

見ることが多いと思います。

先日も窓からそんな景色を眺めていると市立病院の屋上で・・

待機していたドクターヘリがその日の業務が終わったようで・・・

飛び立つ準備をしているところでした。

ちょうど妖艶な色になってきた空を撮影しようと思っていたので・・

その空に向かって飛び立つところを撮ることにしました。

ちょっと古い?ですが2月9日です。
飛んでいる飛行機が見えるでしょうか?

209kuheas

ちょっと遠いので小さく見えて分かりにくいと思いますが・・
ドクターヘリが飛び立ちました。

209kuheas2

雲の方に向かって飛んで行くように見えました。
209kuheas4

アッという間に見えなくなっていきました。
209kuheas5








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月21日 (木)

幣舞橋から見た冬の夕日・・4

写真の上級者の一番、凄いと思うところは初めて行った場所や・・

数度しか行ったことがないようなところでも絵になるポイントを・・・

確実に見つけて素晴らしい作品を作れることです。

自分などは、同じところに何度も通っても中々、いい構図を・・

見つけることが出来ないのです。

そればかりか、何とかいい撮り方を見つけたとしても・・

翌シーズンに行くとそれを活かすことが出来ずに・・・

また、一からやり直しになってしまうのです。

先日も幣舞橋で夕日を撮っていた時に何年も前から・・

フレーミングする時にいつも気を付けていたことを・・・

すっかり忘れて撮っていたのであります。

上級者への道は限りな~く遠いようですな~。

今回も2月14日からです。
214ganufu4

日没間近な夕日を撮っていると橋の近くの街灯の一つが・・
点灯したことに気がつきました。
そこで、その街灯を入れて撮ることにしたのですが・・
川沿いの街灯と元港町ビールの建物が重なっていることに・・・
気がつかずにフレーミングしていました。

214ganufu3

そこで少し移動して両方が重ならないようにしたのですが・・
夕日が雲にほとんど入ってしまいました。
この構図がいいという訳では、もちろんないのですが・・
隅々にまで直ぐに気を配ってフレーミングするようでないと・・・
上級者への道は遠いですよね。

214ganufu1

などと書くことがないもので今回も屁理屈が多くなりましたが・・
飽きないようにいろいろと考えて撮るのも楽しいです。
日没後のほんのりと赤く染まる川面も綺麗でした。
214ganufu5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月20日 (水)

幣舞橋から見た冬の夕日・・3

秋の夕日を幣舞橋周辺に撮りに行くと、たくさんの・・

カメラマンさんが来ていますが、その人気の高さよりも・・・

高価な機材を使っている方の多さに一番、驚きます。

当然、それだけの凄い機材を揃えるほど写真に・・

熱中されているのですから素晴らしい作品をたくさん・・・

撮られているのは間違いないでしょう。

自分などとは求めている次元が全く違うのでしょうな~。

そんな方々の中で撮る秋の幣舞夕日撮影は・・

凄く引け目を感じて何か場違いな所にいるようで・・・

気弱な自分は、いつも落ち着かないのです。

しかし、今時期の冬の夕日は被写体としての魅力は・・

秋の夕日より落ちるのかも知れませんが、気楽に・・・

移動できるくらいにカメラマンさんも少なめということもあり・・・・

自分にとってはとても魅力的に感じます。

今回はそんな人の少ない時に遠慮なく?撮影の練習をした・・

幣舞夕日の写真でございます。

2月14日です。
川沿いの街灯を活かして撮る練習をしてみました。

214gafunu1

上の写真の位置から少しズームしてみました。
秋の夕日の時期は、平日でも撮りたい場所に自由に移動して・・
撮れなかったりしますが、この日は好きな所から撮れました。

214gafunu2

更にズームして手前の街灯だけ入れてみました。
この日、幣舞橋の上で撮っていたカメラマンさんは・・
他に2~3人くらいだったので調度、理想的??でした

誰もいないというのも寂しいですよね~。
214gafunu3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月19日 (火)

幣舞橋から見た冬の夕日・・2

先日、MOOの2階にある観光や各施設などのパンフレットを・・

置いているコーナーで、自分の撮った写真が使われている・・・

チラシ(パンフレット?)を見かけました。

この写真は、いろいろな市関連のパンフレットや広告などにも・・

使っていただいているようで大変ありがたいです。

ただ、10年くらい前にまだ画素数の少なかったデジカメで・・

撮ったものなので同じ構図でまた撮りたいと思っていました。

その後、一眼レフを使うようになってから撮りに行ったのですが・・

何故か同じようには撮れないのです。

“写真は、一期一会”などという言葉をよく聞いたりしますが・・

全くその通りだと思いました。

でも、実際に撮影に行くといつのそのことをスッカリと忘れて・・

“後悔先に立たず”という言葉が後で思い浮かぶんですよね~。

今回の写真は、14日に一期一会の気持ちで撮った???・・

幣舞夕日の縦位置写真編でございます。

2月14日、春の像です。
四季の像を活かして夕日を上手く撮る人が多いですが・・
自分は上手く配置できず、どうも苦手です。

214futayu1

夕日の沈む位置が、だいぶ西の方に移動してきました。
この日も縦位置でも撮ってみることにしました。
この日は風も穏やかで静かな夕暮れでした。

214futayu6

水平線(地平線?)付近にいつも通りに?雲がありました。
間もなくその雲に夕日が入るところです。
手前の氷たちがいいアクセントになってくれたと思います。
214futayu7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月18日 (月)

幣舞橋から見た冬の夕日・・

日に日に夕日の沈む位置が西の方に移動してきたので・・

秋と同じような感覚で幣舞橋周辺からの夕日撮影が・・・

出来るようになってきました。

しかし、秋も冬も夕日が綺麗なことは同じだと思うのですが・・

秋の方が季節的にまだ暖か味があるせいか?冬に較べると・・

色合いにも暖か味のようなものがあるように感じてしまいます。

そして、秋は岸壁にサンマ船などが並んでいるので・・

構図的にもより夕景が引き立つようにも思います。

でも、実際に幣舞橋から冬の夕日を見ていると・・

そんなことは関係なしに写真に撮りたくなりました。

ということで今回は幣舞橋からの夕日の写真でございます。

2月14日です。
214muakayu1

この日は、MOO側の川面だけに蓮葉氷が流れていました。
派手さはなかったですが中々、綺麗な夕日でした。

214muakayu2

目の前に気になる氷があったので撮ってみました。
もうちょっと丁寧に撮れば良かったです。

214muakayu3

間もなく夕日が水平線付近の雲に入るところです。
この日は空一面が夕色に色付くことはなかったですが・・
やはり幣舞橋からの夕日は素晴らしいと思いました。
214muakayu5






| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月17日 (日)

蓮葉氷が流れるMOO前の釧路川・・

幣舞橋から釧路港の向こうに沈む冬の夕日が見られる・・

時期になったので、14日に行ってみました。

2週間前に行った時と同じような時間帯に着いたら・・

思ったよりも日が長くなっていて夕日には早過ぎました。

そこで、MOOで地元の写真家が撮った道東の野生動物の・・

写真展が開催されていることを思い出して寄ってみました。

“好きこそものの上手なれ”といいますが、凄い写真ばかりで・・

自分の写真とのレベルのあまりの違いを実感させられました。

撮っている方々の熱意の違いなんでしょうな~。

ということで、そんな熱意の感じられないお気楽写真ですが・・

今回は、MOO周辺で撮った写真でございます。

2月14日です。
214komuha3

MOOの前を蓮葉氷が上流に向かって流れていました。
間もなく夕日の時間帯になります。

214komuha5

近くから流れていく氷を見てみました。
結構、大きな氷もありますね。

214komuha4

対岸側の方には氷がありませんでした。
いろいろな種類の水鳥やカモメの仲間がいました。

214komuha1

MOOに西日が当たってきました。
水面に映る金色も綺麗でした。

214komuha2

MOOが更に西日を受けて輝いてきました。
この日はそうでもなかったですが、建物が凄く輝いて・・
神々しく見える時ってありますよね。

214komuha7

川面の反射にも色が付いてきました。
もう直ぐ夕日が始まりそうですね。

214komuha6















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月14日 (木)

