« 桂恋から望む夕日・・ | トップページ | 道端の氷と霜の造形美・・ »

2015年12月10日 (木)

釧路で最初の学校は桂恋にあった?・・

釧路の学校の始まりは明治12年に開校した・・

日進学校(日進小学校)で、その前身は、明治8年に・・・

聞名寺で開かれた寺子屋だと云われています。

しかし、釧路で最初に学校らしきものが開かれたのは・・

明治5年に桂恋の稲荷神社にあった観音堂で・・

岡田善道という人が5~6人の子供を集めて・・・

教鞭をとったのが始まりだとも云われているようです。

日進学校は後に昆布森に分校が出来たそうですが・・

何故、桂恋や昆布森に早くから学校が出来たのでしょうか?

釧路は、いろいろな産業が入って移住者が増えるまでは・・

海岸線の昆布の漁村に過ぎなかったので・・・

その集落のあった漁場から始まったらしいのです。

実際に明治の前は、道東(東蝦夷地)の中心は・・

厚岸でしたし、明治になってからは根室が中心地でした。

更に釧路よりも、現在の刑務所に当たる集治監や・・

硫黄山事業の精錬所のあった標茶の方が栄えていて・・・

釧路が標茶の人口を抜かしたのは明治24年に・・・・

なってからだそうです。

それを思うと、その後の釧路の急速な発展ぶりは・・

凄かったようですね。

などと、今回、桂恋の夕景の写真をアップしたいがために・・

中途半端な雑学を長々と書いてしまったのでございます。

12月7日、桂恋漁港からです。
1207kayuyo1


~~

間もなく日没です。
この日もいい夕日でした。

1207kayuyo3

~~
~~~

日没後です。
この日は、穏やかな夕暮れ時でした。
1207kayuyo8





|

« 桂恋から望む夕日・・ | トップページ | 道端の氷と霜の造形美・・ »

道東の歴史」カテゴリの記事

桂恋からの夕景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 釧路で最初の学校は桂恋にあった?・・:

« 桂恋から望む夕日・・ | トップページ | 道端の氷と霜の造形美・・ »