« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月31日 (金)

落ち花の無常の囁き・・

花は、その役割を全て終えてから地にかえることが・・

花の天寿の全うになるのでしょうね。

ただ、風や鳥、動物などによって・・

花の最盛期に行き成り落とされた場合・・・

地上に落ちた花は、それを自覚しているのでしょうか?

地上に落ちても尚、咲き続けている花を見ると・・

ふと考えてしまうのであります。

6月7日、旧科学館前で見かけた落ちたズミの花です。
鳥に落とされたのでしょうか??

607sizumi4_2


近づいて正面から見ると落とされてから間もないのか?・・
まだ綺麗に咲いていました。
しかし、地上にいることに戸惑いはじめているのかも??
彼?彼女?の無常の囁きが聞こえてきそうです。
607sizumi1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月30日 (木)

感傷的な落ち花風景・・

久しぶりに“おセンチ”という言葉を聞きました。

涙もろい人なんかをおセンチといってたように思います。

センチメンタルのことですが、そのセンチメンタルを日本語で・・

訳すと何と言うのか?気になったので、今更ながらですが・・・

昨日、調べてみると“感傷”とありました。

そこで、ブログにはアップしていなかったのですが・・

5~6月にかけて落ち花の写真をたくさん撮っていたことを・・・

思いだしました。

自分は性格的に暗いせいもあるので、このような風景に・・

引かれるように思いますが、情緒的な表現に変えると・・・

“感傷的な風景”と言えるようにも思います。

そこで、カテゴリーに「感傷的風景写真」の項目を・・

追加することにして、今回が、その第一弾としました。

ネタがないだけの誤魔化しともいえますが・・

結構、自分では、好きなカテゴリーになりそうです。

6月7日です。
旧科学館前で見かけた落ちたズミの花の風景からです。
607sizumi3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月29日 (水)

夕暮れ時の出港風景・・

前回、額縁に入れて見るとどんな写真でも引き立つのかも?・・

というようなことを生意気にも書いてしまいましたが・・

今回も、その続きでございます。

って、単にこのところ写真を撮りに行っていないので・・

ネタがないだけですが・・・。

額縁の余白というのか台紙の色によっても同じ写真が・・

印象が変わって見えたりするから面白いですよね。

白が最も一般的だと思いますが、リバーサルフィルムからの・・

プリントで黒い縁取りで囲っている写真をよく見ますが・・・

リバーサルフィルム特有の空気感や鮮やかさが・・・・

より強調されて見えたりするから不思議です。

写真展などで大きなサイズの写真を見ると黒い台紙が・・

多い理由が分かるような気もします。

他にもグレー系やブラウン系などの台紙もあるようですから・・

それぞれの作品に合う色を選ぶのも写真を活かして・・

飾る上では大切なことなのでしょうね。

と無駄に長い前置きになってしまいましたが今回の写真も・・

文とは、関係ありませ~んです。

まなぼっと幣舞前のベイゲイトから撮影した、夕暮れ時に・・

漁船が出港して行く風景の写真でございます。

7月10日です。
710mayufu1

~~
光の強い夕日の時の撮影って難しいですよね。
この写真は、全体的にフレアー気味ですしフレーミング的にも・・
今一つだと思いますが、もし額縁に入れるとしたら夕景ですから・・
やはり、黒い台紙がいいのでしょうかね~?
710mayufu5




| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年7月28日 (火)

春採公園のエゾノシモツケソウ・・

昨日、今年初めて撮った写真をA4にプリントしてみました。

普段は、パソコンで写真を見るだけなので、年に10枚ほど・・

写真屋さんでA4サイズにプリントしてもらうくらいです。

しかし、パソコンで見ると、中々、いい写真だと思っても・・

プリントした写真を見ると、ガッカリして自分の甘さを・・・

毎回のように実感させられてしまいます。

写真展などに出品する方々って本当に凄いですよね。

ただ、その駄作を救済できるかも知れない方法が・・・?

それは、額縁に入れて少し離れて見ることです。

余白をつけてガラス板越しに見るようにすると・・

余白がほどよい空気感や臨場感を与えてくれたり・・・

ガラスがシャープ感を出してくれたりしますよね。

でも、自分の写真じゃ額に入れても変わらないかな~?

額だけにガックシです。

って、オチも甘くなってしまいましたな~・・・。

その甘いといえば、春採公園で人気のある花の一つの・・

エゾノシモツケソウは甘い綿菓子のように見えたりもします。

かなり強引なつなぎでしたが、今回は、春採公園で撮った・・

そのエゾノシモツケソウの写真でございます。

7月17日です。
717hiesiki3


この場所で撮っていた時に、公園内の花々の観察記録を・・
調べている方が、“ここのが一番、色が濃くて綺麗です。”・・・
と教えてくれました。
ただ、この日は、光線状態の悪い時間帯に行ったので、後日・・
撮り直そうと思いながら結局、行っていないのでありました。
717hiesiki5


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月25日 (土)

市街地に出没するエゾシカ・・

ここ何年か前から自宅の窓から見える小高い丘に・・

時折ですが、エゾシカが姿を見せるようになりました。

草地なので来ても当たり前ともいえますが・・

住宅街の直ぐ近くです。

そこで問題なのが、ヒグマの出没の心配です。

まさかヒグマは来ないだろうと思ってしまいますが・・

昨年、ここから1キロにも満たないようなところで・・・

ヒグマの目撃情報がありました。

最近は、いろいろなところで住宅地でのヒグマの・・

目撃情報が増えているようですね。

市街地や住宅地だから絶対に安心とは思わずに・・

生ゴミの処理などは、充分に気を付けた方が・・・

いいのかも知れませんね。

ちょっと前??ですが、7月4日、自宅の窓からです。
704masilo1


確かにエゾシカが来てもおかしくない草地ですが、以前は・・
ほとんど見なかったように思います。
エゾシカが増えたのか?山に食糧不足なのか?動物たちの・・
生息域も変わって来ているのでしょうかね~??
704masilo2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月24日 (金)

光と影と睡蓮と・・

モノクロ写真は、光と影の世界だといいます。

そして、限られた色の世界から作り出されるトーンの世界・・・。

自分には、難しいですが、モノクロの世界での作品作りが・・

閃く人って才能があるんでしょうね~。

ただ、デジタルから写真を初めてモノクロ写真に興味を・・

持った方には、機会があればフィルムでの撮影や・・・

暗室作業を是非、体験してほしいとも思います。

きっと逆に凄く新鮮に感じて作品作りの幅も・・

更に更に広がることでしょうね~。

などと、お前が偉そうにいうなって怒られそうですね。

でも、今では、モノクロでの暗室作業も、薬品や印画紙の・・

購入なども含めて難しいのでしょうかね~?

それに暗室が必要っていうのも面倒ですしね。

ということから今回は、モノクロ写真にしようと思ったのですが・・

やはり、自分には無理なようなので諦めちゃいました。

普通の色の世界?の写真でございますです。

7月8日、春採公園のトンボ池のスイレンです。
708hikasu1


~~

白いスイレンの花も光と影の世界で・・・。
って、自己満足の世界ですが・・・・・。

708hikasu3

~~
~~~

咲いている方の花だけを撮りました。
ほんのりとピンク色の花びら?が可愛いですね。

708hikasu4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月23日 (木)

虫のお知らせと言うものの一考察・・

夏になると自宅の車庫にカマドウマが出没します。

黒っぽいバッタのような昆虫で嫌いな人も多いと思います。

いつも見かけると竹ぼうきで払って追い出していました。

昨年のことですが、部屋の中で物が落ちる音がしたので・・

目を向けるとカマドウマの姿がありました。

追い出さないと夜も眠れないと冷や汗をかいていると・・

奥の方に逃げ込んで行きました。

これは大変!と追いかけると、ちょうどそこにあった棒に・・

とまっていて簡単に外に出すことが出来ました。

その時に、去って行く彼の後ろ姿を見ながら・・

ある思いが浮かんできました。

それは、仲間を車庫から追い出さないでくれと危険を冒して・・

車庫から出て頼みに来たのではないか?ということです。

それ以降、今年になってからも車庫の中でカマドウマの・・

姿を見ても放っておくことにしました。

何となく嫌な予感を知らせてくれることなんかを・・

虫の知らせなどといいます。

今回のカマドウマのこととは、意味合いがちょっと違って・・

話がかなり飛躍してしまうのですが・・・

虫の知らせとは、実際に虫に守護霊さんなどの魂が・・・・

宿って、危険なことなんかを避けるように近くに来て・・・・・

見守ってくれるから感じるのはないか?・・・・・・

と思ったりもするのであります。

これからお盆の時期、家の周りや自分の周りを・・

まとわりつくように飛んでいる蝶などがいましたら・・・

それは、ご先祖様の魂かも知れませんよ?!

などというファンタジーな?お話を書いてしまいましたが・・

今回の写真は、虫ということで蝶の写真でございますです。

7月17日、春採公園にて。
717mutyoha1


ホザキシモツケにとまっていた蝶を逆光気味で撮りました。
ヒョウモンチョウの仲間でしょうか??
蝶の模様も不思議ですよね。
717mutyoha3




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月22日 (水)

まなぼっと幣舞前の、ど根性キバナ・・

先週、新聞のテレビ欄を見ていると“ど根性ガエル”という・・

番組がありました。

ど根性ガエルというと40年以上前、自分が中学生位の頃に・・

再放送を含めて何度も見たアニメではあ~りませんか。

今回は、実写版ということなので・・

Tシャツのピョン吉をどうするのだろうか?と・・・

興味があったのでちょっと観てみました。

時代というか技術の進歩のお陰なのでしょうね~、・・

ほとんど違和感なく合成?されていました。

ただ、何度もアニメを観ていたファンとしては・・

配役、特にキョウ子ちゃんに少し違和感を・・・

感じてしまったのでありました。

ということで今回は、その、ど根性ということから・・

まなぼっと幣舞前にあるテラスのコンクリートの隙間に・・・

根付いて咲いている小さな黄色い花の写真でございます。

7月19日です。
図書館前の駐車場から
ベイゲイトに上がる階段の片隅で・・
見かけました。

719beyuki2


ベイゲイトにあるオブジェ?の足元にも同じ花を見かけました。
ここからの遠方の景色にばかりに目が行ってしまうので・・
ほとんどの人が気がつかないことでしょうね。

719beyuki4

花と同じ目線から、まなぼっと幣舞を入れて撮ってみました。
以前、ど根性ヤサイなどが話題になったことがありましたが・・
この花も、ど根性の持ち主なのでしょうかね
~。
自然界の生命力の強さというものも感じますね。

719beyuki5






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月21日 (火)

釧路港の海洋地球研究船「みらい」・・

一昨日の19日、釧路港耐震旅客船ターミナルに停泊中の・・

海洋地球研究船「みらい」を見に行きました。

18日に船内の一般公開が行われたようで・・

たくさんの人が見学に来ていたとのこと・・・。

しかし、19日は、停泊中の岸壁に人影がなかったので・・

船の近くは立ち入り禁止なのかな~?と思ってしまいました。

今年は、ここに寄港する大型客船が少ないようなので・・

ここから船が見られるのは、やはり楽しみだと思いました。

7月19日、海洋地球研究船「みらい」(8706トン)です。
719mobemi4


見事に?岸壁に人がいないですね。
お陰で思いっきり岸壁中をウロウロと出来ました。
自分のレンズでは、結構、離れないと全体が入りませんでした。

719mobemi5

~~
新聞によりますと全長128.5メートル、幅19メートルの・・
世界最大規模の海洋調査船で北極海や北太平洋などの・・・
海洋調査を行っているそうです。

719mobemi2

~~~
「みらい」の文字を見て何故か?直ぐに志田未来ちゃんを・・
想い浮かべてしまいました。
って、何のこっちゃ?!ですね。

719mobemi3

~~~~
300キロ先の雲の状況が分かるドップラーレーダーなどを・・
装備しているそうです。
サッカーボールみたいな装備もかなり目立っていました。

719mobemi9

~~~~~
帰りがけに振りかえって全体の風景を見てみました。
やはり、岸壁に人がいませんね。
でも、この岸壁が出来たのは凄いことだと改めて思いました。

719mobemi92

~~~~~~
まなぼっと幣舞前のベイゲイトからです。
夕景とか夜景の時に撮ったら面白いというか印象的な・・
写真が撮れたのかも?知れませんね。

719mobemi1









| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月20日 (月)

釧路港の夕日の写真展・・

昨日、釧路港耐震旅客船ターミナルに停泊中の・・

海洋地球研究船『みらい』を見に行った時に・・・

MOOで開催されている「世界三大夕日の釧路港」写真展も・・・・

見学してきました。

夕日の写真を撮る場合に、夕景は綺麗だけど・・

本人以外は、どこで撮ったのか分からないというような・・・

作品になることも少なくないと思います。

しかし、昨日、素晴らしい作品の数々を見て思ったのは・・

釧路の夕日は、街の景色を入れてベストな作品を・・・

撮ることが出来るので釧路の夕景だということが・・・・

容易に分かりやすいということです。

それに気軽に行けるような場所で様々に撮れるのも・・

凄いことだと思いました。

また、次回の作品展も楽しみになりました。

7月19日です。
719mimuyu1


人通りの多い1階で行われていたのが素晴らしい!
熱心に見ている観光客さんも見かけました。
美しい夕日の写真がたくさん並んでいるとここだけ別世界に・・
感じてしまいますね。

719mimuyu2

~~
写真展を見学した後に耐震旅客船ターミナルに『みらい』を・・
見に行きました。
18日は、見学会があったので多くの人が訪れたようですが・・
昨日は、静かな岸壁でした。

719mimuyu3



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月18日 (土)

夜の露店景、MOOから・・

今回の記事のタイトルとは全く関係ない話なのですが・・

先日のテレビで、バク転(バック転)のみを教える教室が・・

紹介されていました。

子供の頃から運動神経というものとは無縁な自分は・・

バック転が出来るということは、憧れの中の憧れでした。

同じように思っている方が多いようで、その教室は・・

中年の男性が多いようでした。

中には、70代の方もいるようですが、ほとんどの方が・・

バック転が出来るようになるとのことでした。

近くに住んでいたら自分もチャレンジしてみたいな~と・・

運動嫌いな自分でも思ったのでありました。

バック転ってやはり、運動の苦手だった者にとっては・・

スーパーマンやヒーローを感じる入り口というか・・・

特別なものなんでしょうな~。

ということですが、スイマセ~ン・・

今回の写真は、文とは全く関係ありませんです。

MOOの階段から撮影した厳島神社例大祭の時の・・

岸壁に並んだ夜の露店風景の写真でございます。

7月10日です。
若い人の姿が多く見られました。
バック転の得意な若者もこの中にたくさんいるのだろうな~。
710maiep2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月17日 (金)

トンボ池の雨の日のスイレン・・

春採公園のトンボ池にスイレンが咲いていますが・・

その写真を撮っている時に、散歩中の人の・・・

“キレイ!”という声も聞こえてきますが・・・・

一番多く聞く声が“葉が多いね~”という言葉です。

確かに自分もその通りだと思いますので・・

天気のいい日に写真を撮ると乾いた葉のテカリや汚れが・・・

結構、目立ってしまいます。

10日以上前になってしまいましたが・・

今月の4日、雨上がりにトンボ池に行ってみると・・

やはり、しっとりと落ち着いたいい雰囲気でした。

ただ、これまたやはり、同じことを考える人がいるようで・・

2名の先客のカメラマンさんがいたのでありました。

7月4日です。
スイレンは、水滴が付いている方が雰囲気を感じますね。

704toameju1

~~
~~~

ピンクの花も綺麗に咲いていました。
704toameju3

~~~
~~~~

少し日が差した時に撮ってみました。
704toameju4











| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月16日 (木)

夕色の空と祭りの露店景・・

今回は、先週の10日に・・

まなぼっと幣舞前のベイゲイトから撮影した・・・

日没後の夕色に染まる空と岸壁の祭りの露店景の・・・

写真からでございます。

7月10日、ベイゲイトからの日没後の夕景です。
岸壁に釧路厳島神社例大祭にあわせた露店が見えます。
710yubeki4

~~
この季節には珍しく?地平線付近に雲がなかったので・・
日没後に空が夕色に染まってくれました。
霧も写真を撮るにはいい雰囲気を作ってくれました。

710yubeki2

~~~
レンズの調子なのか?ピント合わせに苦労しているうちに・・
空が暗くなってしまいました。
右下に少し見える港文館の窓と左下の津波ブロック?の・・
クータン
(でしたっけ?)もいいアクセントになったと思います。710yubeki1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月15日 (水)

幣舞橋からロータリーを渡る神輿行列・・

ここ何年か、毎年のように幣舞橋を渡る・・

厳島神社例大祭の神輿行列を見に行ってるのですが・・・

当日は好天に恵まれる日が多いように思います。

そして、今年も例年のように晴天に恵まれたようでした。

やはり、神様のお力のお陰なのでしょうかね~?!

7月11日、幣舞橋にて。
711kominu6


快晴の空のもと、二基のお神輿がやって来ました。
お神輿って“一基”とか“一体”と数えるそうですね。
恥ずかしながら自分は知りませんでした。

711kominu7

~~
~~~

前を行くお神輿です。
女性の担ぎ手さんが多いので
女みこしでしょうか?
711kominu8

~~~
~~~~

メインのお神輿ですね。
屈強な漢(おとこ)たちの迫力を感じました。

711kominu9

~~~~
~~~~~

旧日銀前を通過するところです。
青空に白い衣装と建物がとても映えていました。

711kominu91

~~~~~~
ロータリーを渡るところです。
花時計を入れてみたのですが、午後4時ごろなのに針が・・
0時(12時)を指していました。

711kominu92

~~~~~~~
実は、昨年来た時に、来年は釧路らしい景色ということで・・
この構図で撮ってみようと考えていたので、花時計が・・・
止まっていたのは、ちょっと残念でございました。
711kominu94














| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月14日 (火)

祭りの日、幣舞橋にて・・

先週末の10日~12日に釧路にも夏の訪れを告げる・・

厳島神社例大祭が行われましたが、天気にも恵まれ・・・

今年は、最高のお祭り日和だったことと思います。

その期間中のお神輿が市内を練り歩く11日に・・

神輿行列が幣舞橋を渡るところを撮ろうと思って・・・

橋を通過する予定時間頃に行ってみました。

今回は、メインのお神輿が来るまでに幣舞橋にて・・

見かけた光景の写真からでございます。

7月11日です。
橋を歩いていると可愛らしい後ろ姿を見かけました。

711numaku1


~~

幣舞橋ということが分かるように引いて撮ってみました。
手前の像は、
秋の像です。
711numaku2

~~
~~~

神輿行列が来たようです。
澄んだ青空が眩しく感じました。

711kominu2

~~~
~~~~

道路を挟んで正面に来たところを撮りました。
青い半纏?がカッコいいですね。

711kominu1

~~~~
~~~~~

再び行列の方にカメラを向けました。
快晴の空だったこともあり、一層、夏祭りという感じがしました。

711kominu3

~~~~~
~~~~~~

青空に白い旗は、映えますね。
子供さんたちには、この旗、結構、重いことでしょうね。

711kominu4

~~~~~~~
太鼓の音を響かせながらトラックが通って行きました。
くしろ日本太鼓と衣装の背にありました。
やはり、太鼓の音を聞くとお祭りという感じがしますね。
711kominu5_2

















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月13日 (月)

ベイゲイトからの霧景色と夕日・・

週末は、いい天気が続きましたね~。

金曜日の10日、耐震旅客船岸壁の辺りに・・

お祭りの露店が並ぶようだったので・・・

まなぼっと幣舞前のベイゲイトからだと・・・・

ちょうど夕日と一緒にその風景が撮れるかも?と・・・・・

思ったので行ってみました。

7月10日、まなぼっと幣舞前テラス?のベイゲイトからです。710kiyube7

~~~~
夕空の色は薄くなりますが、露店が分かるように明るめに・・
撮ってみました。
この霧って湿原の方まで行っているのでしょうかね~??

710kiyube93












| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月11日 (土)

夜霧の街灯と岸壁炉ばた景・・

スイマセ~ン!・・

このとろ、ちょっと???前に撮った写真ばかりですが・・・

今回も、またまたまた先月の30日に撮影した・・・・

夜霧に浮かぶ岸壁炉ばた周辺の写真からでございます。

6月30日です。
岸壁炉ばたの河口側の入り口の方から撮りました。

630hakiga77

~~~~~
~~~~~~

帰りがけに少し離れたところから撮りました。
川の対岸の先の方の街灯まで写っていますから、この時は・・
霧が薄くなってきていたのかも知れませんね。

630hakiga92


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月10日 (金)

暮れゆく霧に浮かぶ岸壁炉ばた・・

今回も前回と同様に先月の30日に撮影した夜霧の・・

幣舞橋周辺の風景写真からですが・・

今回は、夜霧へと変わってゆく色彩の世界に浮かぶ・・・・

岸壁炉ばた周辺の写真からでございます。

6月30日です。
630hakiga2

~~~
~~~~~

炉ばた中心にも撮ってみました。
晴れている日とは雰囲気がまた違っていいですね。

630hakiga91













| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 9日 (木)

紫色の夜霧の幣舞橋・・

霧の幣舞橋が、一番、美しいというか幻想的に見えるのが・・

完全な夜霧になる前の霧の色が刻々と変わって行く・・・

時間帯だと思います。

今回は、先月になってしまいましたが、先週30日に撮影した・・

その色付く夜霧の幣舞橋の写真からでございます。

6月30日です。
今回の写真の色温度設定は、全てAWBにて撮りました。
630kiyanu95

~~~
上流側からです。
これ以上、時間が経つと霧が赤味(茶味?)を帯びてきます。
霧がない時は、手前の
冬の像が後ろのビルに融け込んで・・
しまうのですが、霧のお陰で浮き上がって見えます。

630kiyanu92





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 8日 (水)

街灯が点き始めた頃の霧の幣舞橋にて・・

年々、釧路の霧日数が減っているそうですね。

確かに今年も朝や昼に霧が出て来ることは多いですが・・

一日中、霧という日は、少ないかも知れませんね。

今回の写真は、最近にしては珍しく?・・

日中から夜まで霧の晴れなかった先月の30日に・・・

幣舞橋周辺にて撮影した写真からでございます。

6月30日です。
夏の像は、鳥のフンの洗礼を受けていたので少し離れて・・
撮ることにしました。

630kiyanu3

~~~~
春の像です。
空が徐々に暗くなって青っぽくなって来ました。
この後、空が暗くなると共にまた霧が深くなっていきました。

630kiyanu4

~~~~~
EGG前の花壇越しに撮ってみました。
花のボケ方と入れる位置が中途半端になったので工夫が・・
もっと必要でしたね。
630kiyanu5









| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 7日 (火)

春採公園のトンボ池のイトトンボ・・

以前は、春採公園のトンボ池に行くとその名の通りに・・

たくさんのトンボを見かけました。

気のせいかも知れませんが、10年くらい前から、トンボ池で・・

見かけるトンボの数が減ったように感じていました。

しかし、このところ、トンボ池に行くと以前のように・・

トンボをたくさん見かけるように思います。

ただ、夏の間に頻繁にトンボ池に行っていた訳ではないので・・

やはり、気のせいなのかも知れません。

もし、本当に増えたのだとしたら、ウチダザリガニの駆除の・・

効果とかが関係あるのでしょうかね~?

7月5日、トンボ池からです。
705toiko1_2

~~~
~~~~

釧路地方にも10種類以上のイトトンボがいるようですが・・
この写真のトンボの種類は、自分には分かりませんです。

705toiko4_2

~~~~
~~~~~

以前、トンボ池で水の中に入ってイトトンボが産卵するのを・・
見たように思いますので、もう一度、見たいものです。
705toiko5





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 6日 (月)

春採公園のトンボ池の小魚と色彩・・

4月の下旬に春採公園のトンボ池でオタマジャクシの大群を・・

見かけました。

その後も、公園に行った時には、池の生き物の様子などを・・

見るようになりました。

まだ、オタマジャクシの姿も少ないながら見かけるのですが・・

それよりも岸辺近くにいるたくさんの小魚たちの方が・・・

目を引くようになりました。

人が近づくとその小魚たちが一斉に動くので、その波紋が・・

面白く見ているとついついカメラを向けてしまいます。

6月29日です。
629toplri2


~~

一匹をアップで撮ってみました。
ジュズカケハゼでしょうか??全く自信はありませんです。

629toplri6

~~
~~~

水面に映る色彩が綺麗に感じたので偏光フィルターを・・
調整しながら水面をいろいろと撮ってみました。
629toplri4







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 4日 (土)

春採湖のスイレンを偏光フィルターにて・・

まだ、フィルムカメラで撮っていた時ですから・・

15年以上前に購入したと思われる偏光(PL)フィルターが・・・

一つだけですが手元にあります。

ただ、そのサイズに合うレンズが今は手元にないので・・

ここ何年も、ほとんど出番はありませんでした。

昨年、リサイクルショップで購入した望遠ズームレンズが・・

ちょうどそのサイズだったので早速、使ってみたのですが・・・

劣化したのか?ほとんど偏光効果が出ませんでした。

しかし、カメラバッグには入れていたので先月、春採湖で・・

スイレンを撮っている時に駄目元で試しに使ってみると・・・

偏光効果が復活していたので驚きました。

偏光フィルターって高価ですから、このまま復活してくれたら・・

凄く嬉しいんですけどね~。

6月20日です。
PENTAX K10D+SIGMA 70~300mmF4~5.6DL MACROにて。
偏光フィルターを併用しました。
620hasasu95

~~
~~~

ズームしていろいろと試しに撮ってみました。
葉の反射が抑えられるので緑が濃く出ますね。

620hasasu97

~~~~~
ピンクと白の花です。
葉の表面の様子がそのまま出るので偏光効果と撮る場所を・・
選ばないと主役が目立たなくなってしまいましたかね?
620hasasu994




















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 3日 (金)

春採湖のスイレンでフレーミング練習・・

先月の20日、カメラ片手に春採公園に行った時に・・

春採湖のスイレンが満開に咲いているのを見かけました。

そこに散策中の上級者らしいカメラマンさんも来たのですが・・

直ぐにいいフレーミングを見つけたようで素早く撮影して・・・

次の被写体を求めて移動して行きました。

自分は、どう切り撮っていいのか?いつものことですが・・

直ぐには、閃かないというか見つけられませんでした。

そこで、フレーミング作りの練習ということにして・・

ゆっくりと撮ることにしたのであります。

6月20日、春採湖のスイレンです。
白とピンクの花がありました。
さて、どのように切り撮ったらいいのだろうか?

620hasasu93


白い花の方が多いようでした。
切り撮る花をバランスを考えて選ぶのが難しい・・・。
白い花は、もう少し爽やかな色になるような露出で・・
撮った方がいいのかも知れませんね?!
620hasasu5

~~~
~~~~

揺れる水面を少し入れて他と少し離れて咲いている・・
兄弟?を撮ってみました。

620hasasu4

~~~~~
~~~~~~

これは、ピンクというよりもピンクの混じっている花ですね。
ピンクの花は、白花に較べると少ないので貴重に感じました。
620hasasu6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 2日 (木)

鶴ヶ岱公園のひょうたん池の水面模様・・

鶴ヶ岱公園のひょうたん池で夏にボートに乗った人は・・

多いと思いますが、自分が小学生の頃は、冬は・・・

スケートリンクにもなっていました。

年々、冬の気温も上がってきているようですし・・

今では、考えられませんよね~。

などと、なんとなく前置きを書いてしまいましたが・・

今回も、前回、前々回と同様に一ヵ月以上前に撮影して・・

忘れていた、その、ひょうたん池の写真からでございます。

5月31日です。
ひょうたん池に映る水面の風景です。

531tuhyoat1


~~

静かな水面に映る新緑が綺麗でした。
上下逆にした方が面白いでしょうかね~??

531tuhyoat3

~~
~~~

鯉さんの描く水面アート?
水面に映る景色が揺れて絵を描いているように見えたので・・
ついつい時間も忘れてレンズで追いかけてしまいました。

531tuhyoat9

~~~
~~~~

この日は、チューリップ&花フェアのついでに撮影したので・・
今度は、天気のいい風のない日にジックリと撮影したいです。
531tuhyoat93



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 1日 (水)

アメンボの描く水面の宇宙・・

池や湖に行くとアメンボの姿をよく見かけます。

恥ずかしながら最近まで、雨に何か関係することから・・

“雨ん坊”が名前の由来だと思っていました。

しかし、細長い棒のような体を持った・・

飴に似たにおいを出す虫ということから・・・

“飴ん棒”となりアメンボになったのですね。

ちょうど一ヵ月くらい前になりますが・・

鶴ヶ岱公園にチューリップ&花フェアを見に行った時に・・・

ひょうたん池でアメンボをたくさん見かけました。

そのアメンボが水面に描く波紋の広がりを見ていると・・

とても面白く感じたのでカメラを向けてみました。

一ヵ月も前になってしまいましたが、5月31日です。
鶴ヶ岱公園のひょうたん池で見かけた光景からです。
小さな波紋の広がりが面白く感じるような・・・。

531mihyou1

~~
アメンボの描く波紋のところにちょうど雲から顔を出した・・
お日様の光が映りました。
その光景をファインダー越しに見ると深い宇宙空間というか・・
異次元への入り口のようにも感じました。

531mihyou2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »