« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月28日 (金)

貝塚カーブからの青空とSL冬の湿原号・・

先日、久しぶりに東釧路駅先にある貝塚の大カーブに・・

SL冬の湿原号の写真を撮りに行った時に焦ってしまい・・・

上手く撮れませんでした。

そこで、再び、貝塚カーブに行ってみました。

2月24日です。
SLが来る前に来た車体を適当に撮ったらルパン列車でした。
知っていたら、もっと集中して撮ったのですが・・・。

224aoruke1

貝塚の大カーブからです。
この日は、快晴の青空が素晴らしかったです。

224aoruke2

少しアップにして待ちました。
煙が少し右の方に流れているような・・・。

224aoruke3

目の前に来ました。
やはり、煙が右の方に流れているようでしたので、この日は・・
これで良しとしました。

224aoruke4

それにしても、素晴らしい青空ですね~。
SLの煙も青空に映えて見えました。

224aoruke7

この日のお客さんたちは最高の旅だったと思います。
自分も乗って行きたくなっちゃいました。
224aoruke6















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月27日 (木)

SL冬の湿原号~東釧路猛煙・・

SL冬の湿原号の運行シーズン中に、貝塚跨線橋から・・

撮影することが多いのですが、毎回、目指しているのが・・・

市街地から撮ったように感じないような写真です。

正直、自分の腕では難しいのかも知れませんが・・

それっぽく撮れた時は、ちょっと充実感も感じたりします。

今回は、自分にしては、そのように撮れたと思う??日の・・

写真でございます。

2月20日です。
220hikumo1

東釧路駅を出発しました。
この時点での煙の流れも少し右寄りですがいいですね。

220hikumo2

この辺りでもドレーンを出してくれるとは嬉しい!
ちょうど煙の間から保線の作業員さん?の姿も見えます。

220hikumo3

更に近づいて来ました。
家並みの間で撮ったように感じなくなったような??

220hikumo4

最後は、アップです。
もはや、どこで撮ったのか?分かりませんね?!
220hikumo5







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月26日 (水)

別保川を渡る帰路のSL冬の湿原号・・2

22日のSL冬の湿原号は、往路がバック運転とのことで・・

復路の列車を狙って別保川の河川敷に行きました。

しか~し、残念ながら天気が今一つになってしまいました。

翌23日も同じようにバック運転とのこと。

そこで、快晴の素晴らしい天気だったこともあり・・

再び前日と同じところに撮りに行ったのであります。

しかし・・・?!

2月23日、別保川を渡るSLが来ました。
223ribesi1

あれれ??DLが付いているではあ~りませんか?!
おまけに煙が出ていない・・・。
前日は遅れて来ましたし調子が悪かったんですかね~?

223ribesi3

う~ん、折角の天気なのにちょっと残念・・・。
茫然とシャッターを押しながら見送るのでありました。
でも、2日とも完敗でしたが、ゆったりと撮影を楽しめました。
223ribesi4




| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月25日 (火)

別保川を渡る帰路のSL冬の湿原号・・

22日、23日とSL冬の湿原号を牽引するSLがいつもと違い・・

標茶行きが逆向き走行とのことでした。

シーズン中に数回しかないので別保川を渡る帰路の列車を・・

撮ることにしました。

曇り気味でしたが青空が少し見えていて、川には・・

ワカサギ釣りのテントもほどよくあって面白い風景が・・・

撮れると思ったのですが通過予想時間になっても来ない?!

結局、10分くらい遅れて来たのですが、その間に・・

すっかりと曇ってしまい、テントも減っていたのであります。

2月22日、別保川の河川敷からです。
222kuokube1

待っている間に雲が広がって暗くなってきたのですが・・
高感度に弱い古いカメラなので感度も上げたくないですし・・・
シャッター速度も落としたくないので、暗めに撮って後で・・・・
レタッチで修正することにしました。

222kuokube3

鉄橋の間に色とりどりのテントが見えたので列車が来るのが・・
楽しみだったのですが、遅れた間に減ってしまい残念でした。
自分以外にもう一方のカメラマンさんがいました。
明日、もう一度、ここにリベンジに来ようと思いました。
222kuokube5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月24日 (月)

