« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月31日 (木)

妖艶な空のMOO夕影・・

一昨日(29日)の新聞に浜中町の涙岬で写真愛好家の方が・・

撮影したラッコの写真が出ていました。

記事を見て直ぐに、連日、被写体を求めて熱心に・・

活動している写真愛好家の方たちが・・・

駆けつけているのかも?と思いました。

でも、その方たちは、超高速の情報網があると思いますので・・

新聞に記事が出る前にすでに行っているのでしょうね。

釧路にクーちゃんが来たのは、早いもので7年前ですが・・

また、来る可能性もありそうですね。

ということで今回は、強引な繋ぎですが・・

その、クーちゃんが釧路川に来ていた時に・・・

滞在していたMOO周辺の写真でございます。

3月21日です。
この日は、雲が印象的な日没でした。
7年前のこの時期は、クーちゃんも釧路川の川面から・・
この夕日を見ていたと思います。

321tukoyo5


日没直後です。
雲のお陰で妖艶な夕空になりました。
ただ、この写真のフレーミングでは、四季の像と後ろに見える・・
建物が重なったのが残念だったかも?!
321tukoyo9


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月30日 (水)

青雲台から望む斜里岳・・

昨日、車でスカイロードを桜ケ岡方面から武佐方面へと・・

下っている時に正面に斜里岳らしい山が見えました。

天気のいい空気の澄んだ日にはよく見られるので・・

珍しい風景ではないのですが・・・

何となくいつもよりも近くに見えるように感じたので・・・・

坂を下った後に引き返して青雲台体育館の辺りから・・・・・

写真を撮ってみることにしました。

昨日の3月29日です。
斜里岳だと思われますが、違っていたらスイマセンです。
少しモヤっていましたが、何となくですが、いつもよりも・・
近くに見える感じがしました。

329seyaha3


他の山も撮ってみました。
雄阿寒岳です。
街並みの向こうに見えるのは、釧路湿原でしょうか?

329seyaha2

~~
阿寒富士雌阿寒岳です。
左側の尖って見えるのが阿寒富士でその奥の煙?が・・
見えるのが雌阿寒岳だと思います。

329seyaha1



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月29日 (火)

幣舞橋のコンバージョンゴール?夕日・・

運動音痴で更に貧弱な自分は、ラグビーのような・・

屈強な男たちが(女性もあるようですが)肉弾相打つような・・・

スポーツは特に縁がないので昨年、ワールドカップで・・・・

脚光を浴びるまでルールなど全く知りませんでした。

前にパスをしてはいけないというのも初めて知りました。

今でも他のルールは、ほとんど分かりませんが・・

五郎丸選手のようにゴールポストに蹴って決めることを・・・

コンバージョンゴールというのだそうですね。

先週、幣舞橋の向こうに落ちる夕日を撮影していて・・

四季の像と街灯の間に沈む夕日を見ていた時に・・・

このコンバージョンゴールという言葉が思い浮かびました。

今回は、その時の写真からでございます。

3月21日、夏の像秋の像の間に落ちていく夕日です。
この日は、光が強い夕日だったので白トビが強く・・
ラグビーボールのような形に写ってしまいました。

321tukoyo2


~~

春の像冬の像の間に沈む夕日です。
街灯がゴールポストのように見えるような・・・??

321tukosi91

~~~
~~~~

引いてMOOも入れて撮った写真です。
この日は、たくさんのカメラマンさんが来ていました。
321tukoyo4









| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月28日 (月)

チャランケチャシの春雪被る石仏たち・・

先週、24日・25日と少し積るくらいに雪が降りましたね~。

今時期に降ると結構、積もったりするので・・

ちょっと不安になりました。

25日の午前中に春採公園方面に小用があったので・・

チャランケチャシの石仏さんたちにその前日の雪が・・・

まだ被っているかも?と思って寄ってみました。

3月25日です。
325hayuti1


春採湖畔の石仏を全てお地蔵様だと思っている方も・・
少なくないと思いますが、数体をのぞいてほとんどが・・・
大正13年に発願され設置された
釧路西国三十三ヶ所霊場の・・・・
札所に相当する観音石仏になります。

325hayuti3

~~
ここの石仏も六体中、五体が観音石仏になります。
左から第12番、11番、お地蔵様、20番、10番、22番です。
第11番が准胝観音で他の四体は千手観音になります。
全ての石仏が最初からこの場所に設置されていたのではなく・・
後から移動してきたものもあると思われます。
325hayuti4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月23日 (水)

幣舞橋の春の像と冬の像の間に沈む夕日・・

昨日の新聞に中標津フォトコンテストの最優秀賞の・・

素晴らしい作品が紹介されていました。

この方は、根室フォトコンテストでも最優秀賞だったそうなので・・

凄い才能の持ち主なのですね。

もちろん地道な情熱が必要だと思いますが・・

オリジナルティー溢れる作品を撮るには・・・

やはり、才能あってこそなのでしょうね。

残念ながら、そのようなセンスとは無縁の自分は・・

とても羨ましく思ってしまいます。

ということで今回も定番の構図で撮った・・

幣舞橋と夕日のコラボの写真でございます。

3月17日です。
春の像と冬の像の間に落ちる夕日ですが、今の季節に・・
合わせて少し春の像よりに夕日を入れてみました。

317yutaha1


やはり、像の真ん中に夕日を入れないと不安定に感じるので・・
真ん中に入れてみました。
ただ、構図的には、上の写真の方が好みだったのですが・・
その構図で撮った写真は、全てピンボケしていました。
才能とかセンスとかいう以前の問題ですね。
317yutaha2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月22日 (火)

美しい春の幣舞夕日と岸壁の夕照と・・

春に岸壁から幣舞橋の向こうに沈む夕日を・・

撮影する時に見かける特徴の一つに・・・

雪解けの水で濡れた岸壁が夕照で輝いている・・・・

光景があります。

ただ、自分は、結構、好きな光景なのですが・・

その岸壁を意識して入れて撮っているような人を・・・

見かけないので、自分が思っているほどに・・・・

魅力的な風景ではないのかも知れません。

逆にその光る姿を迷惑に感じている人がいても・・

おかしくないとも思ったりもします。

ということですが、今回は、その夕照に輝く岸壁を・・

意識して入れて撮った写真からでございます。

3月17日です。
317yutabi6


上の写真よりも少し多めに輝く岸壁を入れてみました。
自分的には、この濡れて夕日の光の強さに合わせて輝く・・
岸壁の姿にも目が引かれてしまいました。
317yutabi2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月21日 (月)

幣舞橋の夏の像と秋の像と夕日と・・

幣舞橋周辺に夕日を撮りに行くと空気の澄んだ快晴の日は・・

カメラマンさんが少なく感じることがあります。

光が強過ぎて夕日自体の形を撮るのが・・

難しいというのがあるのかも知れません。

ただ、春の場合でしたら気温が上がったりすると・・

晴れているのに空が少し霞んだりすることがあります。

そのような空の時は、光が弱い状態でオレンジや赤に・・

染まりながら夕日の形が出て沈んで行くことが多いので・・・

写真を撮るには最適な条件になります。

先週の17日もそのような空になりそうだったので・・

夕方、幣舞橋方面へと行ってみることにしました。

3月17日です。
317gayoki1


予想通りに写真に撮りやすい?夕日になりました。
街灯の間に夕日を入れてみました。
JPEG撮りっぱなしですが、空模様のお陰で綺麗な色が・・
出ていると思います。

317gayoki2

~~
この後、夏の像と秋の像の間に夕日を入れたかったのですが・・
前に人が入ってきてしまい撮れませんでした。
背中に回転後ろ蹴りで挨拶してやろうか?などとは・・
もちろん温厚な??自分は、考えもしませんでした?!
317gayoki3




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月19日 (土)

春の夕日と幣舞橋を見て思う・・

現在、幣舞橋周辺では、美しい春の夕日が見られます。

感動的といわれる秋のドラマチックな夕日とは・・

また、違った魅力があると思います。

ただ、写真を撮りに通って見慣れてくると感動が薄れ・・

夕日を単に被写体としか見ていないことに気がつきます。

って、自分だけかも知れませんが・・・。

これは、例えば釧路地方なら夕日だけではなく・・

タンチョウの撮影などでもいえるのかも?知れません。

しかし、これは、写真を趣味とするものなら誰もが思う・・

人よりもいいものを撮りたいと思う欲求からなので・・・

仕方がないことなのでしょうね。

でも、撮り鉄さんやバードウォッチャーさん・・

それから自然ガイドさんのように・・・

いつまでも撮るものへの感動を忘れないような人が・・・・

結局は、素敵な作品をゲットするのでしょうね。

3月16日です。
316fuhayu5

*今回の記事は、3月18日に作成して自動更新しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月18日 (金)

幣舞橋の春の像と冬の像と夕日と・・

一昨日、昨日と幣舞橋の向こうに沈む夕日を・・

撮りに行きました。

予想通りに2日共、素晴らしい夕日でした。

撮影に行くと必ずいらっしゃる立派な機材を持った・・

カメラマンさんたちがいます。

この方たちは、どんな凄い傑作を狙ってそして・・

撮っているのだろうか?といつも思います。

きっと自分の撮った写真などを見せると工夫のない・・

平凡なつまらない写真に見えることでしょうね。

もちろん、その方たちは傑作写真を狙いに来ているとも・・

思われますが、それ以上にカメラマン仲間との交流や・・・

情報交換などを楽しみに来ているのかも知れませんね。

同じ趣味の仲間とお話しすることって活力になりますし・・

この上ない楽しい時間ですものね。

ということで今回の写真は、定番構図ですが・・

幣舞橋と夕日のコラボの写真でございます。

3月16日です。
316fuhayu2


少しずれましたが、街灯の間に夕日を入れてみました。
少し明るめの色になるように撮ってみました。
夕日の撮影は、露出のちょっとした違いで色がかなり違って・・
写るので注意が必要ですが面白くもありますよね。

316fuhayu3

~~
像の間にちょうど夕日が入りそうでしたが、雲がありました。
ただ、像の間に綺麗に夕日が入っているのもいいですが・・
自分的には、このように雲に入っているのも雰囲気があって・・・
好きだったりします。
ただ、この写真は、像の下に車が写ったのが残念です。
316fuhayu1



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月17日 (木)

夕光に輝く幣舞岸壁・・

昨日は、オホーツクの写真コンテストの入選作品の・・

ニュースを見て驚きました。

自分も10年以上前になると思いますが、一度、応募して・・

一番下の賞だったかに入選したことがありました。

その時に下位入選だったのにもかかわらず・・

凄く親切にお手紙やメールで応対していただいたので・・・

とてもいい印象を持ったコンテストだっただけに・・・・

今回の事は、少し残念に思いました。

でも、素晴らしいコンテストであることには変わりないですし・・

オホーツク方面のカメラマンさん方にとっても撮影意欲を・・・

向上させるような目標となるコンテストだと思いますので・・・・

これからも続けてほしいとも思いました。

ということですが、今回の写真は、文とは全く・・

関係ありませんでございます。

昨日、幣舞橋付近の岸壁で撮影した写真でございます。

3月16日、まだ夕日になる少し前の頃です。
雪解けで濡れている岸壁に金色の光が当たり輝いて・・
とても綺麗に見えました。
夕日を撮影する前にその輝きを入れた光景を撮影して・・
時間つぶしをすることにしました。
316hanuku3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月14日 (月)

3月初めての幣舞夕日撮影に・・

先週の11日に今年初めての春の幣舞夕日の撮影に・・

行ってみました。

3月なので春としましたが、実際は、まだまだ冬ですよね。

しかし、残念ながらこの日の夕日は、光が強く・・

更に雲に入ってしまいました。

周りにいたカメラマンさんたちの中にも文句?をいいながら・・

撮影を早々と切り上げる人たちもいました。

ただ、文句?をいっている人たちの話を聞いているうちに・・

皆さん立派な機材を駆使しているのだから・・・

いい条件の時にいい写真が撮れるのは当たり前・・・・

こういう条件の時にどう撮るかが腕の見せどころでは?・・・・・

と中古カメラとジャンクレンズを使っている自分は・・・・・・

ひがみ根性から思えてしまいました。

でも、それは、たまにしか行かないからそう思うのであって・・

傑作を求めて毎日のように通っている人たちが・・・

自分の理想としている条件だけを求めるようになる・・・・

気持ちは充分に分かったりもします。

でもでも、条件が悪くてもたまにしか来れなかったり・・

わざわざ遠方から来ている人たちもいるでしょうから・・・

早々に切り上げるとしても粘っている方たちもいるので・・・・

出来れば静かに退散してほしいとも思うのでありました。

3月11日です。
311siyuko5


おそらく撮影に来ている皆さんは、春の像と冬の像の間に・・
夕日を入れるフレーミングを狙っているのだと思います。
この日は、邪魔な?雲があってその雲から夕日が出た時も・・
光が強かったのでイメージ通りの条件に合わないこともあり・・・
早めに撮影を終了される方が多かったのでしょうね。

311siyuko6


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年3月11日 (金)

タンチョウがスカイロード付近に出没・・

昨日の夕方、外から甲高い鳥の鳴き声のような音が・・

聞こえてきました。

季節の変わり目なので白鳥の群れでも渡っているのだろう?・・

と思って空を見ると確かに白鳥が飛んで行くのが見えました。

しかし、その後も鳴き声が段々と大きく聞こえてきたのです。

もう一度、窓から外を見ると信じられないことに・・

正面に見える丘の上にタンチョウの姿がありました。

この場所に30年ほど住んでいますが、ここからタンチョウを・・

見たのは初めてだったので本当に驚きました。

昨日の3月10日、自宅の窓からです。
数10メートルほど左側にデジタル放送のテレビ塔があります。

310hatabi4_2


10分くらい前に白鳥の群れが飛んで行くのが見えました。
上の写真のタンチョウのいる場所は、このデジタル放送の・・
テレビ塔の近くです。

310hatabi8

~~
まさか、こんな市街地にタンチョウさんが来るとは全く・・
思っていなかったので白鳥の鳴き声だと思い込みました。
でも、姿を見てから聞くと確かにタンチョウの鳴き声でした。

310hatabi2_2

~~~
実は、もっと上手く撮ろうと思って窓からベランダに・・
出たのですが、気がついたのか飛んで行ってしまいました。
しかし、その3分後に何と番で飛んできたので本当に・・
ビックリポンでした。

310hatabi3

~~~~
以前、少し離れた所でヒグマの目撃情報があったので・・
そのうちにヒグマは来るかも?とは思っていましたが・・・
この辺りでタンチョウが飛んでいる姿が見られるとは・・
夢にも思ってもいませんでした。
背景は、以前、太平洋スカイランドが建っていた付近の・・
ズリ山です。

310hatabi5

~~~~~
車が走っているのが見えますが、スカイロードです。
とにかく慌てて写真を撮ったので露出もピントも・・
ボロボロでしたが記録写真くらいには撮れたと思います。
でも、昔はこの辺にも普通にいたかも知れませんね。

310hatabi6

~~~~~~
営巣地を求めている途中で、たまたま寄ったのでしょうね。
タンチョウの営巣地不足という話を聞いたような気もしますが・・
こんなところにまで寄るなんて本当なのかも知れませんね。
この後、ズリ山の中に降り立ったようでした。
310hatabi7









| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年3月10日 (木)

ラッコのクーちゃんフィーバーから早7年・・

今時期は、当然ですが5年前の震災を思い出します。

幣舞橋周辺に行くと今でもあの時の釧路川の映像が・・

思い出されたりもします。

しかし、それから更に2年前の今から7年前に・・

その幣舞橋周辺では、連日、記事になるような出来事が・・・

日々続いていました。

あの、ラッコのクーちゃんフィーバーです。

7年前の今頃は、クーちゃんが釧路川に来てから・・

ちょうど1ヵ月が経ち全国から多くの人たちが・・・

その可愛らしい姿を見るために訪れ始めていました。

その後、クーちゃんは、釧路の経済効果のことまで・・

考えていたのか?ゴールデンウィークまで滞在してくれて・・・

集まった多くの人たちの目と心を楽しませてから・・・・

その数日後に新たな海へと旅立って行きました。

現在、幣舞橋周辺に行くと、あの約3ヵ月間の日々は・・

幻のようにも感じてしまいますが、つい最近の・・・

出来事のように思えてしまうこともあります。

それにしても、あれから7年も経っていたなんて・・

月日の流れって本当に早いものですね。

ということで今回は、7年前の今日3月10日に撮影した・・

クーちゃんの写真をアップすることにしました。

と、その前に幣舞橋の袂のEGGの前に設置している・・

クーちゃんパネル?を一昨日(8日)に撮影した写真を・・・

先ずはアップしてみました。

3月8日です。
クーちゃんの写真の色がスッカリ薄くなっていました。
以前、大型客船が入港した時に外国人のお客さんが・・
見ていましたが、どう思ったことでしょう?
今年の客船が入港する前に何とかしてほしいものですね。

308makunu1


2009年4月29日に行われたクーちゃん式典?の時に・・
撮影した写真です。
この時に始めてこのパネルが披露されたのですが・・・
クーちゃんの傑作写真もこのような綺麗な姿でした。

09kumae310a

~~
ここからは、ちょうど7年前の2009年3月10日に撮影した・・
クーちゃんの写真からでございます。
幣舞河畔広場前の岸壁のベッド?で寝るクーちゃんです。

09kumae310d

~~~
幣舞橋からなので真上から撮っている写真になります。
写真の下の方が川になります。
この岸壁に上がる姿にも歓声が上がっていました。

09kumae310b

~~~~
野生のラッコが、こんな街中のそれもたくさんの人が・・
見物している中に現れるだけでも凄いのに無防備で・・・
寝ているなんて考えられないですよね。

09kumae310c

~~~~~
クーちゃんのいるところ人だかりありの状態で多くの・・
カメラマンさんが連日、クーちゃんを追いかけていました。
この時も幣舞橋から見ている人もたくさんいました。

09kumae310e

~~~~~~
クーちゃんの仕草は、本当に可愛らしかったですね。
見物のお客さんが落とした携帯電話で遊んだり帽子を・・
被ってみたり流れて来たペットボトルを飲むような動作を・・・
したりして連日、楽しませてくれていたようです。

09kumae310g

~~~~~~~
たくさんのカメラマンさんがクーちゃんの姿をアップで・・
撮っていたので自分は、なるべく周りの景色を入れて・・・
クーちゃんのいる釧路川の風景を意識して撮っていました。
7年経った今でも、ここに来ると無意識にクーちゃんの姿を・・
必ず探してしまいます。

09kumae310i












| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 3日 (木)

シンメトリーなツララ風景・・

一昨日、自宅の屋根のツララを落とそうと思って外に出ると・・

日没後の夕色がほんのりとそのツララたち染めていました。

落とす前に写真を撮っておこうと思ってカメラを向けると・・

ちょうどガラス窓にもそのツララが対照的に映りました。

これは、面白いかも?と思ってシンメトリーの構図にして・・

撮ってみることにしました。

3月1日です。
301matuha3


右半分がガラス窓に映っている風景です。
少し引いて周りの景色も入れてみました。
フレーミングに迷っているうちにツララに反射した夕色が・・
抜けてしまったのが残念です。

301makoyu1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 2日 (水)

まなぼっと展望室からの釧路川を渡るSL・・

先月の25日に何年かぶりでまなぼっと幣舞展望室から・・

釧路川を渡る“SL冬の湿原号”を撮ろうと思って・・・

行ったのですが駐車場が満車で入れなかったので・・・・

仕方なく他の所に向かいました。

そこで、今シーズン運行最終日の28日に・・

再チャレンジしに行ってみることにしました。

2月28日です。
釧路駅を発車間近のSLの煙が見えました。

228manaki1


SLが鉄橋に姿を現しました。
手前から久寿里橋、旭橋、釧路川鉄橋
(釧路川橋梁)・・
その向こうに貝塚大橋が見えます。
釧路川の景観を観るのにも面白い場所だと思います。

228manaki2

~~
この日、狙っていたショットです。
ここから撮るとガラス越しのせいか?青カブリします。
撮影時にWBを調整するといいのかも知れませんが・・
面倒なのでいつも後でソフトにてカラー補正しています。

228manaki4

~~~
この日で今シーズンの湿原号の運行が終了しました。
来年以降の運行が心配ですが、全国で3ヶ所選ばれた・・
観光推進地?の一つに釧路が選ばれたそうですから・・・
まだまだ、存続してくれると思いたいですね。

228manaki5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »