« 久寿里橋からの金色の夕暮れ時・・ | トップページ | 雪積もる春採湖の向こうを行く石炭列車・・ »

2015年1月28日 (水)

雪被るチャランケチャシの石仏さんたち・・

石仏というと“お地蔵さん”が、真っ先に思い浮かびます。

お地蔵さんこと地蔵菩薩の功徳はいろいろあるようですが・・

その中には、“駄目な人ほど救ってくれる”とか・・・

“人々を助けるために自ら出向いて行く”というような・・・・

自分のような愚者には、とてもありがたいものもあるようです。

そのお地蔵さまの特徴といえば、坊主頭のお姿ですね。

そして、野外や路傍に祀られていることが多いことです。

春採湖畔にも13体ほどの石仏さんたちが祀られています。

しかし、その中で坊主頭のお地蔵さんは一体だけで・・

他に不動?明王らしき一体を除いてそれ以外の十一体は・・

釧路西国三十三ヶ所霊場の札所に相当する・・・

観音さんこと観音菩薩石仏になります。

今回は、その中でも六体が並んでいるチャランケチャシの・・

石仏さんたちを、先週の吹雪の後に撮らせていただいた・・・

雪被るお姿の写真からでございます。

1月24日、鶴ヶ岱チャランケチャシです。
124yukise1


少しづつ近づいてみました。
思ったよりも雪に埋まっていませんでした。
124yukise2

~~
左から第12番、11番、お地蔵様、20番、10番、22番です。
第11番が准胝観音で他の四体は千手観音になります。

124yukise4

~~~
逆方向からも撮ってみました。
一番右側の第22番以外は、まだ雪を被っていました。

124yukise5

~~~~
少し引いて撮ってみました。
後ろに市立病院や旧科学館、博物館の一部が見えます。

124yukise6

~~~~~
第22番以外の雪を被っている五体を撮りました。
結構、しっかりと雪が張りついていました。

124yukise8

~~~~~~
第12番と第11番の左側の二体です。
第11番が一番、雪を被っているようでした。

124yukise9

~~~~~~~
雪の間から第10番のお顔が見えていたので、近寄って・・
撮らせていただきました。
124yukise91








|

« 久寿里橋からの金色の夕暮れ時・・ | トップページ | 雪積もる春採湖の向こうを行く石炭列車・・ »

春採公園の石仏」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪被るチャランケチャシの石仏さんたち・・:

« 久寿里橋からの金色の夕暮れ時・・ | トップページ | 雪積もる春採湖の向こうを行く石炭列車・・ »