雪被るチャランケチャシの石仏たち・・

今から90年ほど前の大正13年(1924年)に、平安時代から・・

近畿地方で巡礼されている西国三十三ヵ所観音霊場を模した・・・

釧路西国三十三ヶ所霊場が設置され開眼しました。

設置された理由はいろいろあるようですが、その一つが・・

春採湖で亡くなった人たちの供養のためといわれています。

春採湖を琵琶湖に見立てて米町の寺院街から春採湖周辺を・・

巡る約10キロの道のりです。

春採湖畔の散策路や竹老園庭園で見かける石仏は・・

その観音霊場の札所にあたる観音石仏になります。

チャランケチャシにある6体の石仏のうち5体は・・

その観音石仏になります。

夏の間は、うっそうとしているようで近寄りがたいですが・・

冬の間は開けているので、春採公園に行った時には・・・

ついでにでもチャランケチャシに立ち寄って釧路の歴史を・・・・

見守ってきた石仏さんたちを是非、観察してほしいです。

といいたいですが長靴が必要かも・・・。

2月8日、雪上がりのチャランケチャシの石仏さんたちです。
208yutyaka4

第1番と最後の第33番は米町の西端寺さんにあります。
西端寺さんから始まって戻るコースになります。
この石仏さんたちも全て最初からここにあった訳ではなく・・
移動されてきたものもあるようです。

208yutyaka2

向かって左から第12番の千手観音、第11番の准胝観音、・・
お地蔵さま、第20番、第10番、第22番の千手観音です。
10年くらい前にお地蔵さまと第10番の石仏が壊されて・・
倒れていたことがありましたが(喧嘩の腹いせに蹴られた?)・・・
その後、修復されたようです。
208yutyaka3

スコップを持って長靴を履いていったのですが・・
誰も入っていなかったので短い距離ですが・・・

何度か軽く埋まりました。
写真を撮った後に雪を払わせていただきました。
208yutyaka1











| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月13日 (水)

春採公園で見かけた雪上がりの自然風景・・

冬の自然風景らしい写真を撮ろうと思うと車などで・・

ある程度の距離を走らなければなりません。

しかし、雪の降っている時や雪上がりの日であれば・・

市街地にある公園などでも自然の中で撮ったような写真を・・・

撮ることができると思います。

今回は、雪上がりの春採公園で見かけた、そんな・・

なんちゃって自然風景写真でございます。

2月8日です。
208hasiyu3

“天使の沢”と勝手に呼んでいる場所です。
自然の中に入って撮ったように見えないでしょうか??

208hasiyu2

小川の方に下りてみました。
手前の木を活かしてみたのですが・・・。

208hasiyu4

上から小川の見える位置に移動しました。
もうちょっと工夫すると我ながら面白い構図かも??

208hasiyu5

トンボ池です。
小川の流れて来ているところが少し融けていました。

208hasiyu7

融けている部分を少しアップで撮ってみました。
春採公園には、水が流れて来ている沢がたくさんありますが・・
水はどこから来ているのでしょうかね~??
208hasiyu6





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月12日 (火)

雪上がりの春採公園にて・・

釧路は雪が少なくて道内の他の地方に較べると・・

冬は過ごしやすいといわれます。

確かに、その通りだと思います。

でも、雪が降ると除雪や運転などのことを考えると・・

やはり、憂鬱になったりします。

しかし、雪が降ると美しい風景が見られるのもまた事実。

先週の2月8日、そんな風景を求めて・・

雪上がりの春採公園に行ってみました。

2月8日です。
208yuaha1

新雪の雪面を多く入れて影にもこだわってみました。
自分では悪くないと思うのですが・・・。
午後から行ったのですが午前中の早い時間帯なら白樺の木に・・
雪が残っていたのかも知れません。
208yuaha2

春採湖のボート乗り場の桟橋です。
といってもボート屋さんはなくなってしまいましたが・・・。
子供の頃はこの辺りでスケートを滑っていました。

208yuaha3

チャランケチャシ側の桟橋です。
こちらは、かなり前に廃業した桟橋のためか?・・
かなり変形しています。

208yuaha4

チャランケチャシの入り口付近です。
何もないところで何かをさがして撮る練習をしました。

208yuaha5

トンボ池の駐車場付近です。
爽やかな冬の青空でした。

208yuaha6

雪のついている木の枝が面白かったので・・
面白く感じた部分をアップで撮ってみました。

208yuaha7

バーベキューコーナーです。
17㎝ほど降ったそうなので椅子が雪に埋まりそうでした。

208yuaha11

別な角度で撮ってみました。
雪はいろいろな色に写るのも面白いですね。

208yuaha10

ネイチャーセンター付近のマツボックリ?の上にも・・
少し雪が残っていました。

208yuaha12

















| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年2月11日 (月)

釧路川の街灯が点く刻・・

夕方、天気予報の中継などで釧路川周辺が映ると・・

MOOと共に川沿いに並んでいる街灯の灯りの列が・・・

凄く幻想的で綺麗に感じます。

その街灯は、オレンジ色というイメージがありますが・・

点いて直ぐは白色のようで段々と色が変わっていくのを・・・

見ているのも面白いです。

2月1日です。
街灯が点った直後です。まだ白色ですね。

201rakome4

いつもの?色に変わりました。
この日は16時半頃に点灯しました。

201rakome3

対岸の街灯の方が早く点灯したように思います。
もう少し暗くなると街灯の灯りが綺麗に迷路にも・・
反射して見えたと思います。

201rakome2

迷路のライトアップの光も浮き上がってきました。
これから更に綺麗になったことでしょう。
201raikome1










| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 9日 (土)

氷の迷路と釧路港夕景・・2

このところ夕日の写真ばかり更新しているように思います。

というよりも、あまり写真を撮りに行かないので・・

一度、撮影に行くとブログ記事の何日分にも・・・

小分けしながら使ってしまうのであります。

でも、夕日の写真は自分で選んでいても楽しいです。

釧路の夕日の魅力に惹かれるからなのでしょうな~。

といいながらも今回も小分けしてしまいました。

氷の迷路と釧路港夕景の写真の縦位置版でございます。

同じような写真が続いてスイマセ~ンです。

2月1日です。
201kuyuk2

雲があって光が弱いせいか?静かな夕日でしたが・・
水面がオレンジ色に染まりました。

201kuyuk1_2

夕日の入れる位置を変えて撮ってみました。
日没と共に更に水面の夕色が濃くなりました。

201kuyuk3

間もなく日没のようですが雲に入ってしまい・・
弱い光の赤い夕日になりました。
その後、このまま夕焼けにならずに暗くなっていきました。
201rakome6









| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 8日 (金)

氷の迷路と釧路港夕景・・

昨夜の雪は結構、積もりましたね~。

雪の多い地方の人たちから見ると日常的な積雪量だと・・

思いますが釧路人は除雪に慣れていないので疲れますね。

毎日のように除雪をしている豪雪地帯の方々は・・

本当に大変だろうな~と思います。

ということですが今回は写真と文は関係ありませんです。

MOOから見た釧路港の向こうに沈む夕日でございます。

2月1日です。
201simeki1

前日は川面が氷で覆い尽くされていましたが・・
この日は静かな川面でした。

201simeki2

手前の方に氷が見えたので少し明るめに撮りました。
もう少し氷があるといいのですがね~。

201simeki3

川面と氷の迷路がオレンジ色に染まるのを期待したのですが・・
この日の光の弱い夕日では今一つでした。

201simeki4

水平線(地平線?)付近の雲が思ったよりも厚かったようです。
まもなく雲に入ってしまうところです。

201akakomu1

雲の様子から思った通りに赤い夕日になりました。
夕焼けも見れそうにありませんね。
201akakomu2














| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 7日 (木)

静かな冬の釧路川夕景・・

1月31日に氷の迷路と夕日の写真を撮りに行った時に・・

160枚ほどの写真を撮ったのですが帰ってからパソコンで・・

確認するとピントが合っていたのは、30枚くらいでした。

いつも使っているデジタル一眼レフカメラは、もう・・

8年以上も酷使しているので限界なのかも?と思いました。

そこで、翌2月1日に本当に限界がきたのか確認するために・・

前日と同じく夕日を撮りに行ったのであります。

2月1日です。
視度調整なども再確認しながら慎重に撮りましたが・・
やはり、ピントの合う位置が実際にファインダーで見るのとは・・・
ズレているようでした。
でも、ズレて見えていてもAFで撮ると何とか大丈夫でした。

201kumeyu1

前日は川にビッシリと氷が浮かんでいたのにこの日は・・
ほとんどありませんでした。
何故?日に寄ってこんなに違うのでしょうかね~??

201kumeyu2

この日は雲のお陰で面白い太陽を見ることができました。
本当はこのままここで夕日を待ちたかったのですが・・
氷の迷路と夕日の共演も撮りたかったので移動しました。

201kumeyu5

川に氷がある時も冬らしくていいですが静かな川面も・・
雰囲気があっていいですよね~。
肝心のカメラですがAFもかなり鈍くなってきているので・・
そろそろ限界なのかも?と思いました。
201kumeyu6





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 6日 (水)

釧路川夕氷景・・

今時期というか冬の夕方に釧路川に行くと川面に・・

たくさんの氷が見られる時とほとんど見られない時があります。

日中の気温が低いから必ず見られるという訳でもないようで・・

気温が高いのに見られたりする時もあります。

風や潮の流れの影響が大きいのでしょうかね~?

まぁ~、そのような専門的なことは分かりませんが・・

この氷が海に流れ出ると釧路産の流氷ということに・・・

なるのでしょうかね~??

1月31日です。街灯が点いていないところがあるのは・・
やはり節電のためなのでしょうね??

131kakoyu4

この日は、隙間のないくらいに川に氷がありました。
よく見ると結構、大きな氷もたくさんありました。
この氷たちは、どこに行くのでしょうかね~?

131kakoyu3

日没後のこの深まっていく青い空も綺麗ですよね~。
観光客さんらしき人たちが(台湾からの方でしょうか??)・・
写真を撮っていましたが、暖かい所から来た人たちには・・・
珍しい風景なのでしょうね~。
131kakoyu1


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月 5日 (火)

夕日と氷の迷路・・2

今年の“くしろ冬まつり”は、気温が上昇したり・・

強風に見舞われたり地震がきたりと自然現象の・・・

洗礼を受けたように感じますね。

当然、屋外で行われる行事ですから・・

毎年、いい条件になるはずもないですが・・・

新聞を見ると結構、賑わっていたのですね。

でも、来年は、花火が見たいな~。

今回は、夕日と氷の迷路の縦位置写真編でございます。

1月31日です。
131tameko2

釧路の夕日は、秋の夕日が最も素晴らしいと思いますが・・
透明感のある冬の夕日もいいですよね~。

131tameko1_2

川に氷がたくさんあった方が冬の景色らしくていいですが・・
川面に少し氷が浮かんでいるくらいの静かな川面の方が・・・
自分は好きだったりします。

131tameko3

間もなく日没です。
本当は、この後の夕焼け空が秋に負けないくらいに・・
冬はいいんですよね~。
131tameko4













| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年2月 4日 (月)

夕日と氷の迷路・・

先週の天気予報では、“くしろ冬まつり”の開催される・・

初日の2月2日は雨とのことでした。

そこで、2日前の1月31日に一足先に氷の迷路を・・

見に行くことにしました。

まだ製作中だろうと思っていましたら・・

ほとんど完成していたので驚きました。

毎年、この綺麗に作られた姿を見ると・・

迷路としての設計もありますし寒く冷たく重たい作業・・・

本当に大変だろうな~と感心してしまいます。

1月31日です。
131koyume1

MOOエプロンからです。
予想に反して川に氷がたくさん浮かんでいました。

131koyume2

氷の迷路が完成していました。
この日は、夕日も綺麗に見えました。

131koyume3

ここから見るとちょうどいい位置に夕日が落ちていきました。
氷と夕日、釧路らしい風景の一つですね。

131koyume4

日没直後です。
夕日を撮りに来ている人たちの姿も見えました。
岸壁からだと素敵な夕日の写真を撮られたことと思います。
131koyume5_2














| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 1日 (金)

チャランケチャシの石仏たち・・

仏像の世界は人間社会と似ているそうです。

大きく分かると如来菩薩明王などのグループになります。

一番上が阿弥陀如来などの如来で、悟りを開いた存在で・・

会社では社長や会長などに相当します。

次が部長クラスの観音菩薩などの菩薩で、如来になるために・・

日々、人々を救済して修行を積んでいます。

その下が課長クラスになるのでしょうか?不動明王などの・・

明王で反発する者などに厳しい態度で臨む武闘派です。

更にその下が帝釈天や毘沙門天などの天で・・

インドの神話に出てくる神様で仏教界の一員ではないですが・・・

仏教を守る助っ人外国人のような存在でしょうか。

チャランケチャシにある石仏は近畿地方を中心に1000Km・・

にも及ぶ寺院を巡る西国三十三か所霊場を模して作られた・・・

ミニ霊場の札所にあたる観音石仏たちになります。

実は、人々の願いを聞いて救済して下さる・・

観音さまたちなのでありま~すぞ。

1月27日、チャランケチャシの石仏さんたちです。
127tyaseyu1

向かって左から第12番の千手観音、第十一番の准胝観音、・・
お地蔵さま、第20番、第10番、第22番の千手観音です。

127tyaseyu2

近づいて見ると千手観音は手がたくさん付いています。
左から二体目の准胝観音も手がさくさんありますが・・
准胝観音は18本の手があるそうで安産や子宝の信仰も・・
ある観音さまだそうです。
お地蔵さんも地蔵菩薩という菩薩、つまり部長さんなので・・
中間管理職として日々、救済が忙しいようですね。
127tyaseyu3_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »