« オオイタドリの群生と石炭列車・・ | トップページ | サビタは枯れる前に赤くなるの??・・ »

2014年8月25日 (月)

仏舎利塔まつりから・・

昨日、現在、修復工事が行われている仏舎利塔で開催された・・

仏舎利塔(e’n)まつりに行ってみました。

本当は、ライトアップが予定されている夕方の時間帯に・・

行きたかったのですが、青空の下での白い塔の雰囲気を・・・

撮りたかったので午後2時ごろに行きました。

ただ、後でいただいたパンフレットを見て知ったのですが・・

14~16時は、お供山が開放されていたとのこと。

普段は、入れないので残念なことをしたと思いました。

昨日の8月24日です。
パンフレットには、
仏舎利塔e’nまつりと書いてありました。
824butoma2

会場への通路の脇に小学生による仏舎利塔の絵が描かれた・・
行燈が並べられていました。
実は、自分もこの直ぐ下の小学校出身なのですが、絵が・・・
苦手だったので学年の割には凄く上手い絵が多く驚きました。

824butoma1

この塔の建設には、主にボランティアなどの人力作戦で工事が・・
行われて最終完成まで20年以上の月日がかかったそうです。
昭和34年の完成から50年以上の歳月が経っているために・・
中野なつかし館の館長さんがボランティア的に修復事業に・・・
現在、着手しているようです。

824butoma3

久しぶりに仏舎利塔にきました。
この塔を設計した人は、浅草寺や川崎大師、法隆寺などの・・
修復を担った凄い人だそうです。

824butoma4

塔には、高さ4mを超える四面のレリーフがありますが・・
このレリーフを彫った人や鋳造した人もこの世界では・・・
有名な人だそうです。

824butoma5

高さ33mで法隆寺の五重の塔とほぼ同じくらいとのことです。
全国に百ヶ所以上ある仏舎利塔ですが、一番高い塔で38m・・
その多くは10m未満なのでトップクラスの高さだそうです。

824butoma6

イベントの一つの“かっぽれ”が行われているところです。
塔の四面のレリーフは、誕生から入滅までのお釈迦様の・・
転機となった生涯がそれぞれに刻まれているので一枚一枚・・・
じっくりと見るのがやはりお勧めだと思いました。
824butoma7













|

« オオイタドリの群生と石炭列車・・ | トップページ | サビタは枯れる前に赤くなるの??・・ »

道東の歴史」カテゴリの記事

お祭り・イベント2014」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仏舎利塔まつりから・・:

« オオイタドリの群生と石炭列車・・ | トップページ | サビタは枯れる前に赤くなるの??・・ »