SL冬の湿原号・・東釧路流煙・・・

SL撮影の時に一番、気になるのが風向きだと思います。

あまり風がない方が煙が素直に上がったり流れたりするので・・

鉄橋や湿原などのベスト撮影ポイントでは特に気になります。

ただ、煙で列車が隠れたりするのも面白いとも思います。

って、お気軽に撮影に行ける地元の人間だから無責任に・・

そう思ったりもしますけど、遠方から短いスケジュールで・・・

来ている方のことを考えるとやはり煙が綺麗に流れる・・・・

条件でいつもあってほしいものですね。

ということで今回は、貝塚跨線橋から撮ったSL冬の湿原号の・・

その豪快に?流れる煙の写真でございます。

2月20日です。
220kinamu4

貝塚跨線橋から見た東釧路駅です。
この日は、煙が向かって右の方にかなり流れていました。
煙が黒い生きもののようにも見えました。

220kinamu3

まもなく出発のようです。
ここに自分が撮りに来た時は、どちらかというと逆の左の方に・・
流れていることが多いです。

220kinamu2

流れるということでSLが来る前に遊んだ流し撮りです。
流し撮りは、慣れが必要ですが、普段、ほとんど撮らないので・・
6~7枚撮ってこの一枚だけが何とか見られる写真でした。
220kinamu1











| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月22日 (土)

貝塚カーブからのSL撮影・・しかし・・・

昨日、久しぶりに東釧路駅の先にある貝塚の大カーブに・・

SL冬の湿原号の写真を撮り行きました。

ここは、市街地なので自然の中を走るSLというイメージを・・

撮る場所ではありませんが、間近から迫力ある姿を気軽に・・・

撮ることの出来るポイントの一つのようです。

しかし、ここに限らず以前からSL撮影時に注意していた事を・・

今回もすっかり忘れて撮ってしまいました。

SLに限らず、シーズンものを撮る最初の撮影の時は・・

必ず過去に学んできたことを忘れているんですよね~。

学習能力って奴が、自分にはないのでしょうな~。

って、毎年、同じようなことを書いていますが・・

やはり、今年も書いてしまいました。

昨日の2月21日です。
青空と白い雲が印象的だったので広く撮りました。

221kasimo1

SLに集中しました。
標準ズームでは、この距離では中途半端ですかね?
上の写真のままのフレーミングの方が良かったのかも??

221kasimo2

手前に来るのを待ちました。
このまま、列車が右の方まで来るのを待って煙とドレーンを・・
多く入れるのが自分の狙いだったのですが・・・。

221kasimo3

大失敗!やっちまいました。
ファインダーの中の車体が、右の方ギリギリまで来るのを・・
待てずに焦ってカメラを進行方向に振ってしまい、SLの頭を・・・
写真の真ん中に入れてしまいました。

221kasimo4

慣れないと近づいて来た時に急にスピード感と迫力を感じて・・
圧倒されて焦っちゃうんですよね~。
それから、この真横の構図だと車輪の動きがないと止まって・・
見えるので流し撮りの方がいいんでしょうかね~。

221kasimo5

う~ん、自分には撮り鉄さんへの道は限りなく遠そうです。
それにしても、今時期の青空の色って素晴らしいですよね~。
今回は、欲を出してたくさん撮ろうと思ったのが失敗の・・
要因だったので次回は、真面目に?置きピンで撮ろっと!
221kasimo6








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月21日 (金)

SL冬の湿原号~東釧路昇煙・・

鉄道ファンという訳ではなくてもSLを見ると・・

トキメキ感のようなものを感じたりしますよね。

SL冬の湿原号の運行シーズン中に貝塚跨線橋に何回か・・

その姿を撮りに行くのですが、東釧路駅に入って来るSLの・・・

姿を見るといつもワクワク感やトキメキ感、ドキドキ感?を・・・

感じてまた行きたくなってしまうんですよね~。

2月15日、東釧路駅を出発でーす。
215kemika1

煙が上がってきました。
この風景を見るのがいつも楽しみです。

215kemika6

更に上がりました。
上からこの風景を見れるのがここの良いところだと思います。

215kemika2

煙の流れが面白いです。
この日は、煙が向かって左の方に流れていました。

215kemika3

少しづつ加速してきました。
SLの鼓動も強く感じてきます。

215kemika4

間もなく跨線橋の下を通ります。
この時に浴びる煙の匂いもいいんですよね~。

215kemika5













| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月20日 (木)

氷浮かぶ釧路川を行く材木船・・

今月の8日、幣舞橋に夕日の写真を撮りに行った時に・・

釧路川を船が貯木場まで材木を曳いて上る風景を・・・

久しぶりに見ました。

やはり、釧路川のなくてはならない風物詩の一つだと・・

船の速度を感じながら思いました。

2月8日、幣舞橋からです。
208kozamo7

間もなく幣舞橋の下を通ります。
この船が航行するのに相応しい穏やかな川面でした。

208kozamo6

川面に映るMOOも入れて撮ってみました。
写真的には、空が白かったのが残念です。

208kozamo5

橋の上流側の歩道から撮りました。
真上から見ると迫力のようなものも感じます。

208kozamo3

右側の船が曳いている長い筏に乗って作業をするのだと・・
思いますが、氷り浮かぶ水面上ですから大変ですね。

208kozamo2

この先、久寿里橋、旭橋、釧路川鉄橋、貝塚大橋の下を・・
通って雪裡橋手前の貯木場まで行くのですね。
208kozamo1









| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月19日 (水)

窓から見た幻想的な夕空とオジロワシ・・

昨日の夕暮れ時に窓の外が幻想的な色に染まっていたので・・

外を眺めてみるとオジロワシが飛んでいるのが見えました。

冬になると市街地の上空でも頻繁にオジロワシの姿が・・

見られるのでワシファンには嬉しいです。

昨日の2月18日です。
遠いので小さく見えましたが飛んでいる姿がカッチョいいので・・
オジロワシだと直ぐに分かりました。

218yumaoj1

この写真は、2月12日の夕空です。
昨日の夕空も幻想的でしたが、この日も冬らしい鮮やかな・・
凛としたオレンジとでもいうのでしょうか?美しい夕空でした。
212mauoj1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月18日 (火)

神の化身雲と春の像・・

今回は、前回の幣舞橋からの神秘的?な夕雲写真の続きで・・

春の像とその神の化身雲??のコラボの写真でございます。

2月8日です。
208kikuha2

雲の形が鳳凰やフェニックスのような伝説の神の姿のように・・
見えてしまいます。
神様の使いの雲で、釧路の春に吉兆が起こることの・・
前触れであってほしいものです。
208kikuha1




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月17日 (月)

幣舞橋からの夕刻の龍雲・・

腰が痛いよ~、体が痛いよ~・・・。

釧路だけではなく、特に太平洋側に住んでいる方たちは・・

慣れない雪かき作業で同じような症状?を訴える人が・・・

今日は多いことでしょうね~。

ということで雪の写真と行きたいところですが、今回は・・

幣舞橋から見た龍のような??雲の写真でございます。

2月8日です。
208nukaun1

幣舞橋からです。
この日は、夕日を撮りに行ったのですが厚い雲がありました。
ただ、雲の形が面白く見えました。

208nukaun3

お日様付近をアップで撮ってみました。
真ん中に頭のある龍?または鳳凰?いやキングギドラ??に・・
見えないでしょうか??!

208nukaun4

雲が川面に写る姿も面白く見えました。
この日は、少し氷の浮かぶ静かな川面でした。
夕日は、見れなくて残念でしたがありがたいもの?が見れて・・
とてもラッキーだと思いました。
208nukaun5








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月15日 (土)

貝塚跨線橋からのSL冬の湿原号・・

元々が鉄道ファンではない自分は、SL冬の湿原号”の・・

撮影に出かける日が、年を追うごとに減っているのですが・・・

貝塚跨線橋には必ずシーズン中に数回ですが行っています。

ここは、“湿原号”のイメージからは遠い、住宅地になるので・・

人気の撮影ポイントにはならないようです。

初めてここから撮ったのは、2001年だったと思いますが・・

その年の3月にネガフィルムで撮った写真が、今でも・・・

ここから撮った写真の中ではマイベストショットです。

当時は、初めて撮ったSLの姿に惹かれて、撮り鉄さんに・・

近い位に追っかけていたので、失敗ばかりで下手くそな・・・

写真がほとんどでしたが、写真から伝わってくるパワーが・・・・

違っているからなのでしょうね~。

あの頃の情熱のようなものが懐かしい・・・。

2月12日です。
SLを待っている間に気動車が来たので、暇つぶし?に・・
カメラを向けてみるとルパン列車でした。

212kakako6

ここからの撮影の楽しみの一つは、東釧路駅を発車する時の・・
高く上がる煙が見られることです。
この日は、真っ黒い煙が上がっていました。

212kakako3

自分がここのポイントが気に入っている一番の理由は・・
まだ、SLがスピードに乗る前なのでジックリと撮りやすく・・・
慣れない鉄道写真撮影の練習になるからです。

212kakako1

雪の日だと周りの景色が霞んで住宅地に感じないような・・
写真が撮れる場所でもありますが、逆に晴れていると・・・
建物の影が線路に落ちてしまうという所でもあります。

212kakako4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月14日 (金)

儚き霜の花物語・・

昨日、運転中にカーラジオから“神田川”“22才の別れ”と・・

懐かしい曲が続けて流れてきました。

両曲とも青春の儚さのようなものを感じる名曲ですよね。

今回は、その青い春の儚さではなく、白い冬に咲いた花の・・

儚き世界の写真でございます。

先月の22日、春採公園の小川からです。
122utuhasi6

小川の中で見かけた霜の花です。
こんなところにも咲くのですね。

122utuhasi12

緑の草にも咲いていました。
氷らないこの小川は水温が高いのでしょうか?

122utuhasi13

力弱い姿に見えますが存在感も感じました。
命あるもののようにも感じます。

122utuhasi15

まもなく消えてなくなるのでしょう。
形あるものの儚さのようなものも感じました。

122utuhasi18









| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年2月13日 (木)

可憐な霜の花物語・・

今朝、ラジオからユーミンの“春よ来い”が流れてきました。

やはり、名曲ですね~。

その春といえば、可憐な美しい花を思い浮かべたりしますが・・

冬に咲く霜の花もまた同じくらいに可憐な姿だと思います。

1月22日です。
122utuhasi1

春採公園の小川で見かけた光景です。
足元に咲く小さな冬の白い花ですね。

122utuhasi7

上の写真の中心部を少しアップにして撮りました。
面白い・・・!

122utuhasi8

小川の中の草?です。
冬に緑の草というのもちょっと不思議ですね。

122utuhasi9

少し寄ってみました。
可愛らしいような・・・?

122utuhasi14

葉に咲いている冬の花です。
やはり不思議だ・・・。

122utuhasi10

群生?しているところをアップでみました。
霜が小人のようにも見えました。

122utuhasi11

氷にも咲いていました。
ちょっと芸術的に見えました。

122utuhasi17

氷に咲いている花もアップで見てみました。
霜の花もとても可憐だと思います。
122utuhasi16






















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月12日 (水)

夕日と春の像・・

ついこの間に新年を迎えたと思ったら、もうオリンピックが・・

始まっているのですから本当に月日が経つのは早いですね。

それに日が長くなりましたね~。

特に日中のお日様の高さに違いを感じます。

まだまだ冬は長いですが、春の訪れも少しづつですが・・

近づいているのですね。

その春ということで今回は、夕暮れ時の幣舞橋の春の像の・・

写真でございます。

2月6日です。
川面の波が目立ちますね。

206nataha2

この日は風が強くて考えていたようには撮れませんでした。
今更ながら思ったのですが、
四季の像のそれぞれの形って・・
何か季節を表すポーズなのでしょうかね~?

206nataha1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月11日 (火)

霜の結晶・・

一眼レフカメラを始めると標準ズーム、望遠ズームに続いて・・

第3のレンズとしてマクロレンズを選ぶ方も多いと思います。

そのマクロレンズ、春や夏に咲く花だけではなく、霜や・・

雪の結晶など冬の花の撮影にも威力を発揮してくれます。

といいながらも自分は、マクロレンズを持っていないので・・

代用としてマクロ機能つきのテレコンバージョンレンズを・・

古い標準レンズに取りつけて簡易マクロレンズとして・・・

使っています。

少々、操作が面倒で画質も本物のマクロレンズと較べると・・

問題にならないと思いますが、それでも自分には充分に・・・

マクロの世界を楽しむことが出来ます。

今回は、そのレンズで撮った春採湖畔で見かけた・・

霜の結晶の写真でございます。

少し??前ですが1月20日です。
120hakoke4

春採湖の結氷している岸辺付近で見かけた光景です。
氷上なので水辺付近とは違った結晶が付いていました。
その結晶を少しアップで撮ってみました。

120hakoke2

マクロの世界で更にアップで見てみました。
自分のレンズでは、これが限界の大きさでした。
でも、充分に自然の作り出す不思議なアートの世界を・・
楽しむことが出来ました。

120hakoke3

結晶を撮るには個体を目立たせる背景が大事なようですね。
この写真は、主役が目立たなくて失敗ですが結晶の形にも・・
いろいろとあるのが分かりました。
120hakoke1








| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月10日 (月)

春採公園で見かけた霜のアート・・2

雪のない1月でこのまま終わらないだろうと思っていたら・・

やはり、“来た~!”という感じで、今朝は、除雪が結構・・・

大変でしたね~。

除雪慣れしていない釧路人には応えますな~。

その1月の先月、写真を撮るのであれば、雪がある方が・・

冬らしい風景が撮れたと思うのですが、雪がなかったお陰で・・・

逆に身近な春採公園でも霜の花の写真撮影をお気軽に・・・・

楽しむことができました。

今回は、20日ほど前に撮影したものですが・・

その霜のアート?の写真でございます。

1月20日です。
120kakoke9

氷らない(氷りにくい?)小川で見かけた光景です。
ただの枯葉も霜が付くと目が引かれます。

120kakoke8

いろいろと面白いところを探してみました。
小川の色と対照的に目立っていたところです。
120kakoke7

狭い場所ですが、結構、楽しめました。
というよりも構図作りの練習になりました。

120kakoke6

光の当たっていたところです。
こういう輝度差の激しいところって自分には難しい・・・。

120kakoke5

立って見た時は、ただの枯葉の集まりのように見えますが・・
しゃがんで見ると違った世界に見えました。

120kakoke4

霜をアップにして撮ってみました。
見慣れたものですが、やはり不思議に感じます。

120kakoke3

小川の中で見かけた光景です。
おそらく、つまらない写真に感じる方が多いと思いますが・・
自分は、この写真の世界、気に入っているんですよね~。
120kakoke1






















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 8日 (土)

今年初の幣舞橋からの夕日撮影・・

一昨日の6日に今年初めての幣舞橋からの夕日撮影に・・

行ってみました。

今時期の夕日が落ちる位置を知りたかったのと・・

冬の釧路川の風景らしい蓮葉氷を期待して行きました。

しかし、残念ながらこの日は風が強く、その風と波の影響か?・・

川面に蓮葉氷の姿がぜ~んぜんありませんでした。

2月6日です。
自分の腕では撮りにくい光の強さの夕日でした。

206konnasa4

日の落ちる位置は、だいたい予想通りでした。
川面一面に蓮葉氷があることを期待したのですが、これまた・・
予想通りに全くありませんでした。

206konnasa2

黄金に輝くMOOです。
夕日がMOOに当たる角度からするとMOOから見る夕日が・・
今頃の季節はベストポイントなのでしょうかね~??

206konnasa1

幣舞橋の下辺りで見かけた光景です。
氷の動きとほんのりと夕色に染まる川面が面白く感じました。
これも水面の作るアートだと思いました。
206konnasa5







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 7日 (金)

クーちゃんフィーバーから5周年に思う・・

ラッコの“クーちゃん”が来釧したとされる日から、間もなく・・

ちょうど5周年を迎えようとしています。

もう5年という気もしますし、遠い昔の夢の中での・・

出来事だったようにも思えたりします。

自分も熱狂的なクーちゃんファンさんの足元にも及びませんが・・

少なからずカメラを持って追いかけました。

ただ当時、自分自身が残念に思っていたのは、クーちゃんが・・

釧路川からいなくなった後に出没したという各地まで一度も・・・

行くことが出来なかったことです。

しかし、5年経った今では、釧路川でのクーちゃんの姿しか・・

実際に見ていないので“釧路のクーちゃん”というイメージを・・・

いつまでも持ち続けることが出来るように感じて・・・・

中途半端に追いかけなくて逆に良かったのかも?と・・・・・

思ったりもしています。

それにしても、5年経った今、当時のことを振り返ると・・

やっぱり、ミラクル、奇跡としか例えようがないですよね~。

ということで今回は、クーちゃんの写真からでございます。

懐古的なイメージ??を出すためにコンパクトデジカメで・・

撮った写真からにしてみました。

2009年4月6日です。
好奇心旺盛なようで川に流れて来るいろいろな物を・・
おもちゃにして遊んでいたのを思いだします。
これは、発砲スチロールのようですね。

406kine5q4

2009年4月27日です。
旧日銀側の岸壁で寛ぐクーちゃんです。
野生のラッコをこんな街中を流れる川のこんな近い距離から・・
見ていたなんて、今では信じられないような気がします。

427kineq7

同じく4月27日です。
対岸に見える岸壁とこの岸壁を使い分けていたようですが・・
何か考えがあったのでしょうかね~?
この写真は、当時ブログに使い忘れていたかも??
427kine5q6

2009年5月2日です。
この頃になると、そろそろ旅立ちを考えていたのかとにかく・・
食べまくっていた姿が思い浮かびます。
カモメさんも呆れて見ているようですね。
502kine5q1








| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月 6日 (木)

MOOと冬花火・・

くしろ冬まつりのイベントの楽しみの一つに・・

花火の打ち上げがありますが、昨年は天候不良で・・・

確か?中止になったように思います。

今年も予定されていた2月1日は、風が強かったので・・

行われるかどうか?微妙に思いましたが、取りあえず・・・

一昨年と同じく幣舞橋から撮ろうと思い向かいました。

橋の上で準備して打ち上げを待っていたのですが・・

風をまともに受ける場所なので一層、寒さを感じました。

おまけに予定時間を過ぎても始まらないので“中止かも?”と・・

震えながら待っていると突然、始まったのであります。

2月1日です。
201samuha1

撮る前に考えていた構図やカメラの設定などは、寒さで・・
全て忘れてしまいました。

201samuha2

ド~ン!
201samuha3_3

ド・ド~ン!
201samuha5

写真では、まったくの迫力不足に写ってしまいましたが・・
フィナーレで連続して打ち上がるところです。

201samuha8_2

この頃は、全く集中力もなく、ただ適当にレリーズボタンを・・
押し続けるだけでした。

201samuha10

バ・バ~ン!
201samuha12

バ・バ・バ~ン!
201samuha13


























| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 5日 (水)

月とライトアップされた氷の迷路・・

くしろ冬まつり期間中の2月1日の夕刻に、ライトアップされた・・

氷の迷路の写真を撮っていると夜空になる前の深青の空に・・・

新月でしょうか?月が静かに輝いているのが見えました。

そこで、夕日と迷路のコラボは上手く撮れなかったので・・

月と迷路のコラボを撮ってみることにしました。

2月1日です。
201tumeko2

少し場所を移動して明るめに撮ってみました。
月があるのが分かるでしょうか?
この時間帯の月って、な~んか惹かれますよね~。

201tumeko3

更に移動して撮ってみました。
夕焼けは、それほど染まりませんでしたが、深まり行く空の・・
グラデーションは、とても幻想的だと思いました。
201tumeko4



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月 4日 (火)

日没後のライトアップされた氷の迷路・・

今回は、くしろ氷まつりでの日没後のライトアップされた・・

氷の迷路の写真でございます。

いつもは、夕日が沈んだ後も迷路がライトアップされるまで・・

そのまま迷路の近くで灯りが点るのを待っていました。

しかし、今年は風が強くてその影響か?指先が痺れてしまい・・

“これはまずい!”と思い、初めて日没後、その場を離れて・・

MOO館内に入りました。

資料や作品にしたりするような写真ではないので・・

感度を上げて撮れば、気軽に手持ちでも撮れそうでしたが・・・

再び痺れたら、この後の花火の撮影までもたないと思い・・・・

館内で三脚にカメラをセットして再び撮影に向かいました。

2月1日です。
201rakosa1

日没後に水平線(地平線?)の辺りがオレンジに染まるのを・・
期待したのですが、あまり濃く色付きませんでした。

201rakosa2

暗くなってくると共にお客さんが徐々に増えてきました。
迷路の中は風が来ないので暖かいのかな~??

201rakosa3

上の方に移動して撮ってみました。
川から河口にかけて蓮葉氷があると氷都というイメージの・・
冬を象徴する風景になると思うのですが・・・。

201rakosa4







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 3日 (月)

夕日と氷の迷路・・

7~8年くらい前から、くしろ冬まつり(氷まつり)の時に・・

ちょうど氷の迷路の向こうに沈む夕日を撮りに行っています。

夕日と氷の迷路と蓮葉氷のコラボがお目当てです。

今年は風が強かったので釧路川の蓮葉氷のコラボは諦めて・・

行きましたが、それよりも風の冷たさが身に堪えました。

冷たい風をまともに受ける場所なので寒いというよりも・・

痛いという感じで指先が痺れてしまいカメラの細かい操作も・・・

億劫になって適当に撮るだけになってしまいました。

その影響でフレーミングは傾くは、明る過ぎたり暗過ぎたりと・・

露出もバラバラのオンパレードでした。

な~んて、天気が良くても普段からそうですが・・・。

でも、今回はあまり期待しないで行ったので、今年も夕日と・・

氷の迷路のコラボを見ることが出来ただけでも良かったです。

2月1日です。
201katuyu1

MOO横の階段の上の方から撮ってみました。
蓮葉氷がなくて今回は残念でした。
とにかく風が強かったです。

201katuyu2

川面が波立っていたので少し下に降りて撮りました。
この日は、光の強い撮りにくい(自分だけそう思うのかも?)・・
夕日でした。

201katuyu3

少しアップにして撮ってみました。
これを撮っていた頃は、寒さで指先が痺れてしまっていたので・・
ただ漠然と撮っていました。

201katuyu4

間もなく夕日が雲に入るところです。
何とか日没まで耐えて撮りましたが、これを撮った後に・・
速攻でMOO館内に避難?しました。
201katuyu5






| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月 1日 (土)

春採公園で見かけた足元の小さなアート?・・

スイマセ~ン、前回の春採公園での記事の続きでございます。

春採公園の勝手に天使の沢と呼んでいるところの小川周辺で・・

霜の写真を撮った後に、これまた勝手に延命の沢と・・・

呼んでいるところの小川にも寄ってみました。

しかし、残念ながらここの小川は、ほぼ結氷していて・・

天使の沢のような光景は見つけらませんでした。

今回は、そこで見かけた光景からでございます。

1月18日です。
小川の表面がこのように氷っている見慣れた造形の姿も・・

見たことがない人には不思議なのかも知れませんね??
118enzoko2

ここの小川は、湧きだしている上流付近以外は、全体的に・・
氷っていました。
ここでの霜のある光景は、これだけでした。

118enzoko10

上の写真のアングルからもう少し寄ってみました。
霜が足のように見えて生き物のように見えないでしょうか?
やはり霜のアートは面白く感じます。

118enzoko3

一週間前に撮影した辺りにも行ってみました。
その時に氷った小川に魚のような氷模様がありましたが・・
この時もまだ泳いでいました。

118enzoko1



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »