« トンボ池の印象的な霜風景・・ | トップページ | 足元の水と氷と霜の世界・・ »

2015年12月15日 (火)

釧路の学校の最初の修学旅行の行先は?・・

最近の修学旅行といえば、高校なら飛行機を使ったり・・

海外に行ったりすることも珍しくないですよね。

では、釧路の学校での初の修学旅行は、どこの学校が・・

いつ頃、どこに、どうやって、どのくらいの日程で・・・

実施されたのでしょうか?

明治30年7月22日に日進小学校の高等科の48名の生徒と・・

引率の先生で実施されたとの記録があるようです。

その当時の教育制度は、いろいろと変わったりして・・

よく分からないのですが、小学校は、尋常科の上に・・・

高等科というのがあったらしいです。

さて、行き先と日程ですが、5泊6日で厚岸だったそうです。

現在なら車で1時間位で行ってしまいますが・・

バスや列車もない時代、道も現在のように・・・

整備されていたわけではないので熊などの獣が・・・・

出没するような険しい山道を長い時間歩いたりして・・・・・

子供たちには厳しい道のりだったと思われます。

そして、普段は気軽に行けない行程なので、学習をかねて・・

ジックリと行く先々を見学しながらの旅路だとも思われます。

さてさて、5泊もどこに泊まったの?と思いませんでしょうか。

1日目は、遠矢と阿歴内に分宿し、第2夜は太田村・・

3日目に厚岸に入り厚岸小学校に泊まったそうです。

そして、翌日に厚岸の港や国泰寺を見学して・・

そのまま国泰寺に泊まり、帰りは、跡永賀に一泊して・・・

帰ったそうです。

この行程からすると行きは内陸側を歩いて行き・・

帰りは海岸線のコースを通ったことが分かります。

明治維新前から東蝦夷地の中心地だった厚岸の港は・・

当時の釧路の港よりも発展していたと思われますし・・・

歴史のある国泰寺や屯田兵が入植して出きた太田村に・・・・

行ったことなどを考えますと修学旅行のコースとしては・・・・・

当時の最適な行程だったのでしょうね。

それにしても昔の修学旅行って体力的にも大変そうですね。

その後、詳しい日程は、分かりませんが・・

明治32年に高等科の生徒29名が9日間の日程で・・

根室まで定期回航汽船で行ったいう記録もあるようです。

どのような行程だったのか?今では凄く興味深いですね。

12月12日です。
桂恋から見た厚岸方面の太平洋です。

1212kasyuyu1


同じく12月12日、日没後の桂恋漁港にて。
明治30年といいますと1897年になりますから今から・・
120年近く前になるようですね。
一行は、帰り路にこの桂恋も通ったのでしょうかね~?
1212kasyuyu2

|

« トンボ池の印象的な霜風景・・ | トップページ | 足元の水と氷と霜の世界・・ »

道東の歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 釧路の学校の最初の修学旅行の行先は?・・:

« トンボ池の印象的な霜風景・・ | トップページ | 足元の水と氷と霜の世界・・ »