« MOOと冬花火・・ | トップページ | 今年初の幣舞橋からの夕日撮影・・ »

2014年2月 7日 (金)

クーちゃんフィーバーから5周年に思う・・

ラッコの“クーちゃん”が来釧したとされる日から、間もなく・・

ちょうど5周年を迎えようとしています。

もう5年という気もしますし、遠い昔の夢の中での・・

出来事だったようにも思えたりします。

自分も熱狂的なクーちゃんファンさんの足元にも及びませんが・・

少なからずカメラを持って追いかけました。

ただ当時、自分自身が残念に思っていたのは、クーちゃんが・・

釧路川からいなくなった後に出没したという各地まで一度も・・・

行くことが出来なかったことです。

しかし、5年経った今では、釧路川でのクーちゃんの姿しか・・

実際に見ていないので“釧路のクーちゃん”というイメージを・・・

いつまでも持ち続けることが出来るように感じて・・・・

中途半端に追いかけなくて逆に良かったのかも?と・・・・・

思ったりもしています。

それにしても、5年経った今、当時のことを振り返ると・・

やっぱり、ミラクル、奇跡としか例えようがないですよね~。

ということで今回は、クーちゃんの写真からでございます。

懐古的なイメージ??を出すためにコンパクトデジカメで・・

撮った写真からにしてみました。

2009年4月6日です。
好奇心旺盛なようで川に流れて来るいろいろな物を・・
おもちゃにして遊んでいたのを思いだします。
これは、発砲スチロールのようですね。

406kine5q4

2009年4月27日です。
旧日銀側の岸壁で寛ぐクーちゃんです。
野生のラッコをこんな街中を流れる川のこんな近い距離から・・
見ていたなんて、今では信じられないような気がします。

427kineq7

同じく4月27日です。
対岸に見える岸壁とこの岸壁を使い分けていたようですが・・
何か考えがあったのでしょうかね~?
この写真は、当時ブログに使い忘れていたかも??
427kine5q6

2009年5月2日です。
この頃になると、そろそろ旅立ちを考えていたのかとにかく・・
食べまくっていた姿が思い浮かびます。
カモメさんも呆れて見ているようですね。
502kine5q1








|

« MOOと冬花火・・ | トップページ | 今年初の幣舞橋からの夕日撮影・・ »

ラッコのクーちゃん回想記」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
いやいや明士さんもりっぱな?クーちゃんの熱狂的なファンの一人ですよ(笑)私も鉄道趣味以外でこれほど熱く追いかけた事は有りません(笑)しかもある時は釧路川鉄橋を走る湿原号の汽笛を聞きながら幣舞橋でクーちゃんを待ち続けたのですから。やはり永遠の釧路のアイドルとして皆さんの記憶に残っていけばいいですね。今でも橋上通過時にまた来ないかなと思っています。

今月2日無事?に小さな鉄道博物館・十勝晴駅オープンしました。開館と同時に市内の鉄道愛好家や家族連れが訪れ一時は室内がごった返してしまいました(笑)午後からはさっそく鉄道模型運転をされる方や遠くは札幌から来られる方もいて50人ほどが楽しんでいかれ子供達の模型を見る姿にレイアウト作成して良かったと実感が沸きました。現在は毎日コツコツと沿線のジオラマ作りに悪戦苦闘?の毎日です(笑)

投稿: 小さな鉄道博物館 | 2014年2月 7日 (金) 12時23分

小さな鉄道博物館さま、ありがとうございます。

自分は、クーちゃんファンランキングでいきますと横綱は誰もが認めるH先生として自分は、三役に届かなかった前頭5枚目くらいでしょうか?(笑)

そして、写真展を開催したり写真を提供された小さな鉄道博物館さんは、やはり三役ですね!

橋の上の通過の時は、自分も同じようにいつも思ってしまいます。

無事?の(笑)オープンおめでとうございます。
おそらく駅名と同じように十勝晴れの門出だったことと思います。
それにしても50人ですか?!
商店街の密集しているような市街地ではないのにそれだけのお客さんが来るのも凄いですが、それだけの人が楽しめる博物館の規模というのも本当に凄いですね。

これから更にジオラマが増えていくと益々、人とのつながりも増えて、すでになっていると思いますが名物駅長として写真を撮りに出かけることが出来ないくらいに忙しくなりそうですね。

投稿: 明士 | 2014年2月 7日 (金) 13時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クーちゃんフィーバーから5周年に思う・・:

« MOOと冬花火・・ | トップページ | 今年初の幣舞橋からの夕日撮影・・ »