« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月31日 (月)

幣舞橋の夏の像と春の夕日・・

3月の中頃から後半にかけて、ちょうど幣舞橋の・・

“春の像”“冬の像”の間に大きな夕日が沈んでいく・・・

光景が見られます。

その素敵な風景を撮ろうとたくさんのカメラマンさんが・・・・

幣舞橋周辺に集まっているようです。

冬から春への今頃の季節とも合いますしね~。

自分もその写真を撮ろうと思って26日にベストポイントへと・・

向かったのですが、たくさんのカメラマンさんがいたので・・・

そこには行かずに幣舞橋の上から撮ることにしました。

立派な機材を持ったセンス溢れるカメラマンさんたちと・・

同じ所から撮っても同じような素晴らしい写真を撮るのは・・・

自分には難しいことを思いだして、そちらへ向かうのを・・・・

足が条件反射的に拒否しちゃったんですよね~。

3月26日、“夏の像”と夕日です。
326suyuna1

この日は、写真が撮りやすい光の夕日でした。
一筋の雲がワンポイントになってくれました。
まだ街灯が点いていなかったのですね。

326suyuna2

夕日を入れる位置を変えてみました。
雲の入り方もそうですが何か中途半端ですかね?
いつの間にか街灯が点いていたようです。

326suyuna3

夕日が更に色付いてきました。
落ちて行く夕日を見ながら、やはり岸壁から撮った方が・・
良かったのかも?とちょっと後悔もしました。
326suyuna4

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年3月29日 (土)

科学館の向こうに沈む夕日・・

春分の日も過ぎた頃に自宅の窓から・・

ちょうど旧科学館の向こうに沈む夕日が見られます。

春の少し霞んだ空気のせいか?黄や赤に・・

色付きながら沈む夕日はとても大きく感じます。

そして、同時に独特の静寂も感じるから不思議です。

3月24日です。
324oyuka1

旧科学館と夕日です。
夕日って思ったような色に撮るのは難しいですね。

324oyuka2

幣舞中学校のアーチの向こうに沈んでいきました。
今時期は、この黄玉や赤玉の夕日を見るのが楽しみです。
324oyuka3







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月28日 (金)

春採公園の冬越えの枯れサビタ・・

今時期に春採公園を散策しても花の姿を見かけるのは・・

まだ少し早いようですが、光を受けた枯れたサビタの姿が・・・

花が咲いているようにも見えました。

今回は、その枯れサビタの写真でございます。

3月23日です。
323koohba6

ネイチャーセンター前のサビタです。
青空に映えて見えました。

323yusaka4

この姿のまま冬を越したのでしょうね~。
凄いな~。

323yusaka3

春になって、新しい命が芽吹いてきたら、この残っている・・
花(ガク片)は、どうなるのでしょうかね~??

323koohba4

野草園で見かけた落ちサビタです。
雪が融けて出てきたのでしょうか?

323yusaka1

一輪だけで落ちているものもありました。
蝶々のようにも見えました。

323yusaka2












| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月27日 (木)

春採公園の雪面の影模様・・

先日、春採公園に春らしい光景をさがしに行ってみたのですが・・

思ったよりも雪がまだ残っていました。

その人や動物などの入った痕跡のない春の雪面に映る・・

草や木の影がとても印象的に見えました。

でも、ここ2~3日、暖かい日が続いているので・・

だいぶ雪も融けたことでしょうね~。

3月22日、チャランケチャシ付近です。
322hakayu9

枝から落ちた雪の跡がたくさんありました。
春を感じますね~。

322hakayu8

雪が融けてきたので枯れ草も目立ち始めていました。
その枯れ草の影が面白かったので撮ってみました。
322hakayu7

落ちた枝も雪の下からたくさん出てきていました。
な~んとなく不思議な形に見えたものを撮りました。

322hakayu5

トンボ池付近の白樺です。
青空に映えていました。

322hakayu10

3月23日、野草園からです。
影の並び方が可愛らしく感じました。
323hakayu1























| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月26日 (水)

枯れて尚、孤高のオオウバユリ・・

23日に久しぶりに春採公園の中の方まで歩いてみました。

雪解けが、かなり進んでいましたが、場所によっては・・

カンジキが必要かも?と思う所もまだまだありました。

でも、着実に春が近付いている気配も感じました。

3月23日です。
枯れた
オオウバユリに目が引かれました。
323koohba2

少し離れた所からでも逆光を受けて輝いて見えました。
この姿のままで冬を越したようで凄いですね。

323koohba1

望遠レンズで少しアップにして撮ってみました。
枯れても尚、孤高を感じる姿だと思いました。
323koohba3





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月25日 (火)

チャランケチャシの石仏たちは何さま?・・

今年も春のお彼岸が明けましたね~。

お彼岸といえば、手を合わせる姿を思い浮かべます。

その合掌というと道端でお地蔵さんなどの石仏の姿を・・

見かけると思わず手を合わせたくなったりしますよね。

石仏というと春採公園のチャランケチャシにも並んでいますが・・

全てお地蔵さんだと思っている方も少なくないと思います。

実は、六体並んでいるうちの、お地蔵さまは一体だけで・・

残りの五体は、近畿地方を巡る西国三十三ヵ所霊場巡りを・・

模して大正13年に設置された“釧路西国三十三ヶ所霊場”・・・

札所(お寺)にあたる観音菩薩像になります。

それぞれの石仏さんたちをよく見ると様々な観音さんの形に・・

作られているので是非、近づいて見てほしいです。

ひっそりと並ぶチャランケチャシの石仏さんたちです。
元々、ここにあったものもあるようですが、後に移動されて・・
ここに設置されたものもあるようです。

322tyaseko3

向かって左から第12番11番、お地蔵さま、20番10番・・
22番になります。
第11番が
准胝観音で、他五体は千手観音になります。
因みにお地蔵さんも観音さんも菩薩さまになります。

322tyaseko4

米町の西端寺さんに第1番と第33番があり米町の各お寺を・・
回って竹老園さん春採湖畔と巡って紫雲台方面を通り・・・
西端寺さんへと戻る約10Km?のミニ巡礼コースです。
ただ、順番通りに設置されている訳ではないようです。

322tyaseko1_2

三十三石仏の中で公園内で一番、人目に触れているのが・・
ネイチャーセンター前の
第9番不空羂索観音だと思います。
羂索とは、鳥や獣をつかまえる縄の罠のことで、その羂索を・・
使って苦しんでいる人々を救い上げるのだそうです。
この石仏にも
羂索の姿が見られるので公園に行った時には・・
是非、確認してみてください。

322tyaseko5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月24日 (月)

桜ケ岡橋からの夕景・・

昨日も綺麗な夕日でしたね~。

その綺麗な夕日を撮ろうと思ったのですが・・

幣舞橋方面に行くには間にあいそうもなかったので・・・

近場の桜ケ岡橋に急いで行ってみました。

昨日の3月23日、武修館前の桜ケ岡橋からです。
着いたらすでに日没寸前でした。

323fusata2

ここから見る夕日も綺麗ですが、写真を撮るには景色が・・
どうでしょうか??
ただ、もう少し夕日が高い位置にある時に撮ると建物が・・
輝いてもう少し印象的な光景になると思います。

323fusata3

雌阿寒岳が浮き上がって見えていました。
ここから見える阿寒方面の山並みも角度的には
今一つかも?・・
とも思いますが中々だと思います。

323fusata1






| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年3月22日 (土)

ビルの上空を飛ぶオジロワシ・・

オジロワシというと自然豊かな海や川、湿原などで・・

見られるイメージがあります。

自分も以前、オオワシやオジロワシの撮影に凝っていた時は・・

冬になると毎週のように野付半島方面まで行っていました。

しかし、ここ何年もワシの撮影には行っていませんが・・

自宅の窓からも時々、飛んでいるのが見えたりして・・・

わざわざ時間をかけて地方に行かなくても意外と身近で・・・・

見られることに気がつきました。

ただ、年々、ワシたちの交通事故が増えているそうなので・・

餌を求めて以前よりも街中に来るようになったワシたちが・・・

増えているのかも知れませんね。

ということで今回は、釧路川の岸壁で見かけたビルの上空を・・

飛ぶオジロワシの写真でございます。

3月15日です。
315niojima8

少し上空をオジロワシが飛んでいるのが見えました。
標準ズームなので小さく写って残念ですがオジロワシだと・・
何とか分かるようには撮れました。

315niojima2

MOOの上空の方に行きました。
小さいですがオジロワシだと形で分かります。

315niojima3

全日空ホテルの上空に戻ってきました。
ビルの上を飛ぶ姿も優雅に感じました。

315niojima4

少ししてから上空が少し賑やかになったように感じたので・・
見上げるとオジロワシが3羽いるようでした。

315niojima7

まだ小さいですが一応、望遠ズームに変えて撮りました。
やはり自然の中を飛ぶ姿を超望遠レンズで撮りたくなりますが・・
街中のビルの上を飛ぶ姿も記録的?でいいのかも?!
315niojima5








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月21日 (金)

2001年の釧路駅のSL白糠号・・

今日は、祝日ですね~。

最近は、あまり見かけなくなりましたが、以前は・・

旗日ともいわれるように、祝日には、日の丸の旗を・・

家の前に出している光景が普通に見られました。

その日の丸の旗で思いだすのが、2001年に運行された・・

SL白糠号の日章旗です。

この年は、7~8月にかけて根室本線全線開通80周年を・・

記念して運転された“SL根室号”、釧路~白糠間の・・・

開通100周年を記念して運転された“SL白糠号”・・・・

他にも今は廃線となった、ふるさと銀河線を運転した・・・・

“SL銀河号”とSLのイベント列車が複数、楽しめました。

その中でも白糠号は、ヘッドマークに付けた日章旗が・・

凛々しく見えてとても印象に残りました。

日章旗をたなびかせながら釧路駅を発車する姿は・・

本当にカッコよく、また、運行してほしいものですね。

2001年7月20日、釧路駅の“SL白糠号”です。
2172kusira3

この日章旗が今でも印象に残っています。
確か釧路~白糠間を3日間だけ運行されたと思います。
自分は、その中の一日だけ見に行くことが出来たので・・
確実な釧路駅に行きました。

2172kusira2

この写真を撮ったのは、200万画素のデジカメでした。
この頃は、まだ300万画素くらいが主流だったと思います。
他にもネガカラーでも撮ったのですが、暗かったこともあり・・
ほとんどの写真が微妙に手振れしていたのが残念です。

2172kusira1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月20日 (木)

昨日の春色の夕日景・・

昨日の午後4時頃に窓から空の様子を見ると・・

綺麗な夕日が見られそうな空でした。

幣舞橋方面に夕日を撮りに行きたかったのですが・・

残念ながら行くことは出来ませんでした。

でも、自宅の窓から何とか撮ることが出来ました。

昨日は、素敵な幣舞夕日が見られたのだろうな~?!

昨日の3月19日です。
319sainyu1

一度、雲に入った夕日が出てきました。
予想通りに綺麗な夕日になりました。

319sainyu2

夕日の下の建物は博物館です。
旧科学館や幣舞中学校のアーチも見えます。

319sainyu3

博物館の向こうに夕日が沈んで行きました。
何となく春色の夕日という感じがしました。

319sainyu4

夕日が見えなくなりました。
昨日は、沈んだ後も少しの間、夕跡?が見られました。
319sainyu5











| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月19日 (水)

街灯の上で吼えるカモメ・・

日中に幣舞橋の四季の像の写真を撮ろうと思うと・・

カモメのフン模様?が結構、気になることがありますよね。

そうかといってカモメがいると邪魔かというと、これまた・・

結構、脇役というか良いアクセントになったりもします。

カモメといえば、渡辺真知子さんの“かもめが翔んだ日”は・・

名曲でしたね~。

“迷い道”や“ブルー”もよかったな~。

って、なんのこっちゃ!!

3月15日、MOO前の街灯の上で吼える?カモメです。
315gemaga3

一つだけ点灯していた?街灯がありました。
オオセグロカモメ?セグロカモメ?カモメの区別は難しくて・・
自分には全く分かりませ~んです。
315gemaga7


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月18日 (火)

EGGで咲く赤い花・・

15日に釧路芸術館にフォトグラ・くしろ写真展を見に行く前に・・

MOO隣の植物園EGGに寄ってみました。

3月15日、EGGで咲いていた赤いツバキです。
315egakha1

一週間前に来た時は、まだ綺麗な花が多く見られましたが・・
傷んできた花が多くなってきたように感じました。
EGGでは、いつ頃がツバキの見頃なのでしょうかね~?

315egakha2

ツバキは、落ち花に哀愁のようなものを感じたりもするので・・
落ち花があることを期待したのですが清掃直後だったのか?・・・
この写真の個体だけでした。

315egakha3

この花は、見頃だったようで、この花が咲いていた木には・・
たくさんの満開の花がついていました。
ただ、花の種類は自分には分かりませ~ん。
315egakha4








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月17日 (月)

フォトグラ・くしろ写真展を見学して・・

一昨日の15日に“フォトグラ・くしろ創刊号”に掲載されていた・・

傑作写真の数々が大判プリントにて展示されるとのことで・・・

釧路芸術館に行ってきました。

展示されていた作品は、自分の写真とは全くレベルの違う・・

素晴らしい写真ばかりなのはいうまでもありませんが・・・

そのプリントの美しさには本当に感動しました。

ただ、実際の色というよりもイメージ色に近いのでしょうか?・・

鮮やか過ぎるように感じる方もいるかも?とも思いました。

しかし、フィルムで撮影される方が、風景の美しさを・・

より強調するために彩度やコントラストの高いフィルムを・・・

選ぶような自然的な強調で、より作品が活きる美しい・・・・

色調のプリントに仕上げてあるとも思いました。

って、自分如きがいうのも生意気ですが・・・。

会場でいただいた“フォトグラ・くしろ第2号”の写真も・・

素晴らしかったので、次号は自分も投稿しようか?と・・・

無謀にもひと時の夢を抱きました。

しか~し、次号は、「撮鉄」を特集するようで、鉄道写真を・・

募集しているとのこと・・・。

鉄道写真は、熱心な撮り鉄さんがたくさんいらっしゃるので・・

自分が応募するのはハードルが高く難しそうですが・・・

次号の第3号の発行が今から楽しみになりました。

会場では、フォトグラ・くしろ創刊号、第2号と共にメモ帳や・・
素敵な作品のポストカードなどをいただくことが出来ました。

315fohopo1

芸術館に行く途中で撮った写真です。
色温度をイメージ色???に変えてみました。
写真ってやはり奥が深いですね!
315gemaga1


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年3月15日 (土)

春採湖畔で見かけた霜の結晶・・

今回は、2ヵ月近くも前に春採湖畔で撮影していた・・

霜の結晶の写真でございます。

実は、この時に上手く撮れなかったので、後日・・

もっと上手く撮ったものをアップしようと思っていたのですが・・・

そうは甘くはなく、結局、撮れませんでした。

来年は、湿原方面の川や湖に行ってフロストフラワーなどの・・

氷の結晶や御神渡りなどのように冬の神秘的な美しさを・・

感じるような風景写真に久しぶりに挑戦しよっと!

1月24日、春採湖畔で見かけた霜の結晶です。
124fuhasi20


124fuhasi21


124kuhasi1


124kuhasi2


124kuhasi3








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月14日 (金)

EGGで咲いている赤いツバキ・・

今朝の除雪は疲れましたね~。

暖かい地方から徐々に花の便りが聞こえてきていますが・・

釧路にはまだまだ届きそうにはありませんね~。

でも、身近な所でも雪の融けた日当たりのいい斜面などでは・・

春の訪れをいち早く感じられてきてもいるようですね。

屋外では、まだまだまだ、花の姿を見ることは出来ませんが・・

先日、MOO隣の植物園EGGに行った時にツバキの花が・・・

春を感じさせるように咲いていました。

釧路にはあまり縁のない花のようにも思いますが・・

木偏に春と書いて“椿”ですから、この花を見ると・・・

誰もがそう感じてしまうのでしょうかね~?

3月9日、EGGのツバキです。
309tuakae1

ツバキの木の近くに行ってみました。
これからたくさんの花が咲くのか?または終わりに近いのか?・・
自分には分かりませんでした。

309tuakae2

木の下の方の撮りやすい所に咲いている花をさがしました。
近づいてさがすと下の方にも咲いている花がありました。

309tuakae4

綺麗な個体をさがしました。
光線状態にもよると思いますが、赤い色が輝いて見えた・・
個体を素直に?撮ってみました。

309tuakae3

目線より少し高い位置に上を向いて咲いている綺麗な個体が・・
あったのですが、ライブビューのない古いカメラなので・・・
届きそうになく蕾越しに撮りました。
309tuaso5

上とほぼ同じ位置ですが、蕾に日が当たってきました。
同じような構図でも印象が変わって見えるものですね。
309tuaso3









| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月13日 (木)

昔は、春採湖にも丹頂がいたのかも?・・

昨日、何気なく「釧路新書 釧路歴史散歩(下)」という本を・・

久しぶりに開いてみました。

すると最後の方のページに付録として釧路の町名の由来が・・

出ていたのですが、その中の“千代の浦”のところに・・・

ちょっと気になる記述がありました。

南は太平洋に沿い、東北部は春採湖に接し清き海水と・・ 

湖水を擁し、風光絶佳なるを以て逍遥に適す。(中略)・・・ 

湖水に丹頂の鶴を見ることに因み千代の浦と命く。

逍遥(しょうよう)とは、散策のようなもののようですが・・

昔は、風景を楽しめるほどの綺麗な海や湖だったようですね。

それよりも気になるのが、湖水に丹頂を見るこということは・・

春採湖にもタンチョウが生息していたということですよね。

昔は広く生息していて本州の方でも見られたそうですから・・

開発が進む前の釧路地方というよりも北海道では普通の・・・

風景だったのかも知れませんが・・・。

ましてや広大な湿原に近く、埋め立て前の今よりも遥かに・・

大きかった春採湖なら営巣してたのが当然ですよね。

以前、“鶴ヶ岱”の町名の由来が鶴の飛来を見ることと・・

知った時は半信半疑でしたが春採湖をなわばりとする・・・

タンチョウの姿だったのでしょうね。

でも、今の湖の姿からするとロマンを感じますな~。

これは、鶴ヶ岱千代ノ浦の名前の由来になった・・

鶴のいた頃の昔の釧路がどのような風景だったのか?・・・

タイムスリップして見てみたいような気もしますな~。

ということですが今回の写真は、“千代の浦”ということで・・

3年前に撮影した千代ノ浦の崖に出来た氷柱が夕日を・・・

受けて染まっている光景からにしてみました。

2011年1月18日です。
崖から染み出ている湧水が氷って出来るのだと思います。
この崖の下に行くと絶えず小さな欠片が落ちてきています。
悠久の時の中で徐々に崖の形が変わって行くのでしょうね。

11118tiyuka1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月12日 (水)

貝塚カーブからの運行最終日のSL・・

今シーズンのSL冬の湿原号の営業運転も・・

9日で終わってしまいました。

今シーズンも?近場にしか撮りに行きませんでしたが・・

それでも充分にSL撮影を楽しむことが出来ました。

来シーズンは、久しぶりにいろいろな撮影ポイントに・・

出かけたいと思いました。

3月9日です。
SLを待っている時にオジロワシが上空を飛んでいました。
標準ズームで撮ったのですが姿が分かるでしょうか?

309saiaok2

SLが貝塚跨線橋を通って姿を見せました。
空の写真が好きなのでついつい広く入れてしまいます。

309saiaok1

煙が、ちょっと残念ですね。
線路脇の雪も春を感じるように融けてきていました。

309saiaok3

跨線橋の手前あたりでドレーンを豪快に出しているのが・・
見えたので自分のいる所では期待しないで待ちました。

309saiaok4

写真としては煙などが少なくて残念でしたが、充分に撮影を・・
楽しむことが出来ました。
それにしても、この時期の青空の透明感は素晴らしいですね。
309saiaok5









| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月11日 (火)

EGGの清楚な白い花・・

あの日から3年が経ちましたね~。

釧路もTVで観たMOO付近の岸壁の映像が蘇ってきます。

一昨日、その岸壁付近を少し歩いてみました。

今時期でも風がとても冷たく感じました。

しかし、植物園のEGGに入ってみると別世界のように暖かく・・

ツバキなどの花の姿も見られました。

あの日も同じように咲いていたのでしょうね~。

3月9日、EGGで咲いていた白い花です。
309katueg1

下を向いている花も撮ってみました。
花に詳しくないので種類は分かりませんです。
ツバキの仲間なのでしょうか??

309katueg2_2

室内なので日が当たっていないと撮るのが難しく感じました。
写真は、レタッチで明るくしたせいか?少しピンクに感じますが・・
実物は、もっと白っぽかったのかも?知れません。

309katueg3





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月10日 (月)

儚き小川の霜の花ものがたり・・

今回も今年の1月に春採公園の小川で撮影した・・

消えゆく前の霜の花の写真でございます。

1月24日です。
124fuhasi17

春採公園内にある氷らない(氷りにくい?)小川で見かけた・・
光景からです。

124fuhasi2

小川に浸かる落ち葉にたくさんの霜がついていました。
葉が白い虫に食べられているようにも見えました。

124fuhasi3

小川の中の小枝にも霜がついていました。
白い小さな花が咲いているように見えました。

124fuhasi4

これも小川の小枝に咲いた霜の花です。
下向きに咲いていました。

124fuhasi6

枯葉と小枝(茎?)を囲むようについていました。
小さな自然風景ですが神秘的な造形だと思いました。

124fuhasi8

小川の脇の土に氷りついた葉に咲いた霜の花です。
心惹かれる姿に感じました。

124fuhasi10

霜が生きもののように見えました。
今にも虫のように動きだしそうです。

124fuhasi18

小川の脇で見かけた氷についた霜の花です。
この形も昆虫などの生きもののように見えないでしょうか?

124fuhasi16

間もなく消え去ろうとしています。
儚いながらも美しさのようなものを感じた撮影日でした。
124fuhasi15








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 8日 (土)

足元に咲く霜の宇宙・・

今回は、少し??日にちが経ってしまいましたが・・

先々月の1月に撮影した、春採公園で見かけた霜の花の・・・

写真からでございます。

自然が作り出す足元の小さな宇宙だと思いました。

ちょっと前??ですが、1月24日です。
春採公園内の小道の地面で見かけました。
何故、ここに霜がつくのか?不思議に感じました。

124fuhasi19

氷った小川で見かけた風景です。
霜が星のようにも感じました。

124fuhasi1

葉を囲むように霜がついていました。
葉が泳いでいる魚のようにも見えました。

124fuhasi7

枯れ葉の筋?についた霜です。
つき方が不思議というか面白いですね。

124fuhasi12

落ち葉にたくさんの霜の花が咲いていました。
寒さも忘れて見惚れてしまいます。

124fuhasi5

枝に密集して咲いていました。
実際に枝から咲いているように見えました。

124fuhasi9

個性的な?霜の花を少しアップで撮ってみました。
自然の作り出す形は本当に面白いですね。

124fuhasi13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 7日 (金)

貝塚カーブからの雪上がりの日のSL・・

一昨日は、夜中に雪が降って積ったようでしたが、日中に・・

あまり風が吹いていなかったので、線路脇の木々に・・・

雪が残って付いていることを期待して、貝塚の大カーブに・・・

SL冬の湿原号を撮りに行きました。

ただ、足を伸ばせばそのような風景はいくらでも撮れるのに・・

近場で楽して撮ろうとした心を見透かされたかのように・・・

先客さんがいていつもの場所から撮るのは難しそうでした。

そこで、いつもとはちょっと違う角度から撮ったのですが・・

ほんの少しのことでも慣れないことには直ぐに対応できない・・・

柔軟性のなさが出てしまい惨敗だったのであります。

やはり、来シーズンは少し遠出しなくっちゃ!と思いました。

3月5日です。
先ずはいつものように?SLが来る前の車体で暇つぶしの・・
流し撮りの練習をしてから湿原号が来るのを待ちました。

305yuagaka5

SLがやって来ました。
線路脇の木々に少しですが雪が残って付いていました。

305yuagaka3

いつもと少し違う角度から撮っただけなのですが、逆に・・
微妙に違うタイミングに惑わされて?しまいました。

305yuagaka2

あまり人は入れたくはないのですが、作品などのような・・
プリントにする訳ではないので普通に?撮りました。
今回も自分の未熟さを実感させられたのでありました。
305yuagaka1











| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 6日 (木)

雲の合間から見えた微かに紅い夕日・・

朝のテレビ番組「ZIP」生きもの係というコーナーで・・

昨日、今日とラッコの飼育体験が放送されていました。

ラッコって犬のように“お手”とかしたりして・・

結構、人懐こいのですね。

ラッコといえば、ちょうど5年前の今頃は、釧路川に・・

クーちゃんが来ていました。

テレビのラッコの仕草を見ていると5年前にあれだけの人が・・

ラッコのクーちゃんを見に来た訳が改めて分かりました。

って、今回も文と写真は関係ありませんです。

一昨日の夕空の写真でございますです。

一昨日の3月4日です。
304katanni1

一昨日は、残念ながら夕日になる前にお日様が厚い雲に・・
入ってしまいました。
でも、本の短い時間ですが、赤い夕日が雲の間から・・
微かに姿を見せました。
304katanni2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 5日 (水)

窓から見た橙黄色?の夕空・・

先月から、ブログのアクセス集計を管理分析する様式が・・

変わったようで、どのページが一番見られているのか?・・・

なども分かりやすくなりました。

そこで先月の分を確認してみました。

すると意外なことに季節的なこともあると思いますが・・

2008年3月3日に更新した折り紙で折った雛人形の・・・

写真を載せたページが一番でした。

他にも何年も前の自分でも覚えていないような記事が何件も・・

見ていただいているようでした。

何かを検索した時にたまたま開いて下さったのだと思います。

最近は、写真も撮りに行かなくなってきましたし、書くことも・・

同時になくなってきたので段々と雑になってきました。

でも、日々埋もれていく記事ですが、再び日の目を見ることも・・

あることを知って、やはり、一件一件大事に更新しなければ・・・

と改めて思わされました。

ということですが、今回の写真は記事と関係ありませ~ん。

って、これが駄目なんですよね~?!

3月2日の夕日です。
302komani1

窓から見た選炭工場付近のシルエットと夕空です。
オレンジというのか?橙色というのか?橙黄色というのか?・・
何となく春らしい夕色にも感じました。
302komani2



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 4日 (火)

小雪舞う東釧路駅のSL・・

一昨日の午前中、晴れていたと思ったら急に雪が降り出して・・

更に強く降る時間帯もあったので久しぶりに雪の中を走る・・・

SLを撮ろうと思っていつもの?貝塚跨線橋へ行きました。

しか~し、日頃の行いが悪いんだか?良いんだか??・・

こういう時に限って晴れてきてしまったのであります。

3月2日です。
302kokafu8_2

東釧路駅に停車中のSL冬の湿原号です。
空は青空になってきているようですが、離れているので・・
雪が実際より多めに写ってくれました。
白と黒の煙の上がるのが見られたのもラッキーでした。
302kokafu5_3

線路周りの雪もだいぶ融けていました。
雪が降っているとここで撮っても結構、迫力が出るのですが・・
ちょっと残念でした。

302kokafu2

このところ撮影に行くと“C11 207”機が多かったのですが・・
この日は、一つ目の“C11 171機でした。
どちらが来るのかも?楽しみの一つですね。

302kokafu1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 3日 (月)

貝塚カーブにてSL撮影を楽しむ・・

SL冬の湿原号の撮影を始めてから、13年?、14年??・・

かれこれ15年くらいになります。

当初は、こんなに長く運行され続けるとは思わなかったので・・

最初の数シーズンは、今回が最後のシーズンかも?と・・・

思いながら撮っていました。

しかし、元々が鉄道ファンという訳ではないので・・

年を追うごとに撮影に行く回数は減ってきました。

でも、撮影に行ってSLが姿を見せた時の緊張感や・・

ワクワク感を10年以上経った今でも、毎回、新鮮に・・・

感じるのは、やはりSLの魅力なのでしょうね~。

2月26日です。
すっかり、SLが来る前の気動車での流し撮りの練習も・・
習慣に?なってしまいました。

226sokeka1

跨線橋の向こうにも煙が上がって(残って)います。
風のあまり強くない日でないとこのように青空の残煙と共に・・
撮れないので機会があればと狙っていた構図です。

226sokeka2

この日は、いい感じで煙が流れていました。
ただ、いつもより青空の色が薄かったように思います。
この位置でSLが手前に来るのを待ちました。

226sokeka3

ファインダーの右側に来るまで待ちました。
ほぼ、考えていた通りのフレーミングで撮れました。
下からドレーン蒸気?が出ているともっと良かったのですが・・
自分の腕では、これで充分満足です。
226sokeka4

列車の速度は見えた時は緩やかに感じても目の前に来ると・・
急に早くなると鉄道写真撮影テクニックのビデオで見ましたが・・・
SLの速度でもその通りだといつも感じます。

226sokeka5

自分は、SLの撮影でさえ上手くタイミングをとれないので・・
新幹線や特急などを上手く決めて撮る、撮り鉄さんたちは・・・
練習の賜物とはいえ本当に凄いな~と思います。
やはり“好きこそものの上手なれ”という奴なんでしょうな~。
226sokeka6


















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 1日 (土)

貝塚カーブからの望遠でのSL撮影・・

貝塚の大カーブにSL冬の湿原号の撮影に行くと・・

必ず思いだすトラウマ?があります。

3~4年くらい前の雪の日にここから撮っていた時に・・

1982~3年頃に購入した古いけどお気に入りだった・・・

望遠ズームレンズを雪に濡らして壊してしまったのです。

ここに来ると自分の愚かさをいつも思い出すのであります。

ただ、今回は以前は、ここでは望遠で撮っていたということも・・

今更ながら思いだしました。

そこで、以前と同じような焦点距離の望遠レンズを持って・・

ここから撮ってみることにしたのであります。

2月25日です。
前回は、SLが来る前にルパン列車が来たので緊張して・・
待っていたのですが、この日は、普通の?列車でした。
やっぱ、自分は、持ってないな~・・・。

225nagoka1

この日も素晴らしい快晴の空でした。
風もあまりなかったようで東釧路駅からの煙が真っ直ぐに・・
上がっているのが見えました。

225nagoka2

貝塚跨線橋の下を通ってSLがやって来ました。
やはり、街中なので背景などがうるさく?感じますね。
おまけに前の枝なども気になりますね。

225bokari1

以前、壊したレンズよりも古い1970年代後半のレンズなので・・
SLの速度とはいえピントに集中しました。
やはり近づいて来ると急に早く感じますね。

225bokari2

全体を入れるにはこの辺りが限界でしょうか?
でも、望遠レンズは、圧縮効果で迫力も感じますね。
この位置でドレーンが出ていると後ろの跨線橋が煙で霞んで・・
街中で撮ったように見えなくなるのですが・・・。
225bokari3










| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »