« ハルトリモノクロームストーリー・・ | トップページ | 釧路港の夕刻のサン・プリンセス・・ »

2014年9月 3日 (水)

2001年の陸別駅のSL銀河号・・

先月の新聞に“今シーズンの営業を持ってSLニセコ号が廃止”・・

というような記事が出ていました。

今年度を持ってSL冬の湿原号以外のすべての北海道の・・

SLの運行を終了するとのこと。

湿原号が残るのはありがたいですが、何か複雑ですね~。

列車が廃止されていくのも寂しいですが、駅というか・・

路線自体が廃線になって無くなって行くことも・・・

これからは、更に増えて行くのでしょうかね~。

北海道は、特に線路が延びることにより町が出来て・・

駅がその町の中心となって発展して行ったと思うのですが・・・

町から顔となる駅が無くなって行くというのも、これもまた・・・・

時代なのでしょうかね~。

廃線というと近年の道東では、2006年4月20日を持って・・

運行を終了した“ふるさと銀河線”が思い浮かびます。

今回は、2001年の夏にそのふるさと銀河線にSLが・・

運行された時の写真からでございます。

2001年8月1日、陸別駅に停車中のSL銀河号”です。
7月30日から8月5日まで
(違っていたらスイマセン)・・
上り・下りを隔日で片道ずつ走行されました。

2001girisl1

自分は、この時に陸別駅というよりも、ふるさと銀河線・・
というものに初めて触れました。
行く途中に初めて通る峠道などがあって時間までに・・
着くのかどうか?とても不安だったことを思い出します。

2001girisl2

池田駅に向かう上り列車です。
帰りは、バック運転で池田から北見に向かったと思います。
写真の女性は、当時、大学生だったイメージガール?で・・

“ギャラクシーレディー”と呼ばれていたと思います。
2001girisl3

この写真を撮ったのは、200万画素のデジカメでした。
他にネガフィルムを入れた一眼レフでも撮りました。
翌年からデジタル一眼レフを使い始めたのですが・・
この年の運行だけで終わってしまい残念でした。

2001girisl4





|

« ハルトリモノクロームストーリー・・ | トップページ | 釧路港の夕刻のサン・プリンセス・・ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2001年の陸別駅のSL銀河号・・:

« ハルトリモノクロームストーリー・・ | トップページ | 釧路港の夕刻のサン・プリンセス・・